自社開発の電子チケット販売プラットフォームを運営するZAIKO株式会社(本社:シンガポール、代表取締役CEO:Malek Nasser)が提供する多言語ホワイトレーベル電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」が、2019年11月より、新たにeチケット販売において日本初となる複数通貨決済と多言語DIY抽選機能およびユーザー情報分析用のデジタルマーケティングツール「メンバーコネクト」を開始したことをお知らせいたします。

「ZAIKO」は日・英・中・韓などの多言語対応した高セキュリティな当社開発eチケット販売システムであり、現在はカスタマーサポートも多言語対応しているほか、2019年11月よりチケット販売における決済も複数通貨で可能になりました。

■ZAIKOは日本初にして唯一! 複数通貨でeチケット販売と決済が可能

ZAIKOではeチケット販売時に日本円、台湾ドル、シンガポールドルの複数通貨で決済が可能です。eチケット販売を行う同業他社は他にもございますが、複数通貨による決済を可能にしたのは業界ではZAIKOが初となり、現時点では当システムのみとなっています。

このようなシステム上の利点から現地でイベントを主催する際に現地通貨での決済が可能になるほか、アジアをはじめとする諸外国からの集客を目的にしたインバウンドイベント向けチケット販売においては各国で発行されるクレジットカードに対応するなど、他社と比較した場合、ZAIKOの複数通貨対応決済システムに大きな優位性を感じていただける部分になっています。

■多言語DIY抽選も日本初実現

またこの度、ZAIKOでは複数通貨決済開始にあわせて、eチケットのDIY抽選、中国語での抽選を行える新機能も開始しました。DIY抽選とは、イベントの主催者やアーティスト側が自らチケット販売の抽選を行う機能のことをいい、システム上で当選者の選択を自由に行えます。当選結果は、チケット当選者のみにメールで送信され、同時にチケット購入リンクが通知される仕組みになっています。またDIY抽選は中国語を筆頭に英語、韓国語にも対応しており、同じ仕組みで中国語でのDIY抽選を行うことが可能です。このような機能もZAIKOが日本初にして唯一となります。

■ユーザー情報分析に役立つデジタルマーケティングツール - メンバーコネクト

さらにユーザー情報を分析してその特性を理解するためのデジタルマーケティングツール「メンバーコネクト」も2019年11月より利用可能になりました。このメンバーコネクトではユーザーをセグメント化し、細かくターゲティングを行った上で訴求メールを送ることができます。

 

【ZAIKO 3つの特徴】
1. ホワイトレーベル *(オリジナル)チケット作成
フェスティバル名、アーティスト名、会社名、レーベル名、イベント名などを冠したオリジナルチケットの販売が可能です。 *ホワイトレーベル = OEM、自社ブランド名義で販売するチケット

2. 主催者管理画面
リアルタイムでユーザー分析とチケット在庫数及び抽選・チェックイン(着券)状況までのデータを一元化し、ブラウザベースで確認・管理が可能です。

3. ユーザーを獲得する 
顧客への販売結果を元にイベント主催者がユーザーデータベースを作成。そのデータベースを活用し、イベント開催毎に直接告知メールを送信するなど顧客維持に向けた継続的なプロモーションが可能です。
 

 

 

■ZAIKOが提唱するより自由なチケット販売のかたちについて
販売者が自由に販売手数料を設定可能(0%~)です。

■出演者自身が自分の出演イベントのチケットをSNSを通じて販売可能

イベントの主催者以外に出演者自身が自由に個人のSNS(Twitter / Instagram)を利用して、チケットリンクを宣伝することで、ファンをワンクリックで購入画面へ誘導するなどコミュニケーションを通じたチケット販売を可能にします。

■ターゲットを細かく絞ることで、チケット購入率を上昇させることが可能です。

ZAIKOでは取得後、一元化されたユーザーデータを最大限に生かすことができます。例えば、過去開催イベント時に収集したユーザーデータを所在地、ジャンル、年齢で区分分けすることで特定ユーザーにのみ、メールを送ることができます。また類似イベントの過去開催時の傾向を分析し、次回開催時のイベント告知の際にターゲットを絞ることができるほか、イベント終了後も時間経過に関係なく、取得したユーザーにメール送信によるイベント告知が可能です。

■提携先メディアを利用してチケットを販売 - メディアネットワーク手数料

イベント主催者のオウンドメディアだけなく、弊社提携メディアでもチケット販売が可能です。そのため自身のイベントのジャンル、コンセプトにマッチしたメディアを選定し、チケット販売オファーを行うことも可能です。メディアによるイベントリスティングの有益化を図ることができます。インバウンドに特化したプロモーションプランなどイベント主催者側の要望に答える様々な有料プランもご用意しています。

現在、ZAIKOは音楽イベントを始め、ユーチューバー、プロスポーツ、eスポーツ、フードイベントのチケット販売からアパレル展示会の整理券発券まで幅広い用途に導入していただいております。


■ZAIKO(自社開発eチケット販売プラットフォーム)概要
初期費用やランニングコストは不要。ブラウザベースでリアルタイムで発券・管理はもちろん、チケット購入者とのコミュニケーション・ツールも。日・英・中・韓の多言語対応で多数の提携メディアやオウンドメディアを通して世界中の人々へのチケット販売を可能にします。

■ZAIKO株式会社について
ZAIKO株式会社はシンガポールに本社を置き、イベント主催者及びデジタルメディア企業向けのホワイトレーベル電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」を運営する開発能力の高いITベンチャー企業です。

Tuesday, November 19, 2019