合同会社 DMM GAMESが多言語電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」を導入し、同社が主催するPUBG公式大会「PJS WINTER INVITATIONAL 2019」のオフィシャル観戦チケットの自社独占販売を開始しました。
PUBG公式大会「PJS WINTER INVITATIONAL 2019」とは?

昨今、日本では格闘ゲームをはじめ、リズムゲーム、カードゲームを中心にアーケードゲームが盛んになっています。そのようなゲーム人気を背景にここ日本でも現在、海外同様に「eスポーツ」が盛り上がりを見せており、その影響からeスポーツの大会にも注目が集まっています。

「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」は、最大100人のプレイヤーが、マップ内にある装備などを駆使して “最後の一人”になるまで生き抜くバトルロイヤルゲームです。プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して生存競争に臨みます。戦いの末、最後の一人まで生き残ったプレイヤーの画面には「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されるため、プレイヤーは「ドン勝」を目指して戦います。

12月29(日)にシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて行われる合同会社DMM GAMES主催「PJS WINTER INVITATIONAL 2019(以下、PWI2019)」は、2019年の「PUPG」公式日本リーグ「PUBG JAPAN SERIES」を締めくくる一大オフライン大会です。また国内外から人気と実力を兼ね備えた合計16チームが参加することや、日本最大規模となる賞金総額1000万円がDMM GAMESから支払われることも現在、大きな話題となっています。

■オリジナルシートマップ導入により、 PWI2019チケット購入可能エリアがひとめでわかるように! PWI2019チケット購入希望者の残席視認性が向上

今回の「PWI2019」では、観客ひとりひとりが応援するチームを間近で観戦するため、ブロックごとに座席指定できるオリジナルシートマップを作成しました。また購入可能・完売エリアを色分けすることでチケット購入希望者がひとめで識別できるような仕様になっています。

チケット購入リンク:https://pubg-dmm.zaiko.io/_buy/1lzE:Rx:eeb5e/areamap/11?
*好評につきPWI2019チケットは全席完売となりました。


■2019年8月の「PUBG NATIONS CUP」パブリックビューイング観戦チケットもZAIKO導入し、購入者特典付きで独占販売

2019年8月9日(金)~11日(日)の3日間に渡り、韓国・ソウルにて開催された世界各国から合計16チームが参加する「PUBG」トップレベルの大会「PUBG NATIONS CUP」の日本におけるパブリックビューイングでも、ZAIKOはオフィシャル観戦チケット販売プラットフォームとして導入され、日本国内パブリックビューイング観戦チケットが独占販売されました。

また、このチケット販売時にはZAIKOの顧客管理機能のひとつである「メンバーコネクト」を利用し、一部ユーザーのみに特典情報を送信するターゲティングメールが用いられました。これによりユーザーは主催者しか持ち得ない有益な情報がダイレクトに得ることができ、主催者はキャンペーン活動の継続で顧客の囲いこみに繋がる、両者ウィンウィンな関係性を築くことができます。


■ZAIKO(自社開発eチケット販売プラットフォーム)概要
初期費用やランニングコストは不要。ブラウザベースでリアルタイムで発券・管理はもちろん、チケット購入者とのコミュニケーション・ツールも。日・英・中・韓の多言語対応で多数の提携メディアやオウンドメディアを通して世界中の人々へのチケット販売を可能にします。

■ZAIKO株式会社について
ZAIKO株式会社はシンガポールに本社を置き、イベント主催者及びデジタルメディア企業向けのホワイトレーベル電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」を運営する開発能力の高いITベンチャー企業です。

Wednesday, December 25, 2019