1. アカウント利用規約
この規約(以下「本規約」といいます。)は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサービスの利用にあたって、登録いただく「ZAIKO」アカウントの利用に関する事項を定めるものです。「ZAIKO」アカウントの作成・利用にあたっては、本規約の内容を十分にお読みいただき、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 「ユーザー」
当社サービスを利用する者をいい、カスタマー、オーガナイザーその他の属性を問わず、当社サービスの一切の利用者を指します。

(2) 「『ZAIKO』アカウント」
当社サービスの利用に関して登録が必要なアカウントをいいます。

(3) 「当社サービス」
当社が提供するチケット販売・購入及びストリーミング映像の配信・視聴、サブスクリプションサービス、各種プラットフォームサービスその他当社が提供する一切のサービスをいいます。

(4) 「個別規約」
当社が各当社サービスに関して本規約とは別に定める規約をいいます。

(5) 「知的財産権」
全世界における著作権(日本国著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、著作隣接権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)及びアイデア、ノウハウ等をいいます。

(6) 「反社会的勢力等」
暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準ずる者の総称をいいます。

(7) 「未成年者」
適用される法令(外国の法令を含みます。以下同じとします。)の定めにより年齢を基準として行為能力が制限される者をいいます。

(8) 「未成年者等」
未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人その他適用される法令の定めにより、行為能力が制限される者をいいます。

(9) 「法定代理人等」
未成年者等の行為に関する代理権、同意権、その他未成年者等の行為能力の制限を解除する法的権限を有する者をいいます。

第2条(本規約への同意及び規約の改訂・変更)

  1. 当社サービスの利用にあたっては、「ZAIKO」アカウントの作成が必要となります。ユーザーは、本規約に同意して「ZAIKO」アカウントを作成しない限り、「ZAIKO」アカウントを利用できないものとします。なお、本規約は一切の当社サービスに適用されますが、当社サービスの利用にあたっては、個別規約にも同意していただく必要があり、当社サービスには本規約及び個別規約のそれぞれの定めが適用されます。
  2. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約及び個別規約の内容を変更又は追加できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、当社サービスに関するウェブサイトでの掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。

第3条(登録手続)

  1. 「ZAIKO」アカウントを利用することを希望する者(以下「申請者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、当社の定める方法に従い登録に必要な情報を当社に提供することにより、「ZAIKO」アカウントの利用登録を申請するものとします。
  2. 前項の場合、当社は、登録情報に関する書類等の提出を求めることがあります。当社が書類等の提出を要求した場合、申請者は、当該書類等を速やかに提出するものとします。
  3. 当社からの登録を認める旨の通知の発信(登録が完了した旨の自動メールによる通知を含みます。)により、登録手続は完了し、申請者は、「ZAIKO」アカウントを利用することができるようになります。
  4. 申請者は、登録情報の提供にあたっては、真実かつ正確な情報を提供しなければなりません。登録情報の内容に虚偽、誤り又は記載漏れがあったことによりユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は一切責任を負いません。
  5. ユーザーは、登録情報に変更があった場合、当社が別途指定する方法により、遅滞なく変更内容を当社に通知するものとします。この通知を怠ったことにより当社からの通知が不到達となった場合、ユーザーは当該通知を受領したものとみなします。

第4条(登録の拒否)
当社は、申請者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、申請者の登録申請(再登録の申請を含みます。)を拒否することができるものとし、当社は、拒否理由について一切開示義務を負わないものとします。

(1) 未成年者等であって、法定代理人等の同意等を得ておらず、行為能力の制限が解除されていない場合
(2) 当社に提供した登録情報の内容に虚偽、誤り又は記載漏れがあった場合
(3) 当社サービスの利用に関して、過去にアカウント削除等の利用停止措置(一時的なものを含みます。)を受けたことがある場合
(4) 反社会的勢力等であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
(5) 第8条に定める禁止行為を行い又は行うおそれがある場合
(6) その他、本規約又は個別規約の定めに違反し又は違反するおそれがある場合
(7) その他、法令の定めに違反し又は公序良俗に反するなど、当該申請者による「ZAIKO」アカウントの利用又は当社サービスの利用を認めることが適当でないと合理的な根拠に基づき客観的に判断される場合

第5条(アカウントの管理)

  1. ユーザーは、自己の責任において、「ZAIKO」アカウントを管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買その他の処分をしてはなりません。ユーザーに付与した「ZAIKO」アカウントにより当社サービスが利用されたときは、当該ユーザー以外の第三者による利用であった場合であっても、当該ユーザーによる利用とみなすものとします。
  2. 「ZAIKO」アカウントの管理が不十分であったこと(それに基づき第三者により「ZAIKO」アカウントが使用された場合を含みます。)によって生じた損害については、当該アカウントのユーザーが責任を負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. ユーザーは、アカウントが第三者により使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第6条(未成年者による利用)

  1. 未成年者のユーザーは、「ZAIKO」アカウントの利用及び当社サービスの利用に関し、親権者等の法定代理人の同意を得た上でこれを行うものとします。
  2. 未成年者のユーザーが、法定代理人の同意がないにもかかわらず、同意があると偽り又は年齢について成年であると偽って、「ZAIKO」アカウント又は当社サービスを利用した場合、その他行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いた場合、当該利用に関する一切の法律行為について、これを取り消すことはできないものとします。
  3. 「ZAIKO」アカウントの登録時又は当社サービスの利用開始時に未成年であったユーザーが、成年に達した後に、「ZAIKO」アカウント又は当社サービスを利用した場合、当該ユーザーは、当該利用に関する一切の法律行為を追認したものとみなされます。

第7条(外部サービス等の利用)

  1. ユーザーは、ユーザーが保有する外部サービス(Facebook、Twitter等を含みますが、これらに限られません。)のアカウントに登録された情報を、「ZAIKO」アカウント及び当社サービスの登録及び認証に利用できる場合があります。この場合、ユーザーは、当社に対し、当社が外部サービスから個人情報を含む登録情報を取得することに同意するものとします。
  2. 前項に定める他、「ZAIKO」アカウント及び当社サービスの利用にあたり、ユーザーが外部サービスの機能を利用する場合、ユーザーは、本規約のほか、当該外部サービスの運営者等が定める利用規約その他の条件に従うものとします。
  3. 外部サービスについては、当該外部サービスを提供する第三者が責任を負うものとし、当社は外部サービスについていかなる保証も行いません。

第8条(禁止行為)
ユーザーは、当社に対し、「ZAIKO」アカウント及び当社サービスの利用にあたり、以下に定める行為(これらを誘発する行為や準備行為を含みます。)を行わないことを表明し、保証するものとします。

(1) 本規約、個別規約又はユーザーと当社の間で別途締結される各種契約その他一切の合意における定めに違反する行為
(2) 適用される法令の定めに違反する行為
(3) 第4条各号に定める登録拒否事由に該当する行為
(4) 当社サービスにおいてユーザーに提供される各種コンテンツ(映像、画像、音楽、音声等を含みますが、これらに限られません。以下「コンテンツ」といいます。)に付された著作権、商標権又はその他の権利に関する表示や、本コンテンツのデジタル・ライツ・マネジメント(DRM)、コンテンツ保護手段、若しくはアクセス制御手段(ジオフィルタリング・メカニズムを含みます。)を、削除、変更、迂回、無効化、妨害又は回避すること、その他第三者の権利(特許権、商標権、営業秘密、著作権、著作隣接権、プライバシー権、パブリシティ権、肖像権その他の所有権又は人格権を含みます。)を侵害する行為
(5) コンテンツをコピー、ダウンロード、ストリームキャプチャ、複製、複写、アーカイブ保管、配信、アップロード、公開、変更、翻訳、放映、実行、表示、販売、送信又は再送信する行為
(6) コンテンツをハードウェアやソフトウェアに組み込んだり、又はかかるハードウェア若しくはソフトウェアによってコンテンツをストリーム配信若しくは再送信したりすること、並びに、フレーム又はインラインリンクによってコンテンツの利用を可能にする行為
(7) ボット等含む自動化された手段によって本サービス(コンテンツを含みます。)にアクセスする行為(本サービスの一般的に入手可能なサーチインデックスの作成のみを目的として、かかる目的に必要な範囲でのみ、一般的にアクセス可能なサーチエンジン上で個人的に行われるサーチによるものを除きます。)
(8) 「ZAIKO」アカウントを利用して又は当社サービスの利用に関して、以下のいずれかに該当する情報を第三者に表示し又は送信する行為

  • 当社又は他のユーザーその他の第三者の名誉、信用その他の権利・利益(知的財産権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権等を含みますが、これらに限られません。)を毀損・侵害する情報
  • 過度に暴力的又は残虐な表現を含む情報
  • コンピューター・ウィルスその他の有害なプログラムを含む情報
  • わいせつな表現を含む情報
  • 差別を助長する表現を含む情報
  • 自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報
  • 薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報
  • 反社会的な表現を含む情報
  • ジャンクメール、スパムメール、チェーンメール等の第三者への拡散を求める情報
  • 違法な勧誘、宣伝等を含む情報
  • 他人に不快感を与える表現を含む情報
  • 面識のない他人との出会いを目的とした情報
  • その他上記に準じて社会通念上不適切と認められる情報

(9) 第三者の使用するソフトウェア、ハードウェアなどの機能を破壊・妨害するプログラム等の提供・送信等
(10) 当社のサーバー又はネットワークの機能を破壊・妨害する行為
(11) 当社サービスその他当社の事業又は業務を妨害する行為
(12) 第三者の個人情報や履歴情報及び属性情報などを、当該第三者に無断で収集・蓄積する行為
(13) 当社サービスを通じて入手した情報を、提供の趣旨に反する目的で利用する行為
(14) 第三者のログイン情報を利用して当社サービスを利用する行為
(15) 手段の種類を問わず、他人からログイン情報を入手し、又は他人にログイン情報を開示・提供する行為
(16) その他当社が定めるガイドライン、ポリシー等(「サービス利用規定・知的財産権に関するポリシー」を含みますが、これに限られません。)に違反する行為

第9条(アカウント停止措置等)

  1. 当社は、ユーザーが次の各号の一に該当し又は該当した場合には、当社の裁量により、その該当事由の軽重や当社側の帰責性の有無を問わず、何らの通知も行うことなく、「ZAIKO」アカウントの停止若しくは削除、当社サービスの利用の一時停止若しくは制限(当社サービスの利用停止・制限、当社サービスを利用して販売・提供された商品・コンテンツ等の削除・回収・配信停止・流通停止、当社サービスを利用して送信・アップロード・提供されたコンテンツその他の情報等の削除・配信停止・加工等の措置を含みますが、これらに限られません。)、当社サービスに関する契約の解除、今後の利用禁止等の措置(以下「利用停止等」といいます。)を講じることができるものとします。

(1) 第8条各号に定める禁止行為を行った場合又は行うおそれがある場合
(2) 前号に定める場合に該当する旨の客観的根拠に基づく通報を受けた場合
(3) 当社又は他のユーザーその他の第三者の名誉、信用その他の権利・利益(知的財産権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権等を含みますが、これらに限られません。)を毀損・侵害し又は侵害するおそれがある場合
(4) 「ZAIKO」アカウントの利用又は当社サービスの利用に関して、他のユーザーその他の第三者との間で生じたトラブルに関して、当該ユーザーの責めに帰すべき事由がある場合
(5) 当社に提供された情報の全部又は一部につき虚偽の事実があることが判明した場合
(6) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(7) 当社からの問合せその他の回答を求める連絡に対して30日以上応答がない場合
(8) その他、前各号に類する事由がある場合

  1. ユーザーは、利用停止等の後も、当社及び第三者に対する本規約及び個別規約上の一切の義務及び債務を免れるものではありません。
  2. 当社は、利用停止等によってユーザーに生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第10条(アカウントのキャンセル(退会等))

  1. ユーザーの「ZAIKO」アカウントがキャンセルされた場合(これには、ユーザーが当社の定める手続に従って自発的にアカウントを退会した場合のみならず、第9条に基づき当社がユーザーのアカウントを削除した場合も含みます。)、ユーザーは、アカウントキャンセル前に購入したチケット、オプションその他の当社サービスを利用すること及びアクセスすることはできません。この場合いかなる理由においても、当社は、購入済みのチケット、オプションその他の当社サービスに対する支払について返金はいたしません。
  2. 当社は、アカウントキャンセルによってユーザーに生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第11条(不可抗力等)
地震、台風、津波その他の天変地異、戦争、暴動、内乱、テロ行為、重大な疾病、感染症・疫病の流行、法令・規則の制定・改廃、公権力による命令・処分その他の政府による行為(行政指導、勧告、助言等の法的拘束力のないものを含みます。)、ストライキ、ロックアウト等の争議行為、輸送機関・通信回線等の事故、その他不可抗力により、当社が、本規約及び個別規約上の義務の履行を遅滞し、不完全履行となり又は履行不能となったときは、その責を負わないものとします。

第12条(損害賠償)

  1. 当社は、「ZAIKO」アカウントの利用又は当社サービスの利用に関して、当社の責めに帰すべき事由によりユーザーに損害が生じた場合、ユーザーに現実に発生した直接かつ通常の損害に限り責任を負うものとします。ただし、個別規約において損害賠償の額の上限の定めがある場合は、当該個別規約の定める金額を上限とするものとします。
  2. 当社とユーザーとの関係において消費者契約法が適用される場合、本規約及び個別規約における当社の責任を全て免除する旨の規定は適用されず、かつ、当社の軽過失によってユーザーに生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲の定め及び個別規約の上限の定めが適用されるものとします。この場合において、当社の故意又は重過失によってユーザーに損害が生じたときは、当社は、ユーザーに対し、相当因果関係の範囲内にある損害について賠償するものとします。

第13条(秘密保持)

  1. ユーザーは、「ZAIKO」アカウントの利用又は当社サービスの利用に関して知り得た非公知の情報(以下「秘密情報」といいます。)を秘密として厳重に取り扱い、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、第三者に開示してはならないものとします。
  2. ユーザーは、当社から求められた場合はいつでも、当社の指示に従い、遅滞なく、秘密情報及び秘密情報を記載した書面その他の記録媒体並びにその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

第14条(反社会的勢力の排除等)

  1. 当社及びユーザーは、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を表明し、保証するものとします。

(1) 自ら及びその役員(取締役、執行役、執行役員、監査役又はこれらに準ずる者をいう。)が、反社会的勢力等ではないこと、及び反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有していないこと
(2) 自己又は第三者の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力等を利用し、又は反社会的勢力等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど、反社会的勢力等の維持、運営に協力し、又は関与していると認められる関係を有していないこと
(3) 反社会的勢力等に自己の名義を利用させ、「ZAIKO」アカウント及び当社サービスを利用するものでないこと
(4) 自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し又は信用を毀損する行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、その他これらに準ずる行為をしないこと

  1. 当社及びユーザーは、相手方が前項の表明保証に違反した場合、何らの通知又は催告をすることなく、当社サービスの利用に関する契約を解除することができるものとします。
  2. 当社及びユーザーは、前項の規定により当社サービスの利用に関する契約の全部又は一部を解除したことにより相手方に損害が生じた場合であっても、これを一切賠償することを要しないものとします。また、本条に違反した当事者は、当該違反に起因する一切の損害を賠償しなければならないものとします。

第15条(保証の否認及び免責)

  1. 当社は、当社サービスの利用につき、ユーザーの特定の目的への適合性、経済的価値(当社サービスの利用により利益を得られることを含みます。)、正確性、有用性、完全性、適法性、ユーザーに適用のある団体の内部規則等への適合性を有すること、及びセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ又は不具合が存しないこと、並びに第三者の権利を侵害しないことについて、如何なる保証も行うものではありません。
  2. 当社は、当社サービスの機能の追加・変更、当該当社サービスに関連する他のサービスの開発等について、プレスリリース、告知、ニュース、レターなどを公表、掲載、通知等(以下「公表等」といいます。)することがありますが、本規約及び個別規約以外のあらゆる媒体における公表等は、公表等の時点及び将来において、それらの機能が実装され、他のサービスが実施されること等を何ら保証するものではありません。当社は、公表等された機能が実装されず、他のサービスが実施されなかった場合であっても、ユーザーに対し、何ら責任を負いません。
  3. 当社は、当社サービスが全ての情報端末及び情報端末のOSのバージョンに対応していることを保証するものではなく、当該当社サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、当該当社サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
  4. 当社サービスに接続する第三者のサービスや、ユーザーが使用するソフトウェア等の仕様の変更に伴い、当該当社サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
  5. 当社サービスの利用に必要なソフトウェア、機材、パソコン、インターネット環境、一切の機器・設備は、ユーザーの費用と責任により用意するものとし、これらの機器・設備の不具合・故障等により当該当社サービスの利用に影響があった場合、当社は一切の責任を負いません。
  6. ユーザーが本規約に違反した場合(これには第8条各号に定める禁止行為を行った場合を含みますが、これに限られません。)、当該違反行為に起因して生じた一切の紛争は、ユーザーの費用と責任において、当社に何ら迷惑をかけることなく解決するものとし、当社は、当該違反行為によりユーザー自身又は第三者に生じた損害及び損失につき、これを賠償、補填等する責任を一切負わないものとします。万一、当社が当該違反行為を解決するために必要となる費用(解決金や賠償金、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、ユーザーは、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に要する費用は、ユーザーが負担するものとします。

第16条(サービスの変更・中断・終了等)

  1. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、当社サービスの内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。
  2. 当社は、事前に、当社サービス上又は当社の運営するウェブサイト上への掲示その他当社が適当と判断する方法でユーザーに通知することにより、当社の裁量で、当該当社サービスを終了することができるものとします。ただし、緊急の場合はユーザーへの通知を行わない場合があります。
  3. 当社は、以下各号の事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、当社サービスの一部又は全部を一時的に中断することができるものとします。

(1) 当社サービス用の通信機器設備等(外部サーバー、システムを含みます。以下同じです。)に関わるメンテナンス(保守・点検)や修理を定期的又は緊急に行う場合
(2) アクセス過多、その他予期せぬ要因で当社サービス用の通信機器設備等に負荷が集中した場合
(3) ユーザー及び第三者のセキュリティを確保する必要が生じた場合
(4) 電気通信事業者の役務が提供されない場合
(5) 天災等の不可抗力その他の事情により当社サービスの提供が困難な場合
(6) 火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により当社サービスの提供が困難な場合
(7) 法令又はこれらに基づく措置により当社サービスの運営が不能となった場合
(8) その他前各号に準じ当社が必要と判断した場合

  1. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第17条(権利義務の譲渡)

  1. ユーザーは、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、本規約又は個別規約に基づくユーザーの権利若しくは義務、又は本規約又は個別規約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。
  2. 当社が、当社サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、又は当社が消滅会社若しくは分割会社となる合併若しくは会社分割等により当社サービスにかかる事業を包括承継させたときは、当社は、当該事業譲渡等に伴い、本規約又は個別規約上の地位、権利及び義務並びに登録情報その他のユーザーに関する情報を当該事業譲渡等の譲受人又は承継人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、あらかじめこれに同意するものとします。

第18条(分離可能性)
本規約及び個別規約のいずれかの条項又はその⼀部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約及び個別規約の残りの規定及び⼀部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第19条(準拠法及び合意管轄)
本規約及び個別規約は、抵触法の原則にかかわらず日本法に準拠するものとし、本規約又は個別規約に起因し又は関連する一切の紛争については、訴額及び手続に応じ、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第20条(言語)
本規約及び個別規約は、日本語を正文とします。本規約又は個別規約の他の言語による翻訳文と日本語版との間に相違がある場合には、日本語版が優先するものとします。

第21条(存続条項)
第3条第4項、第5条第2項、第6条第2項及び第3項、第7条第3項、第9条第2項及び第3項、第10条第2項、第11条、第12条、第13条、第14条、第15条、第16条第4項、第17条、第18条、第19条、第20条、本条並びに当社サービスの利用に関する契約の終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、当該契約終了後も、引き続き効力を有するものとします。

【2022年6月30日制定】


2. サービス利用規定・知的財産権に関するポリシー
このサービス利用規定・知的財産権に関するポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するチケット・ライブ配信サービス及びその他ZAIKOが提供するサービス(これにはDigitamaを含みますが、これに限られません。)(以下「本サービス」といいます。)並びに当社の運営するウェブサイト及びアプリ(これにはhttp://www.zaiko.io/を含みますが、これに限られません。以下「本ウェブサイト等」といいます。)の利用に関して、お客様及び本ウェブサイト等のその他利用者が守るべきガイドラインをまとめたものです。

なお、本ポリシーにおける用語は、本ポリシーに別段の定めがない限り、「アカウント利用規約」及び「チケット・ライブ配信サービス利用規約(オーガナイザー向け)」(以下、合わせて「基本規約」といいます。)に定めるところによります。

禁止事項
お客様は、当社に対し、本サービス又は本ウェブサイト等の利用にあたり、以下に定める行為(これらを誘発したり、唆したり、ほう助したりする行為や準備行為を含みます。)を行わないことを表明し、保証するものとします。

(1) 適用される法令の定めに違反する行為
(2) 商品代金又は商品代金と実質的に同視すべき代金を、当社の定めるシステム又は手続によらずカスタマーがオーガナイザーその他当社以外の第三者に直接支払う行為、又はオーガナイザーがカスタマーその他当社以外の第三者から直接受け取る行為
(3) 本サービスの利用に関して、以下のいずれかに該当する情報を本サービス上に表示し又は送信する行為

  • 当社又は他のカスタマー、オーガナイザー、メディアその他の第三者の名誉、信用その他の権利又は利益を毀損又は侵害する情報
  • 過度に暴力的又は残虐な表現を含む情報
  • コンピューター・ウィルスその他の有害なプログラムを含む情報
  • わいせつな表現を含む情報
  • 差別を助長する表現を含む情報
  • ジャンクメール、スパムメール、チェーンメール等の第三者への拡散を求める情報
  • 違法な勧誘、宣伝等を含む情報
  • 他人に不快感を与える表現を含む情報
  • 面識のない他人との出会いを目的とした情報
  • 適用される法令、ガイドラインその他法的規制に違反する情報
  • その他上記に準じて社会通念上不適切と認められる情報

(4) 第三者の使用するソフトウェア、ハードウェアなどの機能を破壊・妨害するプログラム等の提供・送信等
(5) 当社のサーバー又はネットワークの機能を破壊・妨害する行為
(6) 本サービス、当社が送信する広告、その他本ウェブサイト等を通じて提供されるあらゆるサービス、広告を毀損する行為
(7) 第三者の個人情報や履歴情報及び属性情報などを、当該第三者に無断で収集・蓄積する行為
(8) 本サービス又は本サービスを通じて入手した情報を、提供の趣旨に反する目的で利用する行為
(9) 第三者のログイン情報を利用して本サービスを利用する行為
(10) 手段の種類を問わず、他人からログイン情報を入手し、又は他人にログイン情報を開示・提供する行為
(11) 本サービスに関連して、反社会的勢力などに直接・間接に利益を提供する行為
(12) その他当社が定めるガイドライン、注意事項等に違反する行為
(13) その他当社のプロダクトやサービスに関する利用規約(基本規約及び個別規約を含みます。)により禁止されている行為
(14) その他、上記に準じて社会通念に照らして客観的に不適切と判断される行為

権利処理に関する表明保証
お客様がコンテンツ(これには音楽、動画その他映像コンテンツ、マルチメディアコンテンツを含みますが、これらに限られません。)を本ウェブサイト等又は当社が提供するその他サービスにアップロードするオーガナイザー又は利用者である場合、お客様は、当社に対し、自己の責任及び費用負担で、当該アップロードに係る知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利処理を行い、第三者の権利を侵害しないことを表明し、保証するものとします。

調査と措置
本ポリシーへの違反が疑われる場合、当社は調査を実施し、必要に応じて本ポリシーに違反するコンテンツの取り下げ、削除、アクセスの無効化等を講じることがあり、お客様は当該違反を是正するために当社に協力するものとします。
本ポリシーへの違反を是正することにご協力いただけない場合、アカウントの利用が停止又は解約されることがあり、当社はお客様から必要な協力を得るために法的措置を講じる権利を有します。お客様は、お客様の本ポリシーへの違反又は当該違反の是正に協力いただけなかったことに起因して当社が被った一切の損害を当社に賠償しなければならないものとします。名誉毀損等、損害が数値化できない場合、当社は名誉回復のための措置(これには公式謝罪や公式声明の発表を含みますが、これらに限定されません。)を講ずるようお客様に要求することができるものとします。

違反の報告
本ポリシーへの違反は、次のリンクの問い合わせフォームより報告をお願いします:https://forms.gle/4NYR69yb3ZtjLQSA8

お客様が著作権等の知的財産権の保有者又は保有者から権限を受けた代理人である場合、上記の問い合わせフォームに以下の内容を記載、添付してください。

  • 権利が侵害されているとされる著作物等に関するウェブページのURLや資料、及びお客様が当該著作物等の知的財産権の保有者又は保有者から権限を受けた代理人であることを示す証拠
  • 著作権その他の権利を侵害しているとされるイベント、コンテンツ等(侵害行為の対象)に関するウェブページのURL、スクリーンショットその他資料
  • お客様の連絡先情報

当社の権利侵害報告への対応は日本法に準拠するものとします。
当社は違反報告について10日以内に回答するよう努めますが、報告の内容や件数により回答にお時間を頂戴することがございます。予めご了承ください。

【2022年6月30日制定】


3. チケット・ライブ配信サービス利用規約(カスタマー向け)
この規約(以下「本規約」といいます。)は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサービス「ZAIKO」チケットサービス並びにライブ配信サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本サービスを利用するすべてのカスタマー(第1条第2号に定めます。)に適用されるものとします。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 「オーガナイザー」
本サービスを利用し、本チケット(第5号に定めます。)及びその他本サービスに付随して提供される商品・サービスを組成し、本サービス上に表示し、カスタマー(次号に定めます。)に販売する者(法人であるか個人であるかを問いません。)をいいます。

(2) 「カスタマー」
オーガナイザーが本サービスを利用して販売する本チケット及び商品・サービスを購入する者をいいます。

(3) 「会場チケット」
オーガナイザーが本サービスを通じて販売する、オーガナイザー自ら又は第三者によって実施される実際に会場にて開催されるイベントへの入場を可能とするための権利が付帯したチケット(物理的であるか否かは問いません。)をいいます。

(4) 「配信チケット」
オーガナイザーが本サービスを通じて販売する、オーガナイザーが提供するストリーミング映像を視聴するための権利が付帯したチケット(物理的であるか否かは問いません。)をいいます。

(5) 「本チケット」
会場チケット及び配信チケットを合わせて「本チケット」といいます。

(6) 「メディア 」
本サービスに表示された、オーガナイザーが組成した会場チケットを、カスタマーに販売するための告知を自らのウェブサイトその他のツールにおいて行う者(法人であるか個人であるかを問いません。)をいいます。

(7) 「知的財産権」
全世界における著作権(日本国著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、著作隣接権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)及びアイデア、ノウハウ等をいいます。

第2条(本規約への同意)
本規約は、当社とカスタマーとの間の本サービスの提供に関わる一切の関係(今後、本サービスを利用してカスタマーが行う一切の本チケット購入その他の個別の取引を含みます。)に適用されます。カスタマーは、本規約に従って本サービスを利用するものとし、本規約に同意しない限り本サービスを利用できないものとします。なお、本サービスに付随して提供される商品・サービス(これにはSTICKITS、Digitama Stubsその他オプションが含まれますが、これらに限られません。)の購入、利用については、当社が別途定める「STICKITS購入規約」及び「オプション購入規約」が適用されます。

第3条 (本サービスを利用する場合の遵守事項)

  1. カスタマーは、本サービスを利用して、本チケットの購入手続の完了及び決済を行うにあたり、本規約及びこれに付随する規約、並びに当社が記載する注意事項を遵守するものとします。
  2. カスタマーは、本チケットを購入する場合、オーガナイザーやメディアが掲載したイベントに関する情報をよく読み、自らの責任の下で、本チケットを購入するものとします。

第4条(本チケット販売に関する責任)

  1. 本チケットに関する売買契約は、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立し、当社は本チケットに関する売買契約の当事者にはなりません。
  2. カスタマーによる本チケットの購入代金の支払を当社において確認し、カスタマーのアカウントの購入履歴に、当該本チケットの購入が表示された時点で、オーガナイザーとカスタマーとの間で本チケットに関する売買契約が成立するものとします。
  3. 本チケットの販売に関して、オーガナイザーとカスタマー、メディアとカスタマー、その他カスタマーと第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブル(イベント情報の記載に起因して生じたトラブル等が想定されますが、これらに限られません。)は、カスタマーの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  4. 前項に掲げる本チケットの販売に関する紛争又はトラブルに起因し、当社が当該紛争又はトラブルを解決するために必要となる費用(解決金や、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、カスタマーは、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に要する費用は、カスタマーが負担するものとします。

第5条(決済代行サービス)
カスタマーが本サービスを利用して本チケットを購入した場合、当社は、本チケットの代金(消費税及び地方消費税を含みます。以下「商品代金」といいます。)について、オーガナイザーに代わって代理受領する権限をオーガナイザーから付与されており、オーガナイザーを代理してカスタマーから商品代金を受領します。また、カスタマーは、オーガナイザーが自ら負担する場合を除き、当社に対し、商品代金とは別途、当社が定める購入手数料(商品代金を基準に算出され、当社が収受する手数料をいいます。以下「購入手数料」といいます。)に消費税及び地方消費税を加算した金額を、支払うものとします。カスタマーは、商品代金及び購入手数料について、当社に対し、当社が指定する方法により支払うものとし、商品代金及び購入手数料を、その名目及び方法を問わず、オーガナイザー又はメディアに直接支払ってはならないものとします。

第6条(キャンセルについて)

  1. 原則として、チケットご購入後につきましては公演、イベントの延期・中止を除き、カスタマー事由(これには、カスタマーによる情報の入力ミスや通信・視聴環境の不具合等によるチケットの重複購入を含みますが、これらに限られません。)によるキャンセル及びそれに伴う払い戻しは行いません。
  2. 公演、イベントの中止等(不可抗力やサーバー障害等によるものを含みます。)が発生した場合、当社が、当該公演、イベントにかかる本チケットが購入されたカスタマーのアカウントに登録されているメールアドレスに通知の上、オーガナイザーの委託を受けて、それに伴う返金等の対応を実施します。本チケットの販売に関する購入手数料及びコンビニ、Paypal等、カスタマーが選択した決済手段に係る決済費用は返金の対象となりません。ただし、購入手数料については、別途オーガナイザーが自らの選択によりこれを負担する場合は、返金の対象となります。

第7条(配信チケットの販売)

  1. オーガナイザーが本サービスを利用して、自身が提供するコンテンツ(ライブパフォーマンスを含みます。)についてストリーミング配信を行う場合、当該配信に関して、カスタマーは配信チケットを購入することができます。
  2. 当社は、オーガナイザーに対し、ストリーミング配信及び配信チケットの販売のためのプラットフォームを提供するのみであり、配信された内容、及びストリーミング配信の広告宣伝についてはオーガナイザーが一切の責任を負うものとし、当社は一切責任を負いません。
  3. オーガナイザーが配信チケット組成時に、アーカイブ視聴のオプション追加を選択した場合、当該配信映像はストリーミング配信が終了した後も別途定める一定の期間(以下「アーカイブ期間」といいます。)、本サービス上に保存、公開され、配信チケット購入時にアーカイブ視聴のオプションを追加したカスタマーはアーカイブ期間中、当該配信映像を視聴することができます。有料のアーカイブ期間延長については、当社が別途定める「オプション購入規約」内の+アーカイブに関する規定が適用されます。
  4. アーカイブ期間が経過した場合、カスタマーは、本サービス上で当該配信映像を視聴することができません。

第8条(知的財産権等)

  1. 本サービスにかかる知的財産権は、全て当社又は当社に適法にライセンスをする第三者に帰属するものとし、カスタマーは、本規約に同意して本サービスを利用開始した場合であっても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、知的財産権の譲渡又はライセンスを受けるものではありません。
  2. 当社は、カスタマーが本サービスを利用した際に提供した個人情報について、法令及び当社が別途定める「プライバシーポリシー」に従い、適切に取り扱います。

第9条(禁止行為)
カスタマーは、本サービスの利用に際し、以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます。)を行わないことを当社に対し表明し、保証するものとします。

(1) 基本規約に定める禁止行為
(2) 商品代金又は商品代金と実質的に同視すべき代金を、当社の定めるシステム又は手続きによらずオーガナイザー又はメディアに対して直接支払う行為
(3) 配信チケットを第三者に譲渡する行為(有償であるか無償であるか、また営利目的であるか否かを問いません。)
(4) 営利目的で会場チケットを第三者に譲渡する行為(営利目的でない場合には、会場チケットについては、本サービスを通じて、当社が定める方法・条件により第三者に譲渡することができます。)
なお、ここでいう「営利目的で会場チケットを第三者に譲渡する行為」とは、有償譲渡のうち、当該会場チケットの販売価格(会場チケットの代金価格のみをいい、購入手数料その他の手数料を含みません。)を超える価格を対価として第三者に譲渡する行為をいいます。当該行為が判明した場合、オーガナイザーの判断により、当該チケットを無効とし、当該チケットの返金ができず、かつ、当該チケット所持者の入場を認めない又は既に入場している場合にはその場で退場を命じることができる等の措置を講じることができるものとします。また、本サービスを利用することなく入手、購入された本チケットに起因するトラブルに関して、当社は一切の責任を負いません。
(5) 本サービスに関して当社が別途定めるガイドライン(これには当社が別途定める「サービス利用規定・知的財産権に関するポリシー」を含みますが、これに限られません。)に違反する行為

第10条(損害賠償)

  1. 基本規約の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して当社が負う損害賠償の額は、損害発生時に最も近接する時期にカスタマーが購入した本チケットの金額を上限とするものとします。
  2. 当社とカスタマーとの関係において消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によってカスタマーに生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってカスタマーに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第11条(存続条項)
第4条第3項及び第4項、第6条、第8条、第10条、本条並びに条項の性質に鑑み契約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了理由を問わず契約終了後もなお、効力を有するものとします。

【2019年4月22日制定】
【2021年8月11日改定】
【2022年6月30日改定】


4. チケット・ライブ配信サービス利用規約(オーガナイザー向け)
この規約(以下「本規約」といいます。)は、ZAIKO 株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサービス「ZAIKO」チケットサービス並びにライブ配信サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本サービスを利用するすべてのオーガナイザー(第1条第1号に定めます。)に適用されるものとします。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 「オーガナイザー」
本サービスを利用し、本チケット(第5号に定めます。)及びその他本サービスに付随して提供される商品・サービスを組成し、本サービス上に表示し、カスタマー(次号に定めます。)に販売する者(法人であるか個人であるかを問いません。)をいいます。

(2) 「カスタマー」
オーガナイザーが本サービスを利用して販売する本チケット及び商品・サービスを購入する者をいいます。

(3) 「会場チケット」
オーガナイザーが本サービスを通じて販売する、オーガナイザー自ら又は第三者によって実施される実際に会場にて開催されるイベントへの入場を可能とするための権利が付帯したチケット(物理的であるか否かは問いません。)をいいます。

(4) 「配信チケット」
オーガナイザーが本サービスを通じて販売する、オーガナイザーが提供するストリーミング映像を視聴するための権利が付帯したチケット(物理的であるか否かは問いません。)をいいます。

(5) 「本チケット」
会場チケット及び配信チケットを合わせて「本チケット」といいます。

(6) 「メディア」
本サービスに表示された、オーガナイザーが組成した会場チケットを、カスタマーに販売するための告知を自らのウェブサイトその他のツールにおいて行う者(法人であるか個人であるかを問いません。)をいいます。

(7) 「知的財産権」
全世界における著作権(日本国著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、著作隣接権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)及びアイデア、ノウハウ等をいいます。

第2条(本規約への同意)
本規約は、当社とオーガナイザーとの間の本サービスの提供に関わる一切の関係(今後、本サービスを利用してオーガナイザーが行う一切のイベント組成、本チケット販売その他の個別の取引を含みます。)に適用されます。オーガナイザーは、本規約に従って本サービスを利用するものとし、本規約に同意しない限り本サービスを利用できないものとします。        

第3条(本サービスの内容及び本サービスを利用する場合の遵守事項)

  1. オーガナイザーは、本サービスを利用して本チケット及びその他本サービスに付随して提供される商品・サービスを組成するにあたり、本規約及びこれに付随する規約、並びに当社が記載する注意事項を遵守するものとします。
  2. オーガナイザーは、本チケット及びその他本サービスに付随して提供される商品・サービスを組成する場合、以下の各事項を遵守するものとします。

(1) カスタマーが認識しておくべき当該イベントやストリーミング配信に関する情報(日時、場所、注意事項等が含まれますが、それらに限られません。)その他の必要事項を正確に表示すること
(2) イベントやストリーミング配信に関する情報その他の表示される情報について誤りがあった場合又は変更が生じた場合、速やかに当該情報を修正又は変更すること。なお、オーガナイザーの依頼に基づき当社が情報入力を代行した場合であっても、かかる情報の最終確認はオーガナイザーの責任において行うものとし、誤りが発見された場合にはオーガナイザーの責任において訂正するものとします。当社が代行入力した内容に誤りがあった場合でも、当社は一切の責任を負いません。
(3) 第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を侵害しないこと
(4) 事前に掲載したイベントの開催要項(開始時間、終了時間を含みます。)を遵守すること。万が一、開始が遅延する等の変更がある場合には、オーガナイザーの責任において、適切な方法でカスタマーに通知しなければなりません。また、オーガナイザーによるイベントの開催要項の変更や開催要項に反する事項(開始時間や終了時間の不遵守を含みます。)に起因するアクセス集中等により、本サービスに障害等が発生した場合、当社は一切の責任を負わないものとし、オーガナイザーは当社に発生した損害を賠償するものとします。
(5) その他当社が不適切と判断する情報を掲載しないこと

第4条(本チケット販売に関する責任)

  1. 本チケットに関する売買契約は、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立し、当社は、本チケットに関する売買契約の当事者にはなりません。
  2. カスタマーによる本チケットの購入代金の支払を当社において確認し、カスタマーのアカウントの購入履歴に、当該本チケットの購入が表示された時点で、オーガナイザーとカスタマーとの間で本チケットに関する売買契約が成立するものとします。
  3. 本チケットの販売に関して当社が収受する購入手数料(商品代金(第6条第1項に定めます。)を基準に、当社が別途定める方法により算出され、当社が収受する手数料をいいます。以下「購入手数料」といいます。)について、オーガナイザーは自らの裁量で当該購入手数料を(i) カスタマー負担とするか、(ii) オーガナイザー負担とするか、(iii) オーガナイザーが決定する任意の割合に基づきカスタマーとオーガナイザー双方が負担するか(ただし(iii)は会場チケットの場合のみ選択可能です。)を選択するものとします。かかる購入手数料の負担者の選択及び負担料率の決定については、オーガナイザーが責任を負うものとし、これに起因してオーガナイザーカスタマーの間に生じた一切の紛争又はトラブルについて、当社は一切責任を負わないものとします。
  4. 本チケットの販売に関して、オーガナイザーとカスタマー、メディアとオーガナイザー、その他オーガナイザーと第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブル(イベント情報の記載に起因して生じたトラブルや、メディアによる個人情報、画像、動画、テキスト、音声その他の情報の目的外利用等が想定されますが、これらに限られません。)は、オーガナイザーの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  5. 前項に掲げる本チケットの販売に関する紛争又はトラブルに起因し、当社が当該紛争又はトラブルを解決するために必要となる費用(解決金や、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、オーガナイザーは、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に要する費用は、オーガナイザーが負担するものとします。

第5条(メディア)

  1. オーガナイザーは、会場チケット組成時に本サービス内の管理ページにおいて、会場チケットをメディアが管理する情報伝達媒体(これにはメディアが管理するウェブサイトやSNS等を含みますが、これらに限定されません。)に掲載することの可否を選択することができます。なお、オーガナイザーが媒体への掲載可の設定をした場合であっても、当該会場チケットを掲載するかどうかは各メディアの判断に委ねられており、当社は、当該本チケットが媒体に掲載されることを一切保証いたしません。
  2. メディアが会場チケットの掲載をオーガナイザーに通知した時点で、メディアとオーガナイザーとの間に、当該会場チケットの広告掲載委託契約が成立するものとします。オーガナイザーは、メディアに対し、広告掲載の対価として、オーガナイザーが当該会場チケット組成時に本サービス内の管理ページにおいて指定した料率の手数料(以下「メディア手数料」といいます。)を支払います。

第6条(決済代行サービス)

  1. オーガナイザーは、当社に対し、オーガナイザーが組成した本チケットの代金(消費税及び地方消費税を含みます。以下「商品代金」といいます。)について、オーガナイザーに代わって代理受領する権利を付与するものとします。これにより、当社は、オーガナイザーに代わって、カスタマー又はメディアから商品代金を受領します。オーガナイザーは、商品代金を、その名目及び方法を問わず、カスタマー又はメディアから収受してはならないものとします。
  2. 当社は、前項により代理受領した商品代金から、商品代金を基準に算出された購入手数料(購入手数料がオーガナイザー負担の場合)及びメディア手数料に消費税及び地方消費税を加算した金額(ただし、オーガナイザーが非日本居住者の場合は課税免除されます。)を控除のうえ、本チケット販売終了日の翌月末日又は当社が別途定める日付限り、オーガナイザーが指定する口座(銀行又はPayPal)に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が銀行休業日の場合はその前日を支払日とします。原則として、いかなる場合であっても早期支払はいたしません。
  3. 当社は、当社の裁量で必要であると判断した場合には、カスタマーに対する本チケットの返金を行うことができます。カスタマーに対する本チケットの返金が発生した場合には、その理由を問わず、返金された金額及び「キャンセルポリシー」に定められた返金事務手数料の金額が、商品代金から控除されるものとします。
  4. 当社は、カスタマーがクレジットカードによって本チケットを決済した場合において、当該決済についてチャージバック(当該決済について、クレジットカードの不正使用その他の事由により、クレジットカード会社によって当該決済にかかる承認が取り消された場合をいいます。)が発生したとき、当社は、当該決済についてクレジットカード会社から入金された金額を、オーガナイザーに何らの通知をせずとも、自らの判断においてクレジットカード会社に対し返金することができるものとします。チャージバックが、オーガナイザーへの商品代金の支払前に発生した場合、当社は、商品代金総額からチャージバックに係る商品代金及びチャージバック手数料(もしあれば)を控除します。チャージバックが、オーガナイザーへの商品代金の支払後に発生した場合、オーガナイザーは、当社に対し、チャージバックに係る商品代金及びチャージバック手数料(もしあれば)を、当社が指定する期日までに支払うものとします。

第7条(キャンセル、延期、中止について)
イベントの中断、延期又は中止が発生した場合の処理については、「キャンセルポリシー」に定めるとおりとします。

第8条(配信チケットの販売)

(1) オーガナイザーは、本サービスを利用して、自身が提供するコンテンツ(ライブパフォーマンスを含みます。)についてストリーミング配信を行うことができ、また、カスタマーに対して、配信チケットを販売することができます。
(2) 当社は、オーガナイザーに対し、ストリーミング配信及び配信チケットの販売のためのプラットフォームを提供するのみであり、配信された内容、及びストリーミング配信の広告宣伝についてはオーガナイザーが一切の責任を負うものとし、当社は一切責任を負いません。
(3) オーガナイザーが配信チケット組成時に、アーカイブ視聴のオプション追加を選択した場合、最長で本サービス上でのストリーミング配信が終了した日の7日後の23時59分まで(又はオーガナイザーと当社が別途合意した場合はその期間)当該配信動画が保存され、オーガナイザーは当該アーカイブ視聴可能期間が終了するまでを最長としてチケット購入期間を設定することができます。オーガナイザーが当該動画を、上記の保存期間を超えて保存、視聴可能としたい場合、オーガナイザーは、当社が別途定める金額を支払うことで、動画の保存期間を延長することができます。
(4) 前号に定める時間が経過した場合、オーガナイザーは配信された動画を、本サービス上において同一の配信チケットを利用して再度配信することはできません。
(5) オーガナイザーは、当社が定める配信コンテンツに関するガイドライン(これには当社が別途定める「サービス利用規定・知的財産権に関するポリシー」を含みますが、これに限定されません。)を遵守するものとします。

第9条(権利処理、保証等)

  1. オーガナイザーは、本サービスを利用して行う本チケットの組成にあたり、自らが実施又は配信を行う権限を有する本チケットのみを組成することとし、本チケットの販売にあたり、第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権、原盤権、シンクロ権、著作隣接権(私的録音録画補償金請求権、二次使用料請求権、報酬請求権を含みます。)その他一切の権利(将来法令の改正によって付与される権利を含みます。)を侵害してはならないものとします。
  2. オーガナイザーが配信するコンテンツに関する知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利処理は、次項に定めるものを除き、予めオーガナイザーの責任と負担においてすべて処理するものとし、当社は、次項に定めるものを除き、権利処理について一切責任を負わないものとします。
  3. オーガナイザーが配信するコンテンツに含まれる音楽著作物に係る著作権のうち、音楽著作権管理事業者である一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)及び株式会社NexTone(以下、総称して「JASRAC等」といいます。)が管理するものについては、当社が、JASRAC等の使用料規程に基づく著作権使用料の支払い等の必要な処理を行うものとします。オーガナイザーは、毎月、配信を行うコンテンツ(アーカイブ視聴用の配信動画を含みます。)に関して、上記処理に必要なキューシート等使用楽曲リストを当社に提供するものとします。
  4. オーガナイザーは、当社の求めに応じて、コンテンツを配信する権限を有する者であることを証する書面その他の必要書類の作成に協力するものとします。
  5. オーガナイザーは、本サービスに関連して投稿、送信等した画像、コンテンツその他のデータ及び情報について、当社に対し、本サービスの提供及び広告宣伝に必要な限度で利用することを無償で許諾するものとします。
  6. オーガナイザーは、自ら又はその関係者(出演者やアーティストを含みます。)によって、当社(その役員及び従業員を含みます。)や当社が提供するサービスの名誉、信用その他の権利・利益を毀損又は侵害する行為(ウェブサイトやSNS等における投稿を含みますが、これらに限られません。)を行ってはならないものとし、万が一当該行為が発生した場合は直ちにこれを是正するものとします(対象となる投稿を直ちに削除することを含みます。)。
  7. 本サービスに関する知的財産権等(これには本サービスに関する知的財産権、肖像権その他一切の権利が含まれるものとし、以下同じとします。)は、全て当社又は当社に対して利用を許諾した第三者に帰属するものとし、オーガナイザーは、本規約に同意して本サービスを利用したとしても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、知的財産権等の譲渡又は許諾を受けるものではありません。
  8. 当社は、当社が別途定める「プライバシーポリシー」の規定に従い、本チケットの販売数量、販売頻度、オーガナイザーの属性、本チケットを購入したカスタマーの属性等の本サービスに関する情報について、当社のマーケティングやサービスの向上の目的で、これらの情報を集計・分析し、利用する場合があります。その場合においても当社はこれらの情報を機密として扱い、第三者に対し販売・譲渡・転送等することはありません。

第10条(禁止行為)
オーガナイザーは、本サービスの利用に際し、以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます。)を行わないことを当社に対し表明し、保証するものとします。

(1) 基本規約に定める禁止行為
(2) 商品代金又は商品代金と実質的に同視すべき代金を、当社の定めるシステム又は手続きによらずカスタマー又はメディアより直接受領する行為
(3) 本サービスに関して当社が別途定めるガイドライン(これには当社が別途定める「サービス利用規定・知的財産権に関するポリシー」を含みますが、これに限られません。)に違反する行為

第11条(損害賠償)

  1. 基本規約の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して当社が負う損害賠償の額は、当該損害の発生事由に係る本サービスの対価として当社がオーガナイザーから受領した金額の総額を上限とします。
  2. 当社とオーガナイザーとの関係において消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によってオーガナイザーに生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってオーガナイザーに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。
  3. 当社は、オーガナイザーに対して、いかなる場合も、本規約に明示的な定めがあるものを除き、配信状況等(視聴者数や時間等を含みます。)やシステム情報・技術的情報の分析、開示及び報告、並びに当社サイト、SNSその他あらゆる媒体における謝罪広告・説明文等の掲載その他の一切の非金銭的な義務を負いません。

第12条(存続条項)
第4条、第7条、第9条、第11条及び本条並びに条項の性質に鑑み契約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了理由を問わず契約終了後もなお、効力を有するものとします。

【2021年8月11日改定】
【2022年6月30日改定】
【2022年9月14日改定】


【別紙】オプション販売規約(オーガナイザー向け)
本別紙は、オーガナイザーによるオプション(第1条第2号に定めます。)の提供に関するサービス(以下「本サービス」といいます。)に関する当社とオーガナイザーの関係について定めるものです。本別紙は、「『ZAIKO』チケット・ライブ配信サービス利用規約(オーガナイザー向け)」(以下「本規約」といいます。)の一部を構成するものとし、本別紙に定めのない事項については、本規約及び「『ZAIKO』アカウント利用規約」(以下、合わせて「基本規約」といいます。)の定めによるものとします。

1章 共通条項
本章に定める規定は、第1条第2号に定めるすべてのオプションの提供に関して、適用されます。なお、各オプションを販売するオーガナイザーには、各オプションに関する第2章以降の規定が適用されますので、販売するオプションに応じて、第2章以降に定める規定をご確認ください。

第1条(定義)
本別紙において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。なお、本別紙における用語の定義は、本別紙上に別段の定めのない限り、基本規約におけるのと同一の意味を有するものとします。

(1) 「本サイト」
当社の運営するウェブサイト(https://zaiko.io/)(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。)をいいます。

(2) 「オプション」
オーガナイザーが本チケットを組成するにあたり、本チケットに付随して販売するデジタルコンテンツ、サービス、データ、権利等の総称をいい、第3号から第6号に定めるものを含みますが、これらに限られません。また、オプションの内容は適宜追加、削減、変更等される場合があります。

(3) 「STICKITS」
オーガナイザーが販売し、ストリーミング映像の視聴中に購入することができるデジタルスタンプをいいます。

(4) 「+HDオーディオ」
ストリーミング映像における高音質版音声の提供サービス又は当該高音質版音声のコンテンツを視聴することができる権利をいいます。

(5) 「+アーカイブ」
ストリーミング映像の視聴可能期間を延長するサービス又は当該延長された期間中ストリーミング映像を視聴することができる権利をいいます。

(6) 「Digitama Stubs」
オーガナイザーが本サービスを通じて販売する、本チケットの半券のイメージ画像であり、NFT(Non-Fungible Token)に紐づけられたものをいいます。

(7) 「本チケット画像」
Digitama Stubsに含まれる本チケットの半券のイメージ画像をいいます。

(8) 「本素材」
本チケット画像の素材として、オーガナイザーが当社に提供する素材等をいいます。

(9) 「本マーケット」
Digitama Stubsの取引を行う、当社が運営するプラットフォームをいいます。

第2条(オプションの販売に関する契約関係及び決済代行サービス)

  1. オーガナイザーは、本チケットに付随して、カスタマーに対し、オプションを販売することができます。
  2. オプションの販売及び購入に関する契約は、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立し、当社は、オプションに関する売買契約の当事者にはなりません。
  3. カスタマーが本チケットの購入時にオプション(STICKITSを除きます。)の購入を選択した場合、オーガナイザーとカスタマーとの間で当該本チケットに関する売買契約が成立した時点で、オーガナイザーとカスタマーとの間でオプション(STICKITSを除きます。)の販売・購入に関する契約が成立するものとします。
  4. オーガナイザーは、当社に対し、オーガナイザーが販売するオプションの代金(第10条第3項に定めるDigitama Stubsの取引に係る収入を除きます。以下「オプション料金」といいます。)について、オーガナイザーに代わって代理受領する権利を付与するものとします。これにより、当社は、オーガナイザーに代わって、カスタマー又はメディアからオプション料金を受領します。当社がオプション料を受領した時点で、カスタマーがオーガナイザーに対してオプション料金に関する債務は弁済により消滅します。オーガナイザーは、オプション料金を、その名目及び方法を問わず、カスタマー又はメディアから収受してはならないものとします。
  5. 当社は、前項により代理受領したオプション料金について、当社が別途定める販売委託手数料を控除のうえ、チケット販売終了日の翌月末日又は当社が別途定める日付限り、オーガナイザーが指定する口座(銀行又はPayPal)に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が銀行休業日の場合はその前日を支払日とします。原則として、いかなる場合であっても早期支払はいたしません。
  6. 当社は、当社の裁量で必要であると判断した場合には、カスタマーに対するオプションの返金を行うことができます。カスタマーに対するオプションの返金が発生した場合には、その理由を問わず、返金された金額及び「キャンセルポリシー」に定められた返金事務手数料の金額が、オプション料金から控除されるものとします。
  7. 当社は、カスタマーがクレジットカードによってオプション料金を決済した場合において、当該決済についてチャージバック(当該決済について、クレジットカードの不正使用その他の事由により、クレジットカード会社によって当該決済にかかる承認が取り消された場合をいいます。)が発生したとき、当社は、当該決済についてクレジットカード会社から入金された金額を、オーガナイザーに何らの通知をせずとも、自らの判断においてクレジットカード会社に対し返金することができるものとします。チャージバックが、オーガナイザーへのオプション料金の支払前に発生した場合、当社は、オプション料金総額からチャージバックに係るオプション料金及びチャージバック手数料(もしあれば)を控除します。チャージバックが、オーガナイザーへのオプション料金の支払後に発生した場合、オーガナイザーは、当社に対し、チャージバックに係るオプション料金及びチャージバック手数料(もしあれば)を、当社が指定する期日までに支払うものとします。

第3条(キャンセル)
イベントの中断、延期又は中止が発生した場合の処理については、「キャンセルポリシー」に定めるとおりとします。

第4条(補償の否認、損害賠償等)

  1. 基本契約に定めるもののほか、当社は、本サービスの継続的な利用の可能性について、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
  2. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスが利用するシステム(ブロックチェーンシステム・プラットフォーム等を含みますが、これらに限られません。)の不具合やそれに伴う事故により発生した一切の損害に関して、本別紙に別段の定めのある場合を除き、何ら責任を負いません。
  3. 当社は、本サービスに関してオーガナイザーが被った損害につき、オーガナイザーに現実かつ直接に発生した通常の損害に限り責任を負うものとし、特別損害、逸失利益、間接損害及び弁護士費用等については、これらを賠償する責任を負いません。また、基本規約の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して当社が負う損害賠償の額は、当該損害の発生事由に係る本サービスの対価として当社がオーガナイザーから受領した金額の総額を上限とします。
  4. 当社とオーガナイザーとの関係において消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によってオーガナイザーに生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってオーガナイザーに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。
  5. 当社は、オーガナイザーに対して、いかなる場合も、本別紙に明示的な定めがあるものを除き、配信状況等(視聴者数や時間等を含みます。)やシステム情報・技術的情報の分析、開示及び報告、並びに当社サイト、SNSその他あらゆる媒体における謝罪広告・説明文等の掲載その他の一切の非金銭的な義務を負いません。

第5条(存続条項)
第4条、第5条、本条、第8条第4項、第9条、第10条第1項、第11条第2項から第4項、第12条、第13条及び本別紙の終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由を問わず本別紙終了後も引き続き効力を有するものとします。

2章 STICKITS
本章に定める規定は、STICKITSを販売するオーガナイザーに適用されます。

第6条(STICKITS)

  1. オーガナイザーは、ストリーミング映像の配信中、カスタマーに対し、STICKITSを販売することができます。
  2. カスタマーによるSTICKITSの支払を当社において確認し、カスタマーのアカウントの購入履歴に、当該STICKITSの購入が表示された時点で、オーガナイザーとカスタマーとの間で、STICKITSに関する売買契約が成立するものとします。

3章 +HDオーディオ及び+アーカイブ
本章に定める規定は、+HDオーディオ又は+アーカイブを販売するオーガナイザーに適用されます。

第7条(+HDオーディオ及び+アーカイブ)

  1. オーガナイザーは、配信チケットの販売の際、カスタマーに対し、+HDオーディオ及び+アーカイブを販売することができます。+HDオーディオ及び+アーカイブは、会場チケットに付随して販売することはできません。
  2. +HDオーディオを販売したオーガナイザーは、+HDを購入したカスタマーに対し、ストリーミング映像における高音質版音声を提供するものとします。
  3. +アーカイブを販売したオーガナイザーは、+アーカイブを購入したカスタマーに対し、ストリーミング映像の視聴可能期間を延長するサービスを提供するものとします。

4章 Digitama Stubs
本章に定める規定は、Digitama Stubsを販売するオーガナイザーに適用されます。

第8条(Digitama Stubsの制作・販売業務の委託及びライセンス等)

  1. オーガナイザーは、当社に対し、本素材、本チケット画像その他のDigitama Stubsの制作・販売等に関連する一切のコンテンツ(以下本条において「本コンテンツ」といいます。)に係る各権利の存続期間中、全世界において、本コンテンツ(これと実質的に類似するコンテンツを含みます。)をデジタル資産(NFT等のブロックチェーン技術又はこれに類似する技術を利用して作成されるデジタル資産を含みます。以下本条において同じとします。)と組み合わせてNFTコンテンツを制作する業務、このようなNFTコンテンツの販売等取引代行業務及びNFTコンテンツのマーケット上での流通に関する業務を独占的に委託し、当社はこれを受託するものとします。
  2. オーガナイザーは、当社に対し、本コンテンツに係る各権利の存続期間中、全世界において、本素材をデジタル資産と組み合わせること(本素材を修正、変更等した上で組み合わせる行為を含みます。)、Digitama Stubsを第三者に販売・譲渡等すること(本チケット画像をDigitama Stubsの取得者に利用させることを含みます。)及びDigitama Stubsを宣伝・広告することその他の当社がDigitama Stubsの制作・販売業務を遂行する上で直接又は間接に必要な一切の行為に関連して、必要な範囲で、本コンテンツを複製、翻案、展示、公衆送信その他一切の利用を行うための権利並びにこれらの権利を第三者に非独占的に再許諾するための権利を、独占的に付与するものとします。
  3. オーガナイザーは、本コンテンツに係る各権利の存続期間中、自ら又は当社以外の第三者をして、本コンテンツ又はこれと実質的に類似するコンテンツを、当社の事前の書面による承諾を得ずに、有償又は無償であるか問わず、デジタル資産に組み合わせるために複製・翻案し、デジタル資産に組み合わせ、第三者に譲渡し、第三者に対し譲渡の申し出をし、第三者に対する譲渡のために複製・展示・公衆送信等の形態で自ら利用し、又はこれらに実質的に類似する行為を自ら行ってはならず、かつ第三者に行わせてはならないものとします。ただし、Digitama Stubsを宣伝・広告するために、オーガナイザーが本コンテンツを利用する場合はこの限りではありません。なお、疑義を避けるために付言すると、オーガナイザーが本素材を、デジタル資産に組み合わせる以外の目的で複製・翻案したり、デジタル資産に組み合わせることなくこれを第三者に譲渡するなど、前項に基づく独占的な許諾の対象に含まれない行為を行うことは制限されません。
  4. オーガナイザーは、本コンテンツに係る各権利の存続期間中及び当該各期間終了後も、Digitama Stubsに関して、当社又は当社が指定する第三者(Digitama Stubsの保有者を含みます。)に対し、本コンテンツに係る著作者人格権、実演家人格権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を行使せず、また、オーガナイザーに権利許諾した第三者にこれらの権利を行使させないものとします。
  5. 本チケット画像の制作は、以下のいずれかの方法により行われるものとします。

(1) 当社が提供する本チケット画像作成のためのツールを使用してオーガナイザー自身が本素材を基に本チケット画像を制作する方法
(2) 当社がオーガナイザーから提供を受けた本素材を基に本チケット画像を制作する方法

  1. 第5項第1号の方法により本チケット画像を制作する場合、オーガナイザーは、別途当社が定める方法(本素材のファイル形式その他本素材の提供方法等を含みます。)により、当社に対し、本チケット画像のデータを提供するものとします。
  2. 第5項第2号の方法により本チケット画像を制作する場合、オーガナイザーは、当社に対し、オーガナイザーが自己の責任及び費用負担において選択した本素材を、当社の別途指定する方法(本素材のファイル形式その他本素材の提供方法等を含みます。)により、当社に提供するものとします。当社は、オーガナイザーから提供を受けた本素材を基に、これに修正、変更等を加えて本チケット画像を作成します。
  3. 当社は、本チケット画像が作成された後、遅滞なく、本チケット画像のサンプルをオーガナイザーに提示します。その後、当社は、当社の所定の時期に、本マーケットで発行されるNFTと本チケット画像を組み合わせ、Digitama Stubsを作成します。
  4. オーガナイザーは、本条を含む本別紙に基づく権利付与、権利不行使及び利用許諾等に関して、自己の費用と責任で当該権利付与・許諾等のために必要な一切の権利処理を行うものとします。

第9条(カスタマーによるDigitama Stubsの利用、トレード等)

  1. オーガナイザーは、Digitama Stubsを購入したカスタマー(以下「本件保有者」といいます。)に対し、本件保有者がDigitama Stubsを第三者に譲渡すること及び下記の目的で本チケット画像を複製し、展示し又は公衆送信することを許諾するものとし、本件保有者に対し、本チケット画像及びDigitama Stubsに係る著作者人格権、実演家人格権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を行使せず、また、オーガナイザーに権利許諾した第三者にこれらの権利を行使させないものとします。

(1) 本件保有者が保有及び管理するSNSのアカウント、ブログ、ウェブサイト等において、本チケット画像を第三者に共有する目的
(2) Digitama Stubsを宣伝広告する目的
(3) その他当社が適当と認める目的

  1. 本サービスの利用に関してオーガナイザー及び当社の間に成立する契約(以下「利用契約」といいます。)終了後も、本件保有者がDigitama Stubsを保有する限り、前項の規定は引き続き有効に存続するものとします。

第10条(Digitama Stubsに関する権利帰属及び収益分配)

  1. 第8条第6項の規定に従い当社が作成した本チケット画像及びDigitama Stubsに係る著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます。)その他一切の権利は、オーガナイザー及び当社の(準)共有に属するものとします。なお、疑義を避けるために付言すると、本素材の権利はオーガナイザー又はオーガナイザーに権利許諾する権利者に引き続き留保されます。
  2. 本チケット画像及びDigitama Stubsは、本別紙の定めに従い利用されるものとし、本別紙に定めのない事項については、別途合意することにより定めるものとします。
  3. 下記に定めるDigitama Stubsの取引に係る収入(これらには、オーガナイザー及び当社が本チケット画像及びDigitama Stubsに関して有する権利の許諾に対する許諾料が含まれるものとします。)は、オーガナイザー又は本件保有者(譲渡機能が実装された場合)の委託に基づき、当社がDigitama Stubsの購入者から受領するものとします。

(1) オーガナイザーの委託に基づき当社が行うDigitama Stubsの販売・譲渡等の対価
(2) 本件保有者が他の者にDigitama Stubsを譲渡した際に、譲渡人たる本件保有者から収受する販売・譲渡手数料

  1. 当社は、前項に基づき受領した収入から、当社が別途定めるNFTの発行に要する費用、本チケット画像を制作するために必要な費用、Stubsの宣伝広告費等の費用(以下「控除対象経費」といいます。)及び当社が別途定める委託手数料(以下「委託手数料」といいます。)を控除した残額を、オーガナイザーに支払うものとします。
  2. 委託手数料には、本別紙に基づきオーガナイザーが当社に委託した全ての業務に対する報酬が含まれるものとし、前項のオーガナイザーに対する支払には、本別紙に基づく一切の権利移転、権利許諾及び権利不行使の対価が含まれるものとします。オーガナイザーは、消費税(ある場合)を除き、前項に定める控除又は支払のほかに、本別紙に関連する対価として、何らの支払請求権も持たないことを予め承諾するものとします。
  3. 当社は、第3項第1号については、本別紙第2条第5項の定めるところにより、オーガナイザーに対し、当該金額をオーガナイザーが指定する銀行口座に振り込む方法により支払うものとします。第3項第2号については、当社が別途定める方法により支払うものとします。

第11条(Digitama Stubsに関する表明保証及び権利の維持)

  1. オーガナイザーは、当社に対し、それぞれ以下に定める事項が正確かつ真実であることを表明し、保証するものとします。

(1) 適用される法令に基づき適法かつ有効に設立され、かつ存続する法人であること(ただしオーガナイザーが法人の場合)、及び、本別紙を締結し、本別紙の全条項を履行するのに必要な一切の能力と権限を有していること
(2) 本素材に係る各権利の存続期間中、対象地域において、本素材に係る著作権、著作者人格権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を適法に有しており、又はこれらの権利を適法に有する者から許諾を受けていること並びに本別紙に基づく本素材の利用が第三者の権利を侵害する若しくは第三者との間の契約に違反するものでないこと
(3) Digitama Stubsの販売・譲渡を行うにあたって、本件保有者に対し特典を提供する場合(もしあれば)、当該特典に含まれる画像、動画、音楽その他一切のコンテンツ素材に係る著作権、著作者人格権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を適法に有しており、又はこれらの権利を適法に有する者から許諾を受けていること

  1. 万一、本素材、本チケット画像又はDigitama Stubsに関して第三者からの権利主張その他のクレームを受けた場合、オーガナイザーは、自己の費用及び責任において、これを解決するものとし、当社が損害を被った場合には、当社が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。万一、特典に係るコンテンツ素材に関して第三者からの権利主張その他のクレームを受けた場合も、同様とします。
  2. オーガナイザーは、著作者、実演家、肖像を有する者その他の第8条第7項又は本条第1項第3号の権利処理に関する利害関係人(所属タレント、アーティスト、選手などを含みますが、これらに限られません。)が、オーガナイザーとの間で締結した当該権利処理に係る条項を含む契約その他の合意が解除され、期間満了により終了し又は第三者に承継されるなどの事態(所属タレント、アーティスト又は選手の移籍、脱退又は引退等を含みますが、これらに限られません。)が生じた場合、速やかに当社に報告し、自己の費用と責任において、Digitama Stubsの流通を阻害することがないよう、処理するものとします。
  3. オーガナイザーは、第三者が本素材に係る著作権、肖像権、パブリシティ権その他の知的財産権を侵害し又は侵害するおそれがあることを発見したときは、速やかに当社に報告し、自己の費用と責任において当該侵害の排除又は予防のために適切な措置を講じるものとします。

第12条(イベントの延期又は中止の場合の通知義務)
第3条の定めにかかわらず、イベントの延期又は中止を決定した場合、オーガナイザーは、イベントの開催日(開催期間が複数日にまたがる場合は、その開始日とします。)の2営業日前までに、当社担当者に対し、イベントの延期又は中止を連絡するものとします。万一、オーガナイザーが当該通知を怠った場合、オーガナイザーは、当社に対し、これにより当社が被った損害(ブロックチェーンのネットワーク取引手数料その他のDigitama Stubsの生成に伴う費用を含みますが、これに限られません。)を賠償するものとします。

第13条(契約終了後のDigitama Stubsに関する措置)

  1. 利用契約の終了(終了事由の如何を問いません。以下同じとします。)によっても、本別紙の定めに基づくオーガナイザーの本素材に関する許諾並びに本別紙の定めに基づくオーガナイザー及び当社の本チケット画像及びDigitama Stubsに関する権利許諾及び権利の不行使は引き続き有効に存続するものとし、本件保有者は、これを他の者に譲渡等することができ、オーガナイザーは、これに一切異議を述べないものとします。
  2. 利用契約終了時点で、本件保有者に販売・譲渡等されていないDigitama Stubsが存在する場合、オーガナイザー及び当社は、このDigitama Stubsの販売に関して速やかに協議の上決定するものとします。
  3. 第1項の規定により販売・譲渡され、又は第2項の別途協議の上販売・譲渡等するものと決定されたDigitama Stubsの取引に係る収入に関しては、引き続き本別紙の定めに従い、当社が受領し、委託手数料を控除のうえオーガナイザーに支払うものとします。

【2022年6月30日制定】



5. キャンセルポリシー

  1. イベントの延期・中止、返金
    (1) オーガナイザーは、原則として、本チケットの販売が開始されたイベントの中止はできません。やむを得ない理由により予定された日時でのイベントの実施が困難となった場合、オーガナイザーは下記いずれかの対応を行うこととします。

①(会場イベント)イベントを延期する
②(配信イベント)収録映像を利用して、アーカイブ期間を延長する
③(配信イベント)別日程(同日の遅い時間又は翌日以降)でイベントを配信する(イベント日時を変更してライブ配信を行う場合及び収録映像を利用した後日配信の場合を含みます。)

        なお、上記①〜③の措置に伴い発生する費用(機材、会場等に係る費用を含みます。)については、オーガナイザーの負担とします。

(2) 前号の対応ができずイベントが中止された場合、又は開催日変更や会場変更等のイベント内容の変更に伴い、カスタマーに対して商品代金等(※)の返金対応が生じた場合、当社は、オーガナイザーに対して購入手数料(※)のカスタマーへの返金有無についての意向を確認した上で、商品代金等の返金対応を行い、オーガナイザーは、当該返金対応業務について、当社に対し、下記の表にて規定される返金事務手数料を支払うものとします。当社がカスタマーに返金を行う際に発生する銀行振込手数料等の費用については、当社が負担します。ただし、コンビニ、Paypal等、カスタマーが選択した決済手段に係る決済費用につきましては返金の対象外とします。

【返金事務手数料】

 

A. 購入手数料を含めてカスタマーに返金する場合

B. 購入手数料はカスタマーに返金しない場合

購入手数料負担者

(i) カスタマー

商品代金等の8%(税別)

商品代金等の3%(税別)

(ii) オーガナイザー

商品代金等の8%(税別)

-

(iii) カスタマー、オーガナイザー双方

商品代金等の8%(税別)

商品代金等の3%(税別)

※「商品代金等」とは、カスタマーが本チケットや追加オプションの購入に関してオーガナイザーに支払った対価の総額をいい、これにはチケット単価、購入手数料相当額のほか、+HDオーディオ、+アーカイブ及びDigitama Stubs等の追加オプション購入料金を含みますが、これらに限られません。
※「購入手数料」とは、「チケット・ライブ配信サービス利用規約(オーガナイザー向け)」に基づき、当社が収受する手数料をいい、オーガナイザーが、本チケットの販売にあたって、(i) カスタマー負担とするか、(ii) オーガナイザー負担とするか、(iii) オーガナイザーが決定する任意の割合に基づきカスタマーとオーガナイザー双方が負担するかを選択したものを指します。本チケットのほかに追加オプションが購入されていた場合、当該追加オプションの返金にかかる返金事務手数料は本チケットの返金事務手数料と同一の料率にて計算されるものとします。

(3) オーガナイザーが当社を介さず自らカスタマーに対して返金を行った場合、返金に関して、オーガナイザーとカスタマー、オーガナイザーとメディア、その他オーガナイザーと第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブル(返金額や返金手続きにあたり提供される個人情報の取り扱いに起因して生じるトラブル等が想定されますが、これらに限られません。)は、オーガナイザーの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
(4) 第2号にかかわらず、当社は、当社の裁量により適切であると判断した場合には、カスタマーに対する商品代金等の返金対応を行うことができるものとします。この場合、オーガナイザーは、当社による返金対応について異議を述べることはできないものとします。この場合における返金事務手数料は第2号の定めに従うものとします。

  1. イベントの延期に伴う収受済みの商品代金等への措置
    イベントの延期が決定された場合(延期の理由を問いません。)、当社は、当社がカスタマーから受領した商品代金等について、以下のとおり、取り扱います。

(1) 当該イベントの延期決定時点で、当該イベントに係る商品代金等について、当社からオーガナイザーへの支払がされていない場合、当社は、カスタマーへの返金対応の準備を目的として、当社が別途指定する支払日までの間、オーガナイザーへの支払を留保できるものとします。
(2) 延期されたイベントが中止された場合、商品代金等の返金方法に関しましては、本キャンセルポリシー第1項の定めに従うものとします。

【2021年8月11日改定】
【2022年6月30日改定】


6. STICKITS購入規約(カスタマー向け)
本規約は、オーガナイザーによるSTICKITS(オーガナイザーが販売し、ストリーミング映像の視聴中に購入することができるデジタルスタンプをいいます。)の提供に関するサービス(以下「本サービス」といいます。)について、当社とカスタマーの関係について定めるものです。なお、カスタマーによる本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」及び「チケット・ライブ配信サービス利用規約(カスタマー向け)」(以下、合わせて「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。また、本規約における用語の定義は、本規約上に別段の定めのない限り、基本規約におけるのと同一の意味を有するものとします。

第1条(本規約への同意)
本規約は、当社とカスタマーとの間の本サービスの提供に関わる一切の関係(今後、本サービスを利用してカスタマーが行う一切のSTICKITSの購入その他の個別の取引を含みます。)に適用されます。

第2条(STICKITSの販売に関する契約関係及び責任)

  1. ストリーミング映像を視聴中に、カスタマーは、当該映像を配信しているオーガナイザーが本サービスを通じて販売する、STICKITSを購入することができます。
  2. STICKITSに関する売買契約は、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立し、当社は、STICKITSに関する売買契約の当事者にはなりません。
  3. カスタマーによるSTICKITSの支払いを当社において確認し、カスタマーのアカウントの購入履歴に、当該STICKITSの購入が表示された時点で、オーガナイザーとカスタマーとの間でSTICKITSに関する売買契約が成立するものとします。
  4. STICKITSの販売に関して、オーガナイザーとカスタマー、メディアとカスタマー、その他カスタマーと第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブル(イベント情報の記載に起因して生じたトラブルが含まれますが、これに限られません。)は、カスタマーの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  5. 前号に掲げるSTICKITSの販売に関する紛争又はトラブルに起因し、当社が当該紛争又はトラブルを解決するために必要となる費用(解決金や、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、カスタマーは、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に要する費用は、カスタマーが負担するものとします。

第3条(決済代行サービス)
当社は、STICKITSの代金(以下「STICKITS代金」といいます。)について、オーガナイザーに代わってカスタマーから代理受領する権利をオーガナイザーから付与されています。これにより、当社は、オーガナイザーに代わって、カスタマーからSTICKITS代金を受領します。カスタマーは、STICKITS代金を、その名目及び方法を問わず、オーガナイザーに直接払ってはならないものとします。

第4条(キャンセルについて)

  1. 原則として、ご購入後につきましてはカスタマー事由(これには、カスタマーによる情報の入力ミスや通信・視聴環境の不具合等による重複購入を含みますが、これらに限られません。)によるキャンセル及びそれに伴う払い戻しは行いません。
  2. 公演、イベントの中止等(不可抗力やサーバー障害等によるものを含みます。)が発生した場合、それに伴う返金等の対応は、オーガナイザーの委託を受けて、当社が実施します。

第5条(知的財産権等)
本サービス及びSTICKITSに関する知的財産権等(これにはSTICKITSに関する知的財産権、肖像権その他の一切の権利、及び本サービスに関する知的財産権、肖像権その他の一切の権利が含まれるものとし、以下同じとします。)は、全て当社又は当社に対して利用を許諾した第三者に帰属するものとし、カスタマーは、本規約に同意して本サービスを利用したとしても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、なんら本サービス及びSTICKITSに係る知的財産権等の譲渡又は許諾を受けるものではありません。

第6条(損害賠償)

  1. 基本規約の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して当社が負う損害賠償の額は、損害発生時に最も近接する時期にカスタマーが購入したSTICKITSの合計金額を上限とするものとします。
  2. 当社とカスタマーとの関係において消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によってカスタマーに生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってカスタマーに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします

第7条(存続条項)
第2条第4項及び第5項、第4条、第5条、第6条、本条並びに本規約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由を問わず本規約終了後も引き続き効力を有するものとします。

【2022年6月30日改定】


7. オプション購入規約(カスタマー向け)
本規約は、オーガナイザーによるオプション(第1条第2号に定めます。)の提供に関するサービス(以下「本サービス」といいます。)に関する当社とカスタマーの関係について定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1章 共通条項
本章に定める規定は、第1条第2項に定めるすべてのオプションの提供に関して適用されます。なお、各オプションを購入するカスタマーには、各オプションに関する第2章以降の規定が適用されますので、購入するオプションに応じて、第2章以降に定める規定をご確認ください。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。なお、カスタマーによる本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「『ZAIKO』アカウント利用規約」及び「『ZAIKO』チケット・ライブ配信サービス利用規約(カスタマー向け)」(以下、合わせて「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。また、本規約における用語の定義は、本規約上に別段の定めのない限り、基本規約におけるのと同一の意味を有するものとします。

(1) 「本サイト」
当社の運営するウェブサイト(https://zaiko.io/)(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。)をいいます。

(2) 「オプション」
オーガナイザーが本チケットを組成するにあたり、本チケットに付随して販売するデジタルコンテンツ、サービス、データ、権利等の総称をいい、第3号から第5号に定めるものを含みますが、これらに限られません。また、オプションの内容は適宜追加、削減、変更等される場合があります。

(3) 「+HDオーディオ」
ストリーミング映像における高音質版音声の提供サービス又は当該高音質版音声のコンテンツを視聴することができる権利をいいます。

(4) 「+アーカイブ」
ストリーミング映像の視聴可能期間を延長するサービス又は当該延長された期間中ストリーミング映像を視聴することができる権利をいいます。  

(5) 「Digitama Stubs」
オーガナイザーが本サービスを通じて販売する、本チケットの半券のイメージ画像であり、NFT(Non-Fungible Token)に紐づけられたものをいいます。

(6) 「本チケット画像」
Digitama Stubsに含まれる本チケットの半券のイメージ画像をいいます。

(7) 「本マーケット」
Digitama Stubsの取引を行う、当社が運営するプラットフォームをいいます。

第2条(本規約の適用)

  1. 本規約は、当社とカスタマーとの間の本サービスの提供に関わる一切の関係(今後、本サービスを利用してカスタマーが行う一切のオプションの購入その他の個別の取引を含みます。)に適用されます。
  2. 当社が本サイト上で掲載する本サービスの利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第3条(オプションの販売に関する契約関係及び決済代行サービス)

  1. オプションの販売及び購入に関する契約は、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立し、当社は、オプションに関する売買契約の当事者にはなりません。
  2. カスタマーが本チケットの購入時にオプションの購入を選択した場合、オーガナイザーとカスタマーとの間で当該本チケットに関する売買契約が成立した時点で、オーガナイザーとカスタマーとの間でオプションの販売・購入に関する契約が成立するものとします。
  3. カスタマーが本サービスを利用してオプションを購入した場合、当社は、オプションの代金(以下「オプション料金」といいます。)について、オーガナイザーに代わって代理受領する権限を、オーガナイザーから付与されており、オーガナイザーを代理してカスタマーからオプション料金を受領します。当社がオプション料を受領した時点で、カスタマーがオーガナイザーに対して有するオプション料金に関する債務は弁済により消滅します。カスタマーは、オプション料金について、当社に対し、当社が指定する方法により支払うものとし、オプション料金を、その名目及び方法を問わず、オーガナイザー又はメディアに直接支払ってはならないものとします。

第4条(禁止事項)
カスタマーは、本サービスの利用に際し、以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます。)を行わないことを当社に対し表明し、保証するものとします。

(1) カスタマーが本サービスを利用せずにオプションに関する売買契約を締結すること
(2) 「『ZAIKO』アカウント利用規約」に定める禁止行為
(3) 本サービスに関して当社が別途定めるガイドライン(これには当社が別途定める「サービス利用規定」を含みますが、これに限られません。)に違反する行為

第5条(オプションの販売に関する責任)

  1. オプションの販売に関して、オーガナイザーとカスタマー、メディアとカスタマー、その他カスタマーと第三者(他のカスタマーを含みますがこれに限られません。)との間に生じた一切の紛争又はトラブルは、カスタマーの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  2. 前項に掲げるオプションの販売に関する紛争又はトラブルに起因し、当社が当該紛争又はトラブルを解決するために必要となる費用(解決金や、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、カスタマーは、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に要する費用は、カスタマーが負担するものとします。

第6条(キャンセルについて)

  1. 原則として、ご購入後につきましてはカスタマー事由(これには、カスタマーによる情報の入力ミスや通信・視聴環境の不具合等による重複購入を含みますが、これらに限られません。)によるキャンセル及びそれに伴う払い戻しは行いません。
  2. 公演、イベントの中止等(不可抗力やサーバー障害等によるものを含みます。)が発生した場合、当社が、当該公演、イベントにかかる本チケットが購入されたカスタマーのアカウントに登録されているメールアドレスに通知の上、オーガナイザーの委託を受けて、それに伴う返金等の対応を実施します。
  3. 前項にしたがい返金がなされた場合、オプション購入されたデジタルコンテンツ、サービス、データ、権利等はカスタマーには付与されず、また返金の前に当該デジタルコンテンツ、サービス、データ、権利等が既にカスタマーに提供されていた場合、返金と同時にカスタマーはその利用権を喪失するものとします。

第7条(知的財産権等)
本サービス及びオプションに関する知的財産権等(これには本チケット画像に関する著作権等の本サービス及びオプションに関する知的財産権、肖像権その他一切の権利が含まれ、以下同じとします。)は、全て当社又は当社に対して利用を許諾した第三者に帰属するものとし、カスタマーは、本規約に同意して本サービスを利用したとしても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、なんら本サービス及びオプションに係る知的財産権等の譲渡又は許諾を受けるものではありません。

第8条(損害賠償)

  1. 基本規約の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して当社が負う損害賠償の額は、損害発生時に最も近接する時期にカスタマーが購入したオプションの金額(複数のオプションを同時に購入した場合にはその合計金額)を上限とするものとします。
  2. 当社とカスタマーとの関係において消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によってカスタマーに生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってカスタマーに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします

第9条(存続条項)
第4条、第5条、第6条、第7条、第8条、本条、第12条第5項及び第13条第3項第三文並びに本規約の終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由を問わず本規約終了後も引き続き効力を有するものとします。

第2章 +HDオーディオ及び+アーカイブ
本章に定める規定は、+HDオーディオ又は+アーカイブを購入するカスタマーに適用されます。なお、+HDオーディオ及び+アーカイブは、会場チケットには付随しません。

第10条(+HDオーディオ)

  1. カスタマーは、配信チケットの購入にあたって、+HDオーディオを購入することにより、高音質版音声によるストリーミング映像を視聴することができます。
  2. 高音質版音声の音質等は、配信イベントごとに異なる場合があるため、カスタマーは+HDオーディオの購入にあたって、対象となる配信イベントの紹介ページを事前に確認する必要があります。
  3. 音声を含め配信映像の品質はオーガナイザーの責任により維持、管理されるものとし、当社は一切責任を負いません。

第11条(+アーカイブ)

  1. カスタマーは、配信チケットの購入にあたって、+アーカイブを購入することにより、通常のアーカイブ期間に加えて、延長された期間、ストリーミング映像を視聴することができます。
  2. 延長される期間は、配信イベントごとに異なる場合があるため、カスタマーは+アーカイブの購入にあたって、対象となる配信イベントの紹介ページを事前に確認する必要があります。

第3章 Digitama Stubs
本章に定める規定は、Digitama Stubsを購入するカスタマーに適用されます。

第12条(Digitama Stubs)

  1. カスタマーは、本チケットの購入にあたって、Digitama Stubsを購入することができます。その他、Digitama Stubsに関しては、カスタマーは以下のことを行うこと(以下、総称して「購入等」といいます。)ができます。

(1) 購入したDigitama Stubsを他のカスタマー(本規約の定めに従い本サービスを利用するカスタマーに限ります。以下同じとします。)に販売すること
(2) 他のカスタマーが購入したDigitama Stubsを、当該カスタマーから購入すること
(3) 購入したDigitama Stubsを当社の定めるところに従い利用すること

  1. Digitama Stubsの販売及び購入は、本マーケット上でのみ行うことができます。
  2. 当社は、本サービスを通じて、Digitama Stubsに係る契約締結の場及び機会を提供するにすぎず、Digitama Stubsの販売に係る契約の当事者にはなりません。Digitama Stubsを販売するカスタマーと、Digitama Stubsを購入するカスタマーとの間で、取引条件(Digitama Stubsの代金額を含みますが、これに限られません。以下同じとします。)に関する双方の意思が合致したときに、Digitama Stubsを販売するカスタマーと、Digitama Stubsを購入するカスタマーとの間において、Digitama Stubsの販売に係る売買契約が成立するものとします。
  3. 前項の定めにかかわらず、当社は、Digitama Stubsの代金について、最低取引価額を設定することがあります。この場合、カスタマーは、当該最低取引価額以上の金額でDigitama Stubsの取引を行うものとします。
  4. オーガナイザーがカスタマーに対し、特典を提供する場合がありますが、当該特典の提供に関する一切の紛争又はトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。

第13条(登録)

  1. Digitama Stubsの購入等に関しましては、当社が提供する「Digitama」サービスの会員登録が必要となります。Digitama Stubsの購入等を希望するカスタマーは、当社が別途定める「Digitama利用規約」に同意していただく必要があり、会員登録に関する事項その他の同サービスの利用に関する事項については、同規約に定めるところによるものとします。
  2. Digitama Stubsに関するサービスをご利用中のカスタマーは、「Digitama」サービスの会員を退会することはできないものとします。カスタマーが「Digitama」サービスの会員を退会した場合には、Digitama Stubsに関するサービスのご利用を自らの意思で終了したものとみなし、カスタマーは、Digitama Stubsの購入等を行うことができなくなります。なお、カスタマーがDigitama Stubsに関するサービスのご利用を自らの意思で終了した場合でも、「Digitama」サービスのご利用を継続することは可能です。
  3. カスタマーは、Digitama Stubsを購入後、他のカスタマーにDigitama Stubsを譲渡するまでの間、当社が定める条件及び方法に従って下記の目的で本チケット画像を複製し、展示し又は公衆送信することができ、本サービス上で本規約その他当社が定めるところに従って、Digitama Stubs及び本チケット画像を利用する権限を有します。但し、カスタマーが「ZAIKO」アカウント又は「Digitama」サービスの会員を退会した場合、カスタマーはDigitama Stubsの利用権限を喪失し、本サービスの利用を行うことができなくなります。その場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。

(1) Digitama Stubsを購入したカスタマーが保有及び管理するSNSのアカウント、ブログ、ウェブサイト等において、本チケット画像を第三者に共有する目的
(2) Digitama Stubsを宣伝広告する目的
(3) その他当社が適当と認め別途明示的に定める目的

第14条(購入)

  1. Digitama Stubsの購入を希望するカスタマーは、本サービス上で、オーガナイザー又はDigitama Stubsを販売するカスタマーとの間で合意した取引条件でDigitama Stubsを購入するものとします。
  2. Digitama Stubsを購入するカスタマーは、Digitama Stubsの売買契約成立後は、当該売買契約をキャンセルすることはできないものとし、法律に定めがある場合を除き、いかなる理由があっても成立した取引の無効又は取消しを主張しないものとします。
  3. Digitama Stubsの代金の支払に係る各種手数料は、Digitama Stubsを購入するカスタマーが負担するものとします。

第15条(トレード)

  1. Digitama Stubsの販売を希望するカスタマーは、本サービス上で、Digitama Stubsを購入するカスタマーとの間で合意した取引条件でDigitama Stubsを販売するものとします。Digitama Stubsの販売を希望するカスタマーは、当社が別途指定する手数料を支払うことに予め合意します。
  2. Digitama Stubsを販売するカスタマーは、Digitama Stubsの売買契約成立後は、当該売買契約をキャンセルすることはできないものとし、法律に定めがある場合を除き、いかなる理由があっても成立した取引の無効又は取消しを主張しないものとします。
  3. Digitama Stubsを販売するカスタマーは、当社に対し、Digitama Stubsの代金について、自己に代わって代理受領する権限を付与するものとします。Digitama Stubsを販売するカスタマーは、その名目及び方法を問わず、Digitama Stubsを購入するカスタマーからDigitama Stubsの代金を収受してはならないものとします。また、Digitama Stubsを販売するカスタマーからDigitama Stubsを購入するカスタマーは、Digitama Stubsの代金について、当社に対し、当社が指定する方法により支払うものとし、オプション料金を、その名目及び方法を問わず、オーガナイザー又はメディアに直接支払ってはならないものとします。
  4. 当社は、前項により代理収受したDigitama Stubsの代金について、当社が別途指定する手数料を控除のうえ、当社が別途定める期日限り、Digitama Stubsを販売するカスタマーが指定する口座に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が銀行の休業日の場合は、その前日を支払日とします。
  5. 前項の支払に係る振込手数料は、当社が負担するものとします。

【2022年6月30日制定】


8. Zaikoプレミアム利用規約
本規約は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサブスクリプションサービス「Zaikoプレミアム」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する当社と本サービスの加入者(以下「加入者」といいます。)の関係について定めるものです。本サービスの利用にあたっては、本規約の内容を十分にお読みいただき、本規約に同意いただく必要があります。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。

第1条(サービス内容及び利用規約の承諾)

  1. 本サービスには、以下のものが含まれます。ただし、本サービスの内容は、適宜追加、削減、変更等される場合があります。

(1) 「Zaiko TV」:音楽、舞台、イベント、お笑い、e スポーツなどの映像作品等を含む各種コンテンツ(以下、総称して「本コンテンツ」といいます。)の配信サービス
(2) 「+アーカイブ」:当社が提供する「ZAIKO」チケット・ライブ配信サービス(以下「『ZAIKO』サービス」といいます。)において配信されたストリーミング映像の視聴可能期間を延長するサービス又は当該延長された期間中ストリーミングを視聴することができる権利(アーカイブ視聴対象。なお、アーカイブ配信期間はコンテンツごとに異なります。)
(3) 「+HDオーディオ」:「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の高音質版の配信サービス又は当該高音質版映像を視聴することができる権利(なお、高音質版の配信の有無はコンテンツごとに異なります。)
(4) 「Zaikoポイント」:当社が、当社の定める条件に従って加入者に対して付与するポイントサービス
(5) その他当社が提供するサービス

  1. 本サービスは、有料のサブスクリプションサービスです。本サービスを利用するためには、本規約に従って、有料サブスクリプションを購入いただくことが必要です。
  2. 本サービスを利用するためには、本規約の他に、基本規約に同意のうえ、「ZAIKO」アカウントの会員登録をしていただく必要があります。
  3. 本サービスの利用に係る契約(以下「利用契約」といいます。)の有効期間は1か月です。加入者が契約期間満了までに当社が定めるキャンセル手続を行わない限り、自動的に利用契約が1か月更新され第10条第3項に基づき利用料が請求されるものとし、以後も同様とします。
  4. 有料サブスクリプションの購⼊の申し込みが完了した場合、当社の責めに帰すべき事由による場合を除き、事由の如何を問わず購⼊の申し込みを撤回又は利用契約の解除をすることはできません。

第2条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、当社のウェブサイト(https://zaiko.io/premium)(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。以下「本サイト」といいます。)への掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。
  2. 加入者は、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスを利用するものとします。

第3条(Zaiko TV)

  1. 加入者は、本規約の定めに従って月額利用料を支払い、かつ本規約を遵守することを条件として、以下のいずれかの視聴環境(以下「本視聴環境」といいます。)において本コンテンツを視聴することができます。加入者の視聴権限は、限定的、非独占的かつ譲渡不可能なものとし、個人的かつ非営利・非商業的目的での利用に限られるものとします。なお、本コンテンツの権利者等による制約及び第三者によるその他の制限又は留意事項等に基づき、加入者は、本視聴環境のいずれかでアクセス可能な特定の本コンテンツが他の本視聴環境ではアクセスできない場合があります。

(1) 本サイト
(2) 当社が許可したアプリケーション又はデバイス等

  1. 本コンテンツの画質・音質等は、本視聴環境やインターネット接続速度等の通信環境その他の要因によって影響を受ける場合があります。また、本コンテンツの権利者等の提供素材等によって、提供可能な本コンテンツの画質・音質等が異なる場合があります。したがって、当社は、本コンテンツの画質・音質等について、何ら保証するものでなく、一切責任を負いません。

第4条(+HDオーディオ及び+アーカイブ)

  1. +HDオーディオ:加入者は、「ZAIKO」サービスにおいて、配信チケットを購入した場合、当該配信チケットの購入代金等及び本サービスの月額利用料の他に追加料金を支払うことなく、「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の高音質版を視聴することができます。なお、+HDオーディオを利用することができるのは、加入者が「ZAIKO」サービスにおいて配信チケットを購入した場合(チケット代金等のお支払が別途必要です。)かつ当該ストリーミング映像が+HDオーディオ対応の配信である場合に限られ、自身が配信チケットを購入していない又は+HDオーディオがオーガナイザーにより設定されていないストリーミング映像については、+HDオーディオは適用されません。
  2. +アーカイブ:加入者は、「ZAIKO」サービスにおいて、配信チケットを購入した場合、当該配信チケットの購入代金等及び本サービスの月額利用料の他に追加料金を支払うことなく又は割引価格で、「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の通常のアーカイブ期間に加えて、延長された期間、ストリーミング映像を視聴することができます。なお、+アーカイブを利用することができるのは、加入者が「ZAIKO」サービスにおいて配信チケットを購入した場合(チケット代金等のお支払が別途必要です。)かつストリーミング映像が+アーカイブ対応の配信である場合に限られ、自身が配信チケットを購入していない又は+アーカイブがオーガナイザーにより設定されていないストリーミング映像については、+アーカイブは適用されません。
  3. 「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の画質・音質等は、本視聴環境やインターネット接続速度等の通信環境その他の要因によって影響を受ける場合があります。また、本コンテンツの権利者等の提供素材等によって、提供可能な本コンテンツの画質・音質等が異なる場合があります。したがって、当社は、「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の画質・音質等について、何ら保証するものでなく、一切責任を負いません。

第5条(Zaikoポイント)

  1. 加入者は、当社が指定するサービスの利用額、利用状況等に応じて、Zaikoポイントの付与を受けることができます。
  2. Zaikoポイントの有効期間は、Zaikoポイントの取得日から起算して6か月とします。有効期間を経過した場合、Zaikoポイントは失効し、利用できなくなります。当社は、ポイントの失効により加入者に損害が生じたとしても、何ら責任を負いません。
  3. Zaikoポイントの付与の対象となるサービス(以下「ポイント付与対象サービス」といいます。)の詳細、Zaikoポイントの付与率その他の条件については、当社が決定し、当社の運営するウェブサイトへの掲載又はその他の方法において告知します。加入者は、自身の本サービスのアカウントページにて現在保有しているZaikoポイントの残高を確認することができます。
  4. 加入者が利用したポイント付与対象サービスに係る取引が何らかの理由によりキャンセルされた場合、当該取引に関して付与されたZaikoポイントは消滅します。
  5. 加入者は、保有するZaikoポイントを、当社所定の条件及び方法に従い、1ポイント=1円として、「ZAIKO」サービスにおいて販売されるチケットやその他当社が指定するサービスの購入、利用に利用することができます。
  6. 加入者は、Zaikoポイントを、第三者に譲渡し、承継し、質入れ等の担保権の設定その他の処分をすることはできません。
  7. 加入者は、Zaikoポイントの換金をすることはできません。また、加入者が第5項の規定に従って利用したZaikoポイントの返還(及び利用したZaikoポイント相当額の返金等)は、当社が任意に必要であると判断する場合を除き一切行いません。ただし、イベントのキャンセル等、加入者の責めによらない事由により返金が発生した場合を除きます。
  8. 加入者が本サービスの利用契約をキャンセルした又は「ZAIKO」アカウントを退会した場合、Zaikoポイントの残高は失効し、Zaikoポイントをご利用することはできなくなります。当社は、当該キャンセルに伴うポイントの失効により加入者に損害が生じたとしても、何ら責任を負いません。なお、キャンセル後に再度本サービスの利用契約を締結した場合も、加入者は、キャンセル前に保有していたZaikoポイントの残高を利用することはできません。
  9. 当社は、システムの保守、通信回線又は通信手段、コンピュータの障害などによるシステムの中止又は中断の必要があると認めたときは、加入者に事前に通知することなく、Zaikoポイントの利用を中止又は中断することができるものとします。
  10. 当社は、加入者が次のいずれかに該当するときは、加入者に事前に通知することなく、加入者が保有するZaikoポイントの全部又は一部について利用を停止し、又はZaikoポイントを失効させることができるものとします。当社は、これにより加入者に生じたいかなる不利益又は損害についても、一切の責任を負いません。

(1) 加入者が不正な方法によりZaikoポイントを取得し、又は不正な方法で取得されたZaikoポイントであることを知って利用した場合
(2) Zaikoポイントが偽造又は変造されたものである場合
(3) 加入者が本規約その他当社の定める他の規約、ガイドライン等に違反した場合
(4) その他当社がZaikoポイントの利用を不適切であると判断した場合

  1. Zaikoポイントの付与又は利用の条件等は、当社の都合により、変更又は廃止することがあります。また、かかる変更又は廃止のために、Zaikoポイントの全部又は一部の利用を停止することがあります。

第6条(知的財産権)

  1. 本サービス及び本コンテンツに関する知的財産権等(「アカウント利用規約」にて定められているのと同一の意味を有します。)は、全て当社又は当社に対して利用を許諾した第三者に帰属するものとし、加入者は、本規約に同意して本サービスを利用したとしても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、なんら本サービス及び本コンテンツに係る知的財産権等の譲渡又は許諾を受けるものではありません。
  2. 当社の商号及びロゴ、本サイト、並びにその他の当社のマーク、グラフィック、ロゴ、スクリプト及びサウンド(以下「当社知的財産権等」といいます。)は、当社が著作権、商標権その他の知的財産権等の権利を有します。加入者は、いかなる場合であっても、当社知的財産権等をコピー、ダウンロード、又はその他の方法で利用することはできません。

第7条(アプリケーション等の利用)
特定の本サービスへのご加入、又は特定の本コンテンツへのアクセスに際して、アプリケーションソフトウェア若しくはその他の素材のダウンロード又は追加の諸条件への同意が必要となることがあります。この場合、かかる追加の諸条件において別途定める場合を除き、かかる追加の諸条件は、本規約の一部を構成し、本規約に組み込まれるものとします。

第8条(停止/中止)
当社は、すべての加入者に関して、いつでも、何らの通知を要さずに、本サービス(本コンテンツ及び 本サービスへのアクセスに使用されるデバイスを含みます。)の全部又は一部を、一時的又は永続的に変更、停止又は中止することができるものとし、加入者は、当社が、当社の裁量において、かかる措置を講じることを予め了承するものとします。また、加入者は、本サービスの変更、停止又は中止につき、当社が加入者に対して何らの責任を負わないことに同意するものとします。

第9条(本視聴環境、インターネット利用料)
本視聴環境及びインターネットを利用することに関して発生する一切の費用は、加入者の負担とします。

第10条(加入及び料金請求)

  1. 本サービスへの加入については、有料サブスクリプションを購入すること(第12条の無料トライアルを利用する場合を含みます。)で、利用契約が成立します。利用契約の契約期間その他の加入状況に関する情報は、本サービスのアカウントページにおいて確認することができます。
  2. 加入者は、当社が別途指定する支払方法の中から自身が選択した支払方法(以下「本支払方法」といいます。)により、当社が別途定める月額利用料を支払うものとします。
  3. 当社は、毎月、加入者の加入日に応答する暦日に、加入者の本支払方法に対して自動的に月額利用料を請求いたします。但し、加入者が、加入者の本支払方法を変更した場合には、かかる変更の結果、加入者への請求日が変更されることがあります。当社は、本サービスの利用料を随時変更することができるものとしますが、変更する場合には、当社は、これらの内容につき電子メール等にて事前に加入者に通知いたします。支払済みの利用料は、理由の如何を問わず、返金されません。

第11条(キャンセル)
加入者が利用契約を終了させるためには、契約期間満了までに当社が定めるキャンセル手続を行う必要があります。加入者が契約期間中に利用契約をキャンセルした場合は、当該期間の利用料は返金されませんが、残りの期間中は継続して本サービスを利用することができます。ただし、保有していたZaikoポイントはキャンセル手続の完了後、直ちに失効します。またZaikoアプリより本サービスに加入した場合、アプリを購入したアプリストアよりキャンセル手続を行う必要があります。

第12条(無料トライアル、割引キャンペーン)

  1. 当社は、特定の条件を満たす加入者に対して、本サービスの無料トライアル(無料お試し)又は割引を提供することができます。無料トライアル・割引に関する具体的な条件は、当社が別途定めるものとします。無料トライアル・割引は、同一の加入者につき1回までとし、万が一、同一の加入者1回を超えて無料トライアル・割引を利用しようとした場合には、当社は、その加入者の無料トライアル・割引の利用を拒否すること、場合によっては、民事的又は刑事的な法律上の責任を追及することができるものとします。加入者の無料トライアル・割引(もしあれば)に関する詳細は、加入者のアカウントにて確認が可能です。
  2. 加入者が、無料トライアル期間・割引期間の終了前に利用契約をキャンセルしない限り、加入者の無料トライアル期間・割引期間を経過した場合、利用契約は、有償又は通常価格の契約内容に自動的に移行するものとします。
  3. 加入者の無料トライアル・割引が終了した旨、及び、加入者の有料での本サービスの利用が開始した旨の通知は行われません。加入者が無料トライアル・割引終了後に継続して本サービスの利用を希望しない場合、加入者は無料トライアル期間・割引期間の最終日までに、第11条に従って本サービスへの加入をキャンセルするものとします。なお、無料トライアル期間・割引期間中に本サービスをキャンセルした場合、直ちに利用契約は終了するものとし、加入者は、本サービスを利用できなくなります。

第13条(第三者商品・サービス)
本サービスへの加入が第三者の製品又はサービスの購入又は代金支払と併せて提供される場合、加入者は、かかる第三者の製品又はサービスの購入又は使用に起因又は関連して生じた一切の不利益又は損害について、当社が加入者に対して責任を負わないことに同意するものとします。

第14条 (損害賠償)

  1. 基本規約の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して当社が負う損害賠償の額は、損害の事由が⽣じた時点から遡って過去1年間に加入者から当社が現実に受領した月額利用料の総額を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等については責任を負わないものとします。
  2. 当社と加入者との関係において消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によって加入者に生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によって加入者に損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第15条(利用地域に関する制限)
加入者は、本サービスが本コンテンツの権利者等が当社に許諾する権利によって制限されていること、本コンテンツの提供地域に関する制限があること、当社が権利を有さない地域又は当社がサービスを提供していない地域からの本コンテンツへのアクセス及びかかるアクセスを目的とした技術の使用が禁止されていることを予め了承するものとします。

第16条(存続条項)
第3条第2項、第4条第3項、第5条第2項及び第10項、第6条、第8条、第10条第3項、第13条、第14条並びに条項の性質に鑑み契約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由を問わず利用契約及び本規約終了後も引き続き効力を有するものとします。

【2020年11月4日制定】
【2022年6 月30日改定】


9. Zaiko Labo(サブスクリプション)利用規約
本規約は、チャンネル提供者(第1条第1項に定めます。)がLabo会員(第1条第3項に定めます。)に対してサブスクリプションを提供するためのプラットフォームサービス「Zaiko Labo」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関して、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)とLabo会員の関係を定めるものです。本サービスの利用にあたっては、本規約の内容を十分にお読みいただき、本規約に同意いただく必要があります。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 「チャンネル提供者」とは、本サービスを利用して、サブスクリプションを提供する者をいいます。
(2) 「チャンネル」とは、チャンネル提供者が提供するサブスクリプションサービスをいいます。
(3) 「Labo会員」とは、本サービスにおいて、チャンネルを購入した利用者をいいます。

第2条(利用規約の適用)

  1. チャンネル提供者が提供する個々のチャンネルは、有料のサブスクリプションサービスです。各チャンネルを利用するためには、本規約に従って、有料サブスクリプションを購入してチャンネル登録をすることが必要です。
  2. 本サービスを利用するためには、本規約の他に、基本規約に同意のうえ、「ZAIKO」アカウントの会員登録をしていただく必要があります。

第3条(チャンネルの提供)

  1. 各チャンネルは、チャンネル提供者によって、Laboのシステムを通じてLabo会員に提供されます。各チャンネルは、各チャンネル提供者の責任で提供、運営されているものであり、当社は、各チャンネルについて、明示・黙示問わず一切責任を負わず、何らの保証も行いません。Labo会員は、チャンネルに関する問い合わせを行う場合は、直接各チャンネル提供者に対して行うものとします。
  2. 各チャンネルで提供されるサービスの内容(アーカイブ視聴の可否や期間、イベントのチケットのディスカウントの有無等、提供されるコンテンツの種類及び数等を含みますが、これらに限られません。)、制限事項(サービス提供地域に関する制限、年齢等に関する制限を含みますが、これらに限られません。)、利用条件等(以下、総称して「制限事項・利用条件等」といいます。)は、チャンネル毎に異なります。Labo会員はチャンネルの利用に先立ち、各チャンネルのサービス画面上で表示される制限事項・利用条件等を含むサービスの詳細について確認するものとし、当該制限事項・利用条件等に同意してサービスを利用するものとします。また、チャンネル提供者は、各チャンネルにおいて提供されるサービスの内容をいつでも変更できるものとします。
  3. チャンネル登録により、Labo会員は、当該チャンネルにおいて提供されるコンテンツを、個人的かつ非営利・非商業的目的に限って利用する権限(以下「コンテンツ利用権」といいます。)を有するものとします。Labo会員は、コンテンツ利用権を第三者や他のアカウントに譲渡、承継、再許諾その他の処分をすることはできません。
  4. チャンネルで提供されるコンテンツに関する「バックナンバー」や「アーカイブ視聴」等の表記は、過去に提供された全てのコンテンツの提供を保証するものではありません。

第4条(サブスクリプションの自動更新)

  1. 各チャンネルの利用に係る契約(以下「利用契約」といいます。)の有効期間は以下のとおりです。なお、各期間の起算日はチャンネル登録申込みの当日から起算するものとします。

(1) 次条第1項第1号に定める月額払いの場合:1か月
(2) 次条第1項第2号に定める12ヶ月まとめ払いの場合:1年間

  1. Labo会員が契約期間満了までに当社が定める解約手続を行わない限り、利用契約は自動的に同一期間更新され、以後も同様とします。

第5条(利用料金)

  1. Labo会員は、チャンネル提供者が定める以下の「月額払い」、「12ヶ月まとめ払い」のいずれかの支払い方法により、各チャンネルのサブスクリプション利用料金を支払うものとします。チャンネル提供者が「月額払い」、「12ヶ月まとめ払い」両方の支払いオプションを提示する場合、Labo会員は自らの選択にしたがい、いずれかを選択することができます。

(1) 月額払い
チャンネル毎に設定されている月額の利用料金が課金されます。利用料金は、チャンネル登録申込日から翌月の応当日前日までの1か月単位の支払いであり、お申込日に1か月分をお支払いいただきます。更新日の前日までに所定の方法により解約されない限りサブスクリプションは自動更新され、更新期間の初日に1か月分の料金をお支払いいただきます。

(2) 12ヶ月まとめ払い
チャンネル毎に設定されている年額の利用料金が課金されます。利用料金は、チャンネル登録申込日から翌年の応当日前日までの1年単位の支払いであり、お申込日に1年分をお支払いいただきます。利用期間満了の1か月前までに所定の方法により解約されない限りサブスクリプションは自動更新され、更新期間の初日に1年分の料金をお支払いいただきます。

  1. 利用契約の有効期間内に、次条第2項に定める方法により、Labo会員が利用契約の解約手続を行った場合には、利用期間満了日まで引き続き当該チャンネルを利用することができます。Labo会員が利用期間の途中で利用契約の解約手続を行った場合も、残りの利用期間について返金は行われないものとします。
  2. 利用契約の有効期間内に、チャンネル提供者の責めに帰すべき事由により利用契約が終了する場合(これには当該チャンネルのアーティストの活動休止や解散によるチャンネルの終了が含まれますが、これらに限定されません。)、支払い済みのチャンネル利用料金の返金についてはチャンネル提供者が決定、処理を行うものとし、当社は一切責任を負いません。

第6条(Labo会員による解約)

  1. Labo会員は、本規約にて定めのある場合を除き、自己の都合により、利用契約に関して、申込みの撤回又は解除を行うことはできません。
  2. Labo会員は、以下のいずれかの期日(以下「解約期日」といいます。)までに、所定の方法により利用契約の自動更新を停止して、利用契約を解約することができます。

(1) 利用料金が月額払いの場合:更新日の前日
(2) 利用料金が12ヶ月まとめ払いの場合:利用期間満了の1か月前

  1. 前項に基づき、Labo会員が利用契約を解約した場合は、利用契約は自動更新されず、利用期間満了日において終了するものとします。Labo会員は、利用期間満了日まで引き続き当該チャンネルを利用することができます。

第7条(利用の終了)
以下各号の場合には、コンテンツ利用権は消滅します。また、Labo会員がチャンネル登録を解除した場合には、該当するチャンネルについてのチャンネル登録者限定のコンテンツに係るコンテンツ利用権は消滅します。当社はこれに対して何等の賠償・補償をする義務も負いません。

(1) 利用者が「ZAIKO」アカウントから退会した場合
(2) 該当するチャンネルに関する利用契約が終了した場合
(3) 当社によりアカウント停止・退会処分等が行われた場合
(4) チャンネル提供者が該当するコンテンツを削除した場合
(5) チャンネルの提供が終了した場合

第8条(利用停止)

  1. Labo会員が基本規約又は本規約に違反する行為を行ったときには、当社は、当該Labo会員に対するサブスクリプションサービスの一部又は全部の提供を制限する場合や、当該Labo会員によるチャンネルの利用を終了させる場合があり、Labo会員はこれにあらかじめ同意するものとします。
  2. 前項に基づきチャンネルの利用が終了した場合であっても、当該Labo会員がチャンネルに関して支払った利用料金はその理由を問わず一切返金されないものとします。

第9条(知的財産権等)
本サービス並びに個々のチャンネル及びコンテンツに関する知的財産権等は、全て当社若しくは当社に対して利用を許諾した第三者又はチャンネル提供者その他の第三者に帰属するものとし、加入者は、本規約に同意して本サービスを利用した場合においても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、なんら本サービス並びに個々のチャンネル及びコンテンツに係る知的財産権等の譲渡又は許諾を受けるものではありません。

第10条(アプリケーション等の利用)
特定の本サービスへのご加入、又は個々のチャンネル及びコンテンツへのアクセスに際して、アプリケーションソフトウェア若しくはその他の素材のダウンロード又は追加の諸条件への同意が必要となることがあります。この場合、かかる追加の諸条件において別途定める場合を除き、かかる追加の諸条件は、本規約の一部を構成し、本規約に組み込まれるものとします。

第11条(利用規約の変更)
当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更又は追加できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、当社の運営するウェブサイト(https://zaiko.io(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。))への掲載又はその他の方法において周知されるものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。

第12条(存続条項)
第3条第1項、第5条第3項、第6条、第7条、第8条、第9条、本条並びに条項の性質に鑑み契約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由を問わず利用契約及び本規約終了後も引き続き、効力を有するものとします。

【2020年11月18日制定】
【2022年6月30日改定】


10. Digitama利用規約(利用者向け)
この規約(以下「本規約」といいます。)は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサービス「Digitama」(以下「本サービス」といいます。)の利用者(第1条第6号に定めます。)による利用に関する条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1)「本サイト」
当社の運営するウェブサイト(https://zaiko.io/)(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。)をいいます。

(2)「本商品」
本サービスを通じて販売される(i)本コンテンツ(以下に定義します。)の利用権(以下「非NFT本商品」といいます。)並びに(ii)本コンテンツの利用権及び本コンテンツに組み合わされたNFT(Non-Fungible Token)の総体(以下「NFT本商品」といいます。)をいいます。

(3)「本コンテンツ」
本サービスにおいて本商品の購入者が視聴・鑑賞することのできる画像、動画、音声、音楽その他のコンテンツをいいます。

(4)「本マーケット」
本商品の取引を行う、当社が運営するプラットフォームをいいます。

(5)「クリエイター」
本コンテンツに係る権利を保有し、最初に本サービス上で本商品を販売する者をいいます。

(6)「利用者」
本サービスを利用する者(クリエイターを除きます。)をいいます。

(7)「出品者」
本サービスを通じて本商品を出品する利用者をいいます。

(8)「購入者」
本サービスを通じて本商品を購入する利用者をいいます。

(9)「知的財産権等」
著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、著作隣接権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)、肖像権、パブリシティ権及びアイデア・ノウハウ等をいいます。

第2条(本規約の適用)

  1. 本規約は、当社と利用者との間の本サービスの提供に関わる一切の関係に適用されます。利用者は、本規約に同意しない限り本サービスを利用することができません。
  2. 当社が本サイト上で掲載する本サービスの利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第3条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サイトへの掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。
  2. 利用者は、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスを利用するものとします。

第4条(登録)
本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。登録希望者は、本サービスの利用に際し、基本規約に同意のうえ、別途、「ZAIKO」アカウントの会員登録が必要です。「ZAIKO」アカウントへのログイン情報を利用して本サービスにログインすることをもって、利用者と当社との間で本規約を内容とする本サービスの利用契約が成立します。

第5条(アカウントの管理)

  1. 利用者は、自己の責任において本サービスの利用に係るアカウント(以下「本アカウント」といいます。)を管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買その他の処分をしてはなりません。当社が付与した本アカウントにより本サービスが利用されたときは、付与対象の利用者以外の第三者等による利用であった場合であっても、当該アカウントを保有するものとして登録された利用者が本サービスを利用したものとみなされます。
  2. 本アカウントの管理不十分又は第三者の使用等により利用者に損害が生じた場合、当該損害に関する責任は利用者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  3. 利用者は、本アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第6条(外部サービスの利用)

  1. 利用者は、利用者が保有する外部サービス(Twitter、LINEを含みますが、これらに限られません。)のアカウントに登録された情報を、本サービスの登録及び認証のために利用することができる場合があります。この場合、利用者は、当社に対し、当社が外部サービスから個人情報を含む登録された情報を取得することに同意するものとします。
  2. 前項に定める場合その他本サービスの利用にあたり利用者が外部サービスの機能を利用する場合、利用者は、本規約のほか、当該外部サービスの定める利用規約その他の条件に従うものとします。
  3. 外部サービスの利用については、当該外部サービスを提供する第三者が責任を負うものとし、当社は外部サービスについていかなる保証も行いません。

第7条(本サービスの内容)

  1. 利用者は、本サービスを利用して本商品の購入及び出品を行うことができます。本商品は、本マーケット上でのみ購入及び販売することができます。本商品の種類(NFT本商品又は非NFT本商品)は、クリエイターの選択によって決定され、利用者がこれを選択することはできません。また、本商品の種類を購入後に変更することもできません。
  2. 購入者は、本商品を購入後、本規約の定めに従って本商品を第三者に譲渡するまでの間、本サービス上で本規約その他当社が定めるところに従って、本コンテンツを利用する権限を保有します。但し、利用者が「ZAIKO」アカウント又は本サービスの会員を退会した場合、利用者は本コンテンツの利用権限を喪失し、本サービスの利用を行うことができなくなります。その場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 出品者は、当社が別途指定する方法により、本商品を出品するものとします。購入者は、クリエイター又は出品者から、本商品を購入することができます。なお、本商品の保有履歴(これには購入者の表示名(利用者が設定する、利用者を特定するために対外的に表示される名称)が含まれます。)は第三者が閲覧することができるものとし、利用者は、本規約への同意をもって、予めこれに同意するものとします。
  4. 当社は、本サービスを通じて、本商品に係る契約締結の場及び機会を提供し、本商品の購入者に本コンテンツの利用権を付与するにすぎず、本商品の販売に係る契約の当事者にはなりません。クリエイター又は出品者と購入者との間で、取引条件(商品代金額を含みますが、これに限られません。以下同じとします。)に関する双方の意思が合致したときに、クリエイター又は出品者及び購入者間の本商品の販売に係る売買契約(本商品の利用権等の取得に対する対価支払等を内容とする契約)が成立するものとします。
  5. 前項の定めにかかわらず、当社は、次条第4項に定める商品代金について、設定可能な取引価額の範囲を定めることがあります。この場合、出品者及び購入者は、当該範囲内の取引価額で本商品の取引を行うものとします。
  6. 本商品の売買契約に関して、クリエイター又は出品者と購入者との間に生じた一切の紛争又はトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。また、クリエイターが購入者に対し、特典を提供する場合がありますが、当該特典の提供に関する一切の紛争又はトラブルについても、当社は一切の責任を負いません。

第8条(出品)

  1. 出品者は、本サービスにおいて本商品を販売する場合、当社が別途指定する手数料を支払うものとします。
  2. 出品者は、本商品の売買契約成立後は、当該売買契約をキャンセル(意思表示の撤回、取消し又は解除を含みます。以下同じとします。)することはできないものとし、法律に定めがある場合を除き、いかなる理由があっても成立した取引の無効又は取消しを主張しないものとします。
  3. 出品者が本サービスを利用して出品できる本商品は、過去に本サービス上で本コンテンツを用いて作成(生成)・販売された本商品に限られます。
  4. 出品者は、当社に対し、本商品の代金(以下「商品代金」といいます。)について、出品者に代わって代理受領する権限を付与するものとします。出品者は、その名目及び方法を問わず、購入者から商品代金を収受してはならないものとします。
  5. 当社は、前項により代理収受した商品代金について、当社が別途指定する手数料を控除のうえ、当社が別途定める期日限り、出品者が指定する口座に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が、銀行の休業日の場合は、その前日を支払日とします。
  6. 前項の支払に係る振込手数料は、出品者が負担するものとします。
  7. 出品者は、本商品を宣伝・広告する場合、日本法の法令において本商品(NFT本商品を含みます。)が所有権の対象となるものではないことに留意し、購入者に対し、この点に関する誤解を生じさせるおそれのある文章、表現、イラスト、図表等を用いてはならないものとします。

第9条(購入)

  1. 購入者は、本サービス上でクリエイター又は出品者との間で合意した取引条件で本商品を購入するものとします。
  2. 購入者は、クリエイター又は出品者から商品代金の代理受領権限を付与された当社に対して、当社が別途指定する期日までに商品代金を支払うものとします。当社が商品代金を受領した時点で、購入者がクリエイター又は出品者に対して負う当該商品代金に関する債務は弁済により消滅します。購入者は、商品代金をクリエイター又は出品者に直接支払ってはならないものとします。
  3. 購入者は、本商品の売買契約成立後は、当該売買契約をキャンセルすることはできないものとし、法律に定めがある場合を除き、いかなる理由があっても成立した取引の無効又は取消しを主張しないものとします。
  4. 商品代金の支払に係る各種手数料は、購入者が負担するものとします。

第10条(商品販売に関する責任)

  1. 本商品の販売に関して、クリエイターと購入者又は出品者と購入者その他利用者と第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブル(利用者同士の紛争又はトラブルを含みます。)は、利用者の費用及び責任において解決するものとし、当社は、一切責任を負わないものとします。
  2. 前項に掲げる本商品の販売に関する紛争又はトラブルに起因し、当社が当該紛争又はトラブルを解決するために必要となる費用(解決金や、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、利用者は、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に係る費用は利用者が負担するものとします。

第11条(禁止事項)
利用者が本サービスを利用せずに本商品に関する売買契約を締結すること(本サービスを利用せずに出品者又は購入者と直接交渉を行うことや、外部のオークションサイトに本商品を出品することを含みますが、これらに限られません。)は一切禁止いたします。そのほか、利用者は、基本規約において定められた禁止行為も行ってはならないものとします。

第12条(知的財産権等)

  1. 本サービス及び本コンテンツに係る知的財産権等は、全て当社又は当社に対して利用を許諾した第三者に帰属するものとし、利用者は、本規約に同意して本サービスを使用したとしても、本サービスの利用権を取得及び保有するにすぎず、知的財産権の譲渡又は許諾を受けるものではありません。
  2. 利用者は、本規約で明示的に許諾された権利を除き、前項に定める知的財産権等に関するいかなる権利や利益をも取得するものではありません。

第13条(保証の否認及び免責)

  1. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスの継続的な利用の可能性について、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
  2. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスが利用するシステム(ブロックチェーンシステム・プラットフォーム等を含みますが、これらに限られません。)の不具合やそれに伴う事故により発生した一切の損害に関して、本規約に別段の定めのある場合を除き、何ら責任を負いません。
  3. 基本規約の定めにかかわらず、当社が利用者に対して負う損害賠償責任の額は、損害発生時の直前の利用者の本商品の取引に係る商品代金の額を上限とするものとします。
  4. 当社と利用者との関係について消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によって利用者に生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によって利用者に損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第14条(存続規定)
本規約に関する当社と利用者との間に成立する契約の終了(終了事由の如何を問いません。)後も、第5条第2項、第6条第3項、第7条第6項、第10条、第11条、第12条、第13条、本条及び契約の終了後も適用されると合理的に解釈される条項は、有効に存続するものとします。

【2021年8月11日制定】
【2022年6月30日改定】
【2022年8月24日改定】


11. Digitama利用規約(クリエイター向け)
この規約(以下「本規約」といいます。)は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサービス「Digitama」(以下「本サービス」といいます。)のクリエイター(第1条第6号に定めます。)による利用に関する条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1)「本サイト」
当社の運営するウェブサイト(https://zaiko.io/)(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。)をいいます。

(2)「本商品」
本サービスを通じて販売・譲渡等される(i)本コンテンツ(以下に定義します。)の利用権(以下「非NFT本商品」といいます。)並びに(ii)本コンテンツの利用権及び本コンテンツに組み合わされたNFT(Non-Fungible Token)の総体(以下「NFT本商品」といいます。)をいいます。

(3)「本コンテンツ」
本サービスにおいて本商品の購入者が視聴・鑑賞することのできる画像、動画、音声、音楽その他のコンテンツをいいます。

(4)「本素材」
クリエイター(以下に定義します。)が権利を有しており又は権利者から許諾を受けている画像、動画、音楽その他のコンテンツで、本コンテンツの素材としてクリエイターが当社に提供するものをいいます。

(5)「本マーケット」
本商品の取引を行う、当社が運営するプラットフォームをいいます。

(6)「クリエイター」
本コンテンツに係る権利を保有し、最初に本サービス上で本商品を販売する者をいいます。

(7)「利用者」
本サービスを利用する者(クリエイターを除きます。)をいいます。

(8)「出品者」
本サービスを通じて本商品を出品する利用者をいいます。

(9)「購入者」
本サービスを通じて本商品を購入する利用者をいいます。

(10)「本件保有者」
本商品を本マーケットにおいて正当に取得し利用する権利を保有する者をいい、本商品をクリエイターから直接取得した者及び当該取得者からの譲受人を含みますが、これらに限られません。

(11)「知的財産権等」
著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、著作隣接権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)、肖像権、パブリシティ権及びアイデア・ノウハウ等をいいます。

第2条(本規約の適用)

  1. 本規約は、当社とクリエイターとの間の本サービスの提供に関わる一切の関係に適用されます。クリエイターは、本規約に同意しない限り本サービスを利用することができません。
  2. 当社が本サイト上で掲載する本サービスの利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第3条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サイトへの掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。
  2. クリエイターは、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスを利用するものとします。

第4条(本規約の目的・対象及び登録)

  1. 本規約は、クリエイターが当社に対し、NFTと組み合わせることなく、又はNFTと組み合わせる目的で当社が本素材を利用することを許諾し、本素材を利用して作成された本商品が販売等されることを目的とします。
  2. 本規約に基づくクリエイターの当社に対する権利許諾の期間(以下「本件ライセンス期間」といいます。)は、本コンテンツに係るすべての著作権、肖像権、パブリシティ権その他の権利が存続する期間とし、また、本規約に基づくクリエイターの当社に対する権利許諾の対象地域(以下「本件対象地域」といいます。)は全世界とします。
  3. 本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。登録希望者は、本サービスの利用に際し、基本規約に同意のうえ、別途、「ZAIKO」アカウントの会員登録が必要です。「ZAIKO」アカウントへのログイン情報を利用して本サービスにログインすることをもって、クリエイターと当社との間で本規約を内容とする本サービスの利用契約が成立します。

第5条(アカウントの管理)

  1. クリエイターは、自己の責任において本サービスの利用に係るアカウント(以下「本アカウント」といいます。)を管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買その他の処分をしてはなりません。当社が付与した本アカウントにより本サービスが利用されたときは、付与対象のクリエイター以外の第三者等による利用であった場合であっても、当該アカウントを保有するものとして登録されたクリエイターが本サービスを利用したものとみなされます。
  2. 本アカウントの管理不十分又は第三者の使用等によりクリエイターに損害が生じた場合、当該損害に関する責任はクリエイターが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  3. クリエイターは、本アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第6条(外部サービスの利用)

  1. クリエイターは、クリエイターが保有する外部サービス(Twitter、LINEを含みますが、これらに限られません。)のアカウントに登録された情報を、本サービスの登録及び認証のために利用することができる場合があります。この場合、クリエイターは、当社に対し、当社が外部サービスから個人情報を含む登録された情報を取得することに同意するものとします。
  2. 前項に定める場合その他本サービスの利用にあたりクリエイターが外部サービスの機能を利用する場合、クリエイターは、本規約のほか、当該外部サービスの定める利用規約その他の条件に従うものとします。
  3. 外部サービスの利用については、当該外部サービスを提供する第三者が責任を負うものとし、当社は外部サービスについていかなる保証も行いません。

第7条(本商品の制作・販売業務の委託及び独占的ライセンス)

  1. クリエイターは、当社に対し、本件ライセンス期間中、本件対象地域において、本素材又は本素材を基に作成されたコンテンツ(本コンテンツ又はこれと実質的に類似するコンテンツを含みます。)をデジタル資産(NFT等のブロックチェーン技術又はこれに類似する技術を利用して作成されるデジタル資産を含みます。以下本条において同じとします。)と組み合わせて又は組み合わせることなく本商品を制作する業務(ただし、当該業務については第8条第1項第2号の場合に限ります。)、本商品の販売等取引代行業務及び本商品のマーケット上での流通に関する業務を独占的に委託するものとし、当社はこれを受託します。
  2. クリエイターは、当社に対し、本件ライセンス期間中、本件対象地域において、本素材をデジタル資産と組み合わせるための権利(本素材を修正、変更等した上で組み合わせる行為を含みます。ただし、当該権利についてはNFT本商品を販売する場合に限ります。)、本商品を第三者に販売・譲渡等するための権利(本コンテンツを本件保有者に利用させることを含みます。)及び本商品を宣伝・広告することに関連して、必要な範囲で、本コンテンツを複製、翻案、展示、公衆送信その他一切の利用を行うための権利並びにこれらの権利を第三者に非独占的に再許諾するための権利を、独占的に付与するものとします。
  3. クリエイターは、本件ライセンス期間中、自ら又は当社以外の第三者をして、本素材又はこれと実質的に類似するコンテンツを、当社の事前の書面(PDF、電子メールその他の電子・電磁的方法を含みます。)による承諾を得ずに、本サービス以外において、有償又は無償であるか問わず、以下の各号に定める方法で自ら利用し、又はこれらと実質的に類似する行為を自ら行ってはならず、かつ第三者に行わせてはならないものとします。ただし、本商品を宣伝・広告するために、クリエイターが本素材を利用する場合はこの限りではありません。また、疑義を避けるために付言すると、クリエイターが本素材を、自己のウェブサイトに掲載したり、出版物・印刷物等の有体物に印刷して利用したりするなど、前項に基づく独占的な許諾の対象に含まれない行為を行うことは制限されません。

(1) クリエイターがNFT本商品を販売する場合:デジタル資産に組み合わせるために複製・翻案し、デジタル資産に組み合わせて第三者に譲渡し、もしくは第三者に対し当該譲渡の申し出をし、又は第三者に対する当該譲渡のために複製・展示・公衆送信等の形態で利用すること
(2) クリエイターが非NFT本商品を販売する場合:本素材又はこれと実質的に類似するデジタルコンテンツが販売又は取引されること(これには一次販売のみならず、二次販売等、転々流通されることを含みます。)が想定されるマーケット又はサービス(電子的・電磁的方法により購入者に提供されるものに限り、有体物の形で取引されるものは含みません。)において、第三者に譲渡し、もしくは第三者に対し当該譲渡の申し出をし、又は第三者に対する当該譲渡のために複製・展示・公衆送信等の形態で利用すること

  1. クリエイターは、本件ライセンス期間中及び本件ライセンス期間終了後も、本商品に関して、当社又は当社が指定する第三者(本商品の保有者を含みます。)に対し、本素材に係る著作者人格権、実演家人格権その他の人格権を行使せず、また、クリエイターに許諾した第三者をしてこれらの権利を行使させないものとします。

第8条(本コンテンツの制作)

  1. 本コンテンツの制作は、以下のいずれかの方法により行われるものとします。

(1) 当社が提供する本コンテンツ作成のためのツールを使用してクリエイター自身が本素材を基に本コンテンツを制作する方法
(2) 当社がクリエイターから提供を受けた本素材を基に本コンテンツを制作する方法

  1. 第1項第1号の方法により本コンテンツを制作する場合、クリエイターは、別途当社が定める方法(本素材のファイル形式その他本素材の提供方法等を含みます。)により、当社に対し本コンテンツのデータを提供するものとします。
  2. 第1項第2号の方法により本コンテンツを制作する場合、クリエイターは、当社に対し、クリエイターが自己の責任及び費用負担において選択した本素材を、当社の別途指定する方法(本素材のファイル形式その他本素材の提供方法等を含みます。)により、当社に提供するものとします。
  3. 第1項第2号の方法により本コンテンツを制作する場合、当社は、クリエイターから提供を受けた本素材を基に、これに修正、変更等を加えて本コンテンツを作成します。当社は、本コンテンツの作成後、遅滞なく、本コンテンツのサンプルをクリエイターに交付します。

第9条(本商品の作成、販売・譲渡等)

  1. 当社は、本サービスを通じて、本商品に係る契約締結の場及び機会を提供し、本商品の購入者に本コンテンツの利用権を付与するにすぎず、本商品の販売に係る契約の当事者にはなりません。クリエイターと購入者との間で、取引条件(商品代金額を含みますが、これに限られません。以下同じとします。)に関する双方の意思が合致したときに、クリエイター及び購入者間の本商品の販売に係る売買契約(本商品の利用権等の取得及び保有に対する対価支払等を内容とする契約)が成立するものとします。
  2. 本商品は、本マーケットにおいて販売・譲渡等されるものとします。当社は、本商品の販売・譲渡等に関して、設定可能な取引価額の範囲を定めることができるものとし、クリエイターは、当該範囲内の取引価額で本商品の販売・譲渡等が行われることを予め承諾するものとします。
  3. クリエイターが本商品の販売を決定した場合、クリエイターは、当社の別途指定する方法により、本商品の販売価格又は価格の決定方法を指定するものとします。また、クリエイターは、本商品の種類(NFT本商品又は非NFT本商品)を選択するものとします。なお、クリエイターが選択した本商品の種類は、あとから変更することができません。
  4. 当社は、クリエイターの委託に基づき、前項に基づきクリエイターが指定した販売価格又は価格の決定方法によって、本商品の販売に関する事務(販売に関する本件保有者その他の第三者との間の契約の締結を含みます。)を行うものとします。
  5. 本マーケット上で、本商品の販売に関する購入者との間の売買契約(以下「本件販売契約」といいます。)が締結された場合、当社は、クリエイターの選択したところに従い、本マーケットで発行されるNFTと本コンテンツを組み合わせ又は組み合わせることなく、本商品を作成し、本件販売契約の購入者に本商品を交付します。
  6. 本件販売契約に関して、クリエイターと購入者との間に生じた一切の紛争又はトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。
  7. クリエイターは、本商品を宣伝・広告する場合、日本法の法令の下において本商品(NFT本商品を含みます。)が所有権の対象となるものではないことに留意し、購入者に対し、この点に関する誤解を生じさせるおそれのある文章、表現、イラスト、図表等を用いてはならないものとします。

第10条(権利帰属)
本コンテンツ及び本商品に係る著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます。)その他一切の権利は、クリエイター及び当社の(準)共有に属するものとします。なお、疑義を避けるために付言しますと、本素材の権利はクリエイター又はクリエイターに権利許諾する権利者に引き続き留保されます。

第11条(本件保有者による本商品の利用)

  1. クリエイター及び当社は、本件保有者に対し、本件保有者が本商品を第三者に譲渡すること及び本商品の宣伝広告の目的で本商品を複製し、展示し又は公衆送信することを許諾するものとします。クリエイター及び当社は、これらの利用について、本件保有者に対し、本コンテンツ及び本商品に係る著作者人格権、実演家人格権その他の人格権を行使しないものとします。
  2. クリエイターは、本件ライセンス期間中及び本件ライセンス期間終了後も、本件保有者による本商品の譲渡その他の取引に関して、本件保有者に対し、本素材に係る著作者人格権、実演家人格権、肖像権その他の人格権及びパブリシティ権を行使せず、また、クリエイターに権利許諾した第三者をしてこれらの権利を行使させないものとします。

第12条(報酬・ライセンス料等の受領)

  1. 下記に定める本商品の取引に係る収入(これらには、クリエイター及び当社が本コンテンツ及び本商品に関して有する権利の許諾に対する許諾料が含まれるものとします。)は、クリエイターの委託に基づき、当社が本サービスの利用者から代理受領するものとし、本サービスの利用者がクリエイターに対して負う当該収入に係る債務は当社が当該代理受領をした時点で弁済により消滅します。

(1) クリエイターの委託に基づき当社が行う本商品の販売・譲渡等の対価(以下「販売対価」といいます。)
(2) 本件保有者が他の利用者に本商品を譲渡した際に、譲渡人たる本件保有者から収受する販売・譲渡手数料(以下「譲渡手数料」といいます。)

  1. 当社は、前項第1号に基づき受領した販売対価(税込)から、当社が別途定めるNFTの発行に要する費用(NFT本商品の場合)、本コンテンツを制作するために必要な費用、本商品の宣伝広告費等の費用(以下「控除対象経費」といいます。)を控除した残額から、当社が別途指定する委託手数料を控除し、残額をクリエイターに支払うものとします。
  2. 当社は、第1項第2号に基づき受領した譲渡手数料のうち、当社が別途指定する委託手数料として控除し、残額をクリエイターに支払うものとします。
  3. 前二項に定める委託手数料には、本規約に基づきクリエイターが当社に委託した全ての業務に対する報酬が含まれるものとします。また、前二項に基づく当社のクリエイターに対する支払には、本規約に基づく一切の権利移転、権利許諾及び権利不行使の対価が含まれるものとします。
  4. 当社は、第2項及び第3項の定めに従い、当社が別途定める期日限り、クリエイターに対し、当該金額をクリエイターが別途指定する銀行口座に振り込む方法により支払うものとします。支払に係る振込手数料は、クリエイターが負担するものとします。
  5. 前項の支払に係る支払額が、クリエイターの負担する振込手数料の額以下である場合、当社は、当社が別途定める次回支払期日まで当該支払を留保することができるものとします。また、次回以降の支払についても、支払額の合計額(当初支払期日以降に発生した支払分を含みます。)がクリエイターの負担する振込手数料の額以下である場合、同様に支払を留保することができるものとします。
  6. 前項の支払の留保は、当社のクリエイターに対する支払の発生原因である取引の決済完了日から最大で90日間までとします。90日間経過時点で、その時点までに発生した、留保されている支払額の合計がクリエイターの負担する振込手数料の額以下である場合、90日間を経過した取引に係る支払債務は、クリエイターの負担する振込手数料債務と相殺することにより、失効(消滅)するものとします。

第13条(表明保証及び権利の維持)

  1. クリエイターは、本件ライセンス期間中、本件対象地域において、本素材に係る著作権、著作者人格権、肖像権、パブリシティ権、原盤権、シンクロ権、著作隣接権(私的録音録画補償金請求権、二次使用料請求権、報酬請求権を含みます。)その他一切の権利(将来法令の改正によって付与される権利を含みます。)を適法に有しており、又はこれらの権利を適法に有する者から許諾を受けていること並びに本契約に基づく本素材の利用が第三者との間の契約に違反するものでないことを表明し、保証するものとします。万一、本素材に関して第三者からの権利主張その他のクレームを受けた場合、クリエイターは、自己の費用及び責任において、これを解決するものとし、当社が損害を被った場合には、当社が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  2. クリエイターは、本商品の販売・譲渡を行うにあたって、本件保有者に対し特典を提供する場合、当該特典に含まれる画像、動画、音楽その他一切のコンテンツ素材に係る著作権、著作者人格権、肖像権、パブリシティ権、原盤権、シンクロ権、著作隣接権(私的録音録画補償金請求権、二次使用料請求権、報酬請求権を含みます。)その他一切の権利(将来法令の改正によって付与される権利を含みます。)を適法に有しており、又はこれらの権利を適法に有する者から許諾を受けていることを表明し、保証するものとします。万一、当社が特典に係るコンテンツ素材に関して第三者からの権利主張その他のクレームを受けた場合は、前号と同様とします。
  3. クリエイターは、著作者、実演家、肖像を有する者その他の第1項に定める権利処理に関する利害関係人(所属タレント、アーティスト、イラストレーター、グラフイックデザイナー、選手などを含みますが、これらに限られません。)が、クリエイターとの間で締結した当該権利処理に係る条項を含む契約その他の合意が解除され、期間満了により終了し又は第三者に承継されるなどの事態(所属タレント、アーティスト、イラストレーター、グラフイックデザイナー、又は選手の移籍、脱退又は引退等を含みますが、これらに限られません。)が生じた場合、速やかに当社に報告し、自己の費用と責任において、本件ライセンス期間における本商品の流通を阻害することがないよう、処理するものとします。
  4. クリエイターは、第三者が本素材に係る著作権、肖像権、パブリシティ権、原盤権、シンクロ権、著作隣接権(私的録音録画補償金請求権、二次使用料請求権、報酬請求権を含みます。)その他の知的財産権(将来法令の改正によって付与される権利を含みます。)を侵害し又は侵害するおそれがあることを発見したときは、速やかに当社に報告し、自己の費用と責任において当該侵害の排除又は予防のために適切な措置を講じるものとします。

第14条(保証の否認及び免責)

  1. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスの継続的な利用の可能性について、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
  2. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスが利用するシステム(ブロックチェーンシステム・プラットフォーム等を含みますが、これらに限られません。)の不具合やそれに伴う事故により発生した一切の損害に関して、本規約に別段の定めのある場合を除き、何ら責任を負いません。
  3. 基本規約の定めにかかわらず、当社がクリエイターに対して負う損害賠償責任の額は、クリエイターが損害発生時の直前1年間に当社に支払った委託手数料の総額を上限とするものとします。
  4. 当社とクリエイターとの関係について消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によってクリエイターに生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってクリエイターに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第15条(本サービスの利用終了後の措置)

  1. クリエイターが本サービスの利用を終了(終了事由の如何を問いません。以下同じとします。)した場合であっても、本契約の定めに基づくクリエイターの本素材に関する許諾並びに本規約の定めに基づくクリエイター及び当社の本コンテンツ及び本商品に関する権利許諾及び権利の不行使は、本件ライセンス期間中引き続き有効に存続するものとし、本件保有者は、これを他の者に譲渡等することができ、クリエイター及び当社は、これに一切異議を述べないものとします。
  2. 前項の規定により本サービスの利用終了後に販売・譲渡された本商品の取引に係る収入に関しては、引き続き本規約の定めに従い、当社がこれを受領し、委託手数料を控除のうえクリエイターに支払うものとします。
  3. 本規約に関する当社とクリエイターとの間に成立する契約の終了後も、第5条第3項、第6条第3項、第7条第4項、第9条第6項、第10条、第12条第6項及び第7項、第13条、第14条、本条並びに契約の終了後も適用されると合理的に解釈される条項は、有効に存続するものとします。

【2022年6月30日制定】
【2022年8月17日改定】

 

12. ONEFANサービス利用規約
この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサービス「ONEFAN」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。
なお、以下に定めるクリエイター(第1条第3号に定めます。)となる利用者の皆様については、第1章、第2章及び第4章の規定が、ファン(第1条第4号に定めます。)となる利用者の皆様については、第1章、第3章及び第4章の規定が適用されます。

第1章 共通条項
本章に定める規定は、クリエイター及びファンによる本サービスの利用について、共通に適用されます。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1)「利用者」
本サービスの利用者(クリエイター及びファン)をいいます。

(2)「本サブスクリプション」
本サービスを利用してクリエイターがファンに提供するサブスクリプションサービス(定額料金を支払い利用することができるサービスを指します。)をいいます。

(3)「クリエイター」
本サブスクリプションをファンに対し提供する利用者をいいます。

(4)「ファン」
本サブスクリプションを購入した利用者をいいます。

(5)「ONEFAN ID」
本サブスクリプションの会員であることを証する機能を有する符号及びイメージ画像であり、NFT(Non-Fungible Token)に紐づけられたものをいいます。

(6)「本マーケット」
ONEFAN IDの取引を行う、当社が運営するプラットフォームをいいます。

(7)「知的財産権等」
著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、著作隣接権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)、肖像権、パブリシティ権及びアイデア・ノウハウ等をいいます。

第2条(本規約の適用)

  1. 本規約は、当社と利用者との間の本サービスの提供に関わる一切の関係に適用されます。利用者は、本規約に同意しない限り、本サービスを利用することができません。
  2. 当社が、本サービスを提供するウェブサイト、アプリ(以下、あわせて「本サイト」といいます。)上で掲載する本サービスの利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第3条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サイトへの掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。
  2. 利用者は、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスを利用するものとします。

4条(ONEFAN会員登録)
本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。登録希望者は、本サービスの利用に際し、基本規約に同意のうえ、別途、「ZAIKO」アカウントの会員登録が必要です。「ZAIKO」アカウントへのログイン情報を利用して本サービスにログインすることをもって、利用者と当社との間で本規約を内容とする本サービスの利用契約が成立します。

第5条(アカウントの管理)

  1. 利用者は、自己の責任において本サービスの利用に係るアカウント(以下「本アカウント」といいます。)を管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買その他の処分をしてはなりません。当社が付与した本アカウントにより本サービスが利用されたときは、付与対象の利用者以外の第三者等による利用であった場合であっても、当該アカウントを保有するものとして登録された利用者が本サービスを利用したものとみなされます。
  2. 本アカウントの管理不十分又は第三者の使用等により利用者に損害が生じた場合、当該損害に関する責任は利用者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  3. 利用者は、本アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第6条(外部サービスの利用)

  1. 利用者は、利用者が保有する外部サービス(Twitter、LINEを含みますが、これらに限られません。)のアカウントに登録された情報を、本サービスの登録及び認証のために利用することができる場合があります。この場合、利用者は、当社に対し、当社が外部サービスから個人情報を含む登録された情報を取得することに同意するものとします。
  2. 前項に定める場合その他本サービスの利用にあたり利用者が外部サービスの機能を利用する場合、利用者は、本規約のほか、当該外部サービスの定める利用規約その他の条件に従うものとします。なお、本サービスに関して、決済代行会社であるStripe, Inc.の提供する外部サービスを利用する場合、利用者は、当該外部サービスの利用に関して、同社との関係で「incorporated entity」又は「sole proprietor」として取り扱われます。
  3. 外部サービスの利用については、当該外部サービスを提供する第三者が責任を負うものとし、当社は外部サービスについていかなる保証も行いません。

第2章 クリエイターによる本サービスの利用
本章に定める規定は、クリエイターによる本サービスの利用について適用されます。

第7条(業務委託)

  1. クリエイターは、本サービスの利用に関して、下記の各業務(以下「本件業務」といいます。)を当社に委託し、当社は、これを受託します。各業務の詳細に関しては、次条以下において、別途定めるところによるものとします。
    (1) 本サイトを通じた本サブスクリプション及びアップグレードのファンに対する販売業務、ONEFAN IDの発行業務及びアップグレード業務
    (2) 本サブスクリプションの購入者情報の管理業務
    (3) 本サイトを通じたファンに対するONEFAN IDのトレード及びアップグレードの機会の付与
    (4) その他、前各号に付随して発生する事務・作業
  2. 当社は、本件業務の全部又は一部を、第三者に再委託することができるものとし、クリエイターは、予めこれを了承します。

第8条(サブスクリプションの提供)

  1. クリエイターは、本サービスを利用して、ファンに対し、本サブスクリプションを販売することができます。
  2. 本サブスクリプションの利用に関する契約(以下「サブスクリプション契約」といいます。)は、クリエイターとファンとの間に成立し、当社は、サブスクリプション契約の当事者にはなりません。
  3. 定額料金、その他のサブスクリプション契約の条件に関しては、クリエイターが別途定めるものとします。
  4. 本サブスクリプションの購入、運営等に関して、クリエイターとファンその他の第三者(他のクリエイターを含みます。)との間に生じた一切の紛争又はトラブルは、クリエイターの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。

第9条(決済代行サービス)

  1. クリエイターは、当社に対し、本サブスクリプションの定額料金(以下「サブスクリプション代金」といいます。)を、クリエイターに代わって代理受領する権限を付与するものとします。これにより、当社は、クリエイターに代わって、ファンからサブスクリプション代金を受領します。当社がサブスクリプション代金を受領した時点で、ファンがクリエイターに対して負う当該サブスクリプション代金に関する債務は弁済により消滅します。クリエイターは、サブスクリプション代金を、その名目及び方法を問わず、ファンから収受してはならないものとします。
  2. 当社は、前項により代理受領したサブスクリプション代金について、本件業務の報酬の一部として当社が別途定める手数料(以下「サブスクリプション手数料」といいます。)を控除のうえ、当社が別途定める期日限り、クリエイターが指定する口座に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が銀行の休業日の場合は、その前日を支払日とします。振込手数料は当社の負担とします。

第10条(ONEFAN ID)

  1. クリエイターとファンとの間にサブスクリプション契約が成立した場合、当社は、クリエイターの委託に基づき、ファンに対し、ONEFAN IDを発行します。
  2. ファンは、本サービス上で本規約その他クリエイターの委託に基づき当社が定めるところに従ってONEFAN IDを利用する権限を有するものとし、クリエイターは、本サブスクリプションを提供する間、全世界において、本サービスにおけるファンによるONEFAN IDの利用のために必要な著作権、著作者人格権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を当社に許諾するものとします。
  3. クリエイターは、ONEFAN IDの発行にあたって、ONEFAN IDのイメージ画像の素材(以下「本素材」といいます。)を提供するものとします。
  4. クリエイターは、当社に対し、本素材に係る各権利の存続期間中、全世界において、本素材に係る著作権、著作者人格権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を適法に有しており、又はこれらの権利を適法に有する者から許諾を受けていること、並びに本規約に基づく本素材の利用が第三者との間の契約に違反するものでないことを表明し、保証します。万一、本素材に関して第三者からの権利主張その他のクレームを受けた場合、クリエイターは、自己の費用及び責任において、これを解決するものとし、当社が損害を被った場合には、当社が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  5. クリエイターは、著作者、実演家、肖像を有する者その他の前項の権利処理に関する利害関係人(所属タレント、アーティスト、選手などを含みますが、これらに限られません。)が、クリエイターとの間で締結した当該権利処理に係る条項を含む契約その他の合意が解除され、期間満了により終了し又は第三者に承継されるなどの事態(所属タレント、アーティスト又は選手の移籍、脱退又は引退等を含みますが、これらに限られません。)が生じた場合、速やかに当社に報告し、自己の費用と責任において、本サービスの利用を阻害することがないよう、処理(代替するONEFAN IDの素材の提供及び権利処理を含みますが、これらに限られません。)するものとします。

第11条(トレード)

  1. クリエイターは、ファンに対し、同一の本サブスクリプションの他のファンとの間で、本マーケット上において、ONEFAN IDのトレードを行う機会を付与するものとします。ファンは、自らの裁量に基づき、本マーケット上で、ONEFAN IDのトレードを行うことができます。ただし、当社は、トレードに関して、最低取引価額を定めることができるものとします。
  2. 当社は、本サービスを通じて、ONEFAN IDに関する契約締結の場及び機会を提供するにすぎず、ONEFAN IDのトレードに関する契約の当事者にはなりません。ONEFAN IDのトレードに係る取引条件(対価の額を含みますが、これに限られません。以下同じとします。)に関するファン双方の意思が合致したときに、当該ファンの間でONEFAN IDのトレードに係る譲渡契約(ONEFAN IDに係る利用権の譲渡及び当該譲渡に係る対価の支払等を内容とする契約)が成立するものとします。
  3. 当社は、トレード代金を受領するファンから委託を受けて、ONEFAN IDのトレードに対する対価(以下「トレード代金」といいます。)を代理受領し、当該トレード代金の中から、当社が別途定める手数料(以下「トレード手数料」といいます。)を控除し、控除後の残額を当該ファンに支払います。
  4. 当社は、トレード手数料のうち、当社が別途定める期日限り、本件業務の報酬の一部として当社が別途定める料率を乗じた金額(以下「トレード手数料の当社の分配金」といいます。)を控除した後の残額を、クリエイターが指定する口座に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が銀行の休業日の場合は、その前日を支払日とします。振込手数料は当社の負担とします。

第12条(アップグレード)

  1. クリエイターは、別途当社が定める方法により、サブスクリプションサービスの利用が停止されたONEFAN IDについては、当該ONEFAN ID(以下「退会ID」といいます。)に係る会員番号よりも大きい数字の会員番号を有する当該サブスクリプションのファンに対し、退会IDを取得する機会(以下「アップグレード権」といいます。)を付与するものとします。
  2. アップグレード権の付与を受けたファンは、別途当社が定める権利行使期間内に、アップグレード権を行使することにより、退会IDを取得することができます。
  3. アップグレードにかかる契約はクリエイターと当該アップグレード権を行使したファンとの間に成立し、クリエイターは、当社に対し、アップグレード権の行使に係る手数料(以下「アップグレード代金」といいます。)を、クリエイターに代わって代理受領する権限を付与するものとします。これにより、当社は、クリエイターに代わって、ファンからアップグレード代金を受領します。クリエイターは、アップグレード代金を、その名目及び方法を問わず、ファンから収受してはならないものとします。
  4. 当社は、前項により代理受領したアップグレード代金について、本件業務の報酬の一部として当社が別途定める手数料(以下「アップグレード手数料」といいます。)を控除のうえ、当社が別途定める期日限り、クリエイターが指定する口座に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が銀行の休業日の場合は、その前日を支払日とします。振込手数料は当社の負担とします。

第13条(トレード等に関する責任)

  1. ONEFAN IDのトレード、退会IDのアップグレード等に関して、クリエイターとファンその他クリエイターと第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブル(クリエイター同士の紛争又はトラブルを含みます。)は、クリエイターの費用及び責任において解決するものとし、当社は、一切責任を負わないものとします。
  2. 前項に掲げる紛争又はトラブルに起因し、当社が当該紛争又はトラブルを解決するために必要となる費用(解決金や、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、クリエイターは、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に係る費用はクリエイターが負担するものとします。

第14条(クレジットカード等の不正利用)

  1. クレジットカードを利用した決済について、チャージバック(当該決済について、クレジットカードの不正使用その他の事由により、クレジットカード会社によって当該決済にかかる承認が取り消された場合をいいます。)が発生した場合、当社は、当該決済についてクレジットカード会社から入金された金額を、クリエイターに何らの通知をせずとも、当社の判断においてクレジットカード会社に対し返金することができるものとします。
  2. 前項のチャージバックが、サブスクリプション代金、トレード手数料のクリエイターへの分配、アップグレード代金その他のクリエイターへの支払前に発生した場合、当社は、クリエイターへの支払額から、チャージバックに係る返金額に対応する金額を控除します。チャージバックが、クリエイターへの支払後に発生した場合、クリエイターは、当社に対し、チャージバックに係る返金額に対応する金額を、当社が指定する期日までに支払うものとします。

第3章 ファンによる本サービスの利用
本章に定める規定は、ファンによる本サービスの利用について適用されます。

第15条(サブスクリプションの利用)

  1. 利用者は、本サービスを利用して、クリエイターが提供する本サブスクリプションを利用することができます。
  2. 本サブスクリプションの利用に当たっては、利用者は、別途定める方法により、本サブスクリプションを購入する必要があります。ファンは 、本サービスを通じて本サブスクリプションを利用することのできる利用権及びONEFAN IDを保有する権利の対価として本サブスクリプションの定額料金(以下「サブスクリプション代金」といいます。)を支払うものとします。
  3. 本サブスクリプションの利用に関する契約(以下「サブスクリプション契約」といいます。)は、クリエイターとファンとの間に成立し、当社は、サブスクリプション契約の当事者にはなりません。サブスクリプション契約は、期限の定めのない契約であり、定額料金、その他のサブスクリプション契約の条件に関しては、クリエイターが別途定めるものとします。
  4. 利用者は、当社が定めるキャンセル手続を行うことにより、サブスクリプション契約を解約することができます。利用者が当該キャンセル手続を行った場合、クリエイターが別途定める日において、サブスクリプション契約が終了するものとします。既に支払済みのサブスクリプション代金については、返金されませんが、残りの期間中は継続して本サービスを利用することができます。
  5. サブスクリプション契約が成立した場合、当社は、サブスクリプション代金について、クリエイターに代わって代理受領する権限をクリエイターから付与されており、クリエイターを代理してファンからサブスクリプション代金を受領します。ファンは、サブスクリプション代金について、当社に対し、当社が指定する方法により支払うものとし、その名目及び方法を問わず、クリエイターに直接支払ってはならないものとします。
  6. 本サブスクリプションは、第17条に定めるONEFAN IDのトレードや第18条に定めるONEFAN IDのアップグレード後を含め、いつでも、クリエイターが自己の裁量で内容を変更し又は提供を終了することができます。クリエイターが本サブスクリプションの内容を変更し又は提供を終了した場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。
  7. 本サブスクリプションの購入、運営等に関して、ファンとクリエイターその他の第三者(他のファンを含みます。)との間に生じた一切の紛争又はトラブルは、ファンの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。

第16条(ONEFAN ID)

  1. クリエイターとファンとの間にサブスクリプション契約が成立した場合、当社は、クリエイターの委託に基づき、ファンに対し、ONEFAN IDを発行します。
  2. ファンは、本サービス上で本規約その他クリエイターの委託に基づき当社が定めるところに従ってONEFAN IDを利用する権限を有します。
  3. 前項の定めにかかわらず、クリエイターが本サブスクリプションを終了した場合、ファンがサブスクリプション契約を解約したことによりサブスクリプション契約が終了した場合、又はファンが「ZAIKO」アカウントを退会した場合、ファンは、前項に定めるONEFAN IDの利用権限を喪失します。その場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。

第17条(トレード)

  1. ファンは、本サービスを利用して、同一の本サブスクリプションの他のファンとの間で、ONEFAN IDのトレードを行うことができます。ONEFAN IDのトレードは、本マーケット上でのみ行うことができます。
  2. 当社は、本サービスを通じて、ONEFAN IDに関する契約締結の場及び機会を提供するにすぎず、ONEFAN IDのトレードに関する契約の当事者にはなりません。ONEFAN IDのトレードに係る取引条件(対価の額を含みますが、これに限られません。以下同じとします。)に関するファン双方の意思が合致したときに、当該ファンの間でONEFAN IDのトレードに係る譲渡契約(ONEFAN IDに係る利用権の譲渡及び当該譲渡に係る対価の支払等を内容とする契約)が成立するものとします。
  3. ファンは、ONEFAN IDのトレードに係る譲渡契約の成立後は、当該契約をキャンセル(意思表示の撤回、取消し又は解除を含みます。以下同じとします。)することはできないものとし、法律に定めがある場合を除き、いかなる理由があっても成立した当該契約の無効又は取消しを主張しないものとします。
  4. ONEFAN IDのトレードを希望する場合、トレード代金を受領するファンは、当社に対し、ONEFAN IDのトレードに対する対価(以下「トレード代金」といいます。)について、当該ファンに代わって代理受領する権限を付与するものとします。ファンは、その名目及び方法を問わず、トレード相手方からトレード代金を収受してはならないものとします。当社に対するトレード代金の振込手数料はトレード代金を支払うファンの負担とします。
  5. 当社は、前項により代理収受したトレード代金について、当社が別途定める手数料(以下「トレード手数料」といいます。)を控除のうえ、当社が別途定める期日限り、トレード代金を受領するファンが指定する口座に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が、銀行の休業日の場合は、その前日を支払日とします。
  6. 前項の支払に係る振込手数料は、当社が負担するものとします。
  7. ONEFAN IDのトレードに関して対価を支払うファンは、トレード相手方にトレード代金を直接支払ってはならず、トレード相手方からトレード代金の収受権限を付与された当社に対して、当社が別途指定する期日までに、トレード代金を支払うものとします。
  8. ONEFAN IDのトレードに関して、ファン同士の間に生じた一切のトラブルについて、当社は一切の責任を負わないものとします。

第18条(アップグレード)

  1. サブスクリプションサービスの利用が停止されたONEFAN IDについては、クリエイターが、当該ONEFAN ID(以下「退会ID」といいます。)に係る会員番号よりも大きい数字の会員番号を有する当該サブスクリプションのファンに対し、退会IDを取得する機会(以下「アップグレード権」といいます。)を付与することがあります。
  2. アップグレード権の付与を受けたファンは、別途当社が定める権利行使期間内に、アップグレード権を行使することにより、退会IDを取得することができます。アップグレード権を行使したファンが保有していたONEFAN IDは、アップグレード権の行使と同時に、退会IDとして扱われ、アップグレードの対象となります。
  3. アップグレード権を行使したファンは、当社に対し、アップグレード権の行使に係る手数料(以下「アップグレード代金」といいます。)を支払うものとします。振込手数料はファンの負担とします。
  4. アップグレード代金その他のアップグレード権の行使に係る条件は、本規約に定めるところによるほか、別途当社及びクリエイターが定めるところによるものとします。
  5. アップグレードにかかる契約はクリエイターと当該アップグレード権を行使したファンとの間に成立し、当社は、アップグレード代金について、クリエイターに代わって代理受領する権限をクリエイターから付与されており、クリエイターを代理してファンからアップグレード代金を受領します。アップグレード権を行使したファンは、アップグレード代金について、当社に対し、当社が指定する方法により支払うものとし、その名目及び方法を問わず、クリエイターに直接支払ってはならないものとします。

第19条(トレード等に関する責任)

  1. ONEFAN IDのトレード、退会IDのアップグレード等に関して、クリエイターとファンその他利用者と第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブル(利用者同士の紛争又はトラブルを含みます。)は、利用者の費用及び責任において解決するものとし、当社は、一切責任を負わないものとします。
  2. 前項に掲げる紛争又はトラブルに起因し、当社が当該紛争又はトラブルを解決するために必要となる費用(解決金や、弁護士費用等が含まれますが、これらに限られません。)を支出した場合、利用者は、当該支出に関する費用のうち当社が指定した金額を支払うものとします。なお、支払に係る費用は利用者が負担するものとします。

第20条(クレジットカード等の不正利用)

  1. クレジットカードを利用した決済について、チャージバック(当該決済について、クレジットカードの不正使用その他の事由により、クレジットカード会社によって当該決済にかかる承認が取り消された場合をいいます。)が発生した場合、当社は、当該決済についてクレジットカード会社から入金された金額を、トレード代金を受領するファンに何らの通知をせずとも、当社の判断においてクレジットカード会社に対し返金することができるものとします。
  2. 前項のチャージバックが、トレード代金を受領するファンへの支払前に発生した場合、当社は、当該ファンへの支払額から、チャージバックに係る返金額に対応する金額を控除します。チャージバックが、当該ファンへの支払後に発生した場合、当該ファンは、当社に対し、チャージバックに係る返金額に対応する金額を、当社が指定する期日までに支払うものとします。

 第4章 その他の一般条項
本章に定める規定は、クリエイター及びファンによる本サービスの利用について、共通に適用されます。

第21条(禁止事項)
利用者が、本サービスを利用せずにONEFAN IDに関する契約を締結すること(本サービスを利用せずに他のファンと直接交渉を行うことや、外部のオークションサイトにONEFAN IDを出品することを含みますが、これらに限られません。)は一切禁止いたします。そのほか、利用者は、基本規約において定められた禁止行為も行ってはならないものとします。

第22条(知的財産権等)

  1. 本サービスに係る知的財産権等は、全て当社又は当社に対して利用を許諾した第三者に帰属するものとし、利用者は、本規約に同意して本サービスを利用したとしても、本規約の定める利用権を取得するにすぎず、当該利用権以外の知的財産権等の譲渡又は許諾を受けるものではありません。
  2. 利用者は、本規約で明示的に許諾された権利を除き、前項に定める知的財産権等に関するいかなる権利や利益をも取得するものではありません。

第23条(保証の否認及び免責)

  1. 基本契約に定めるもののほか、当社は、本サービスの継続的な利用の可能性について、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
  2. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスが利用するシステム(ブロックチェーンシステム、プラットフォーム等を含みますが、これらに限られません。)の不具合やそれに伴う事故により発生した一切の損害に関して、本規約に別段の定めのある場合を除き、何ら責任を負いません。
  3. 基本規約の定めにかかわらず、当社がクリエイターに対して負う損害賠償責任の額は、当社が損害発生時の直前1年間に実際に収受した手数料の総額(サブスクリプション手数料、トレード手数料の当社の分配金及びアップグレード手数料の合計金額をいいます。)を上限とするものとします。
  4. 基本規約の定めにかかわらず、当社がファンに対して負う損害賠償責任の額は、当該損害賠償を請求するファンが本サービスに関して、損害発生時の直前1年間に支払ったサブスクリプション代金、トレード手数料及びアップグレード代金の合計金額から、当社がクリエイターに支払った金額を控除した残額を上限とするものとします。
  5. 当社と利用者との関係について消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によって利用者に生じた損害についてのみ前二項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によって利用者に損害が生じた場合には、前二項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第24条(存続規定)
本規約に関する当社と利用者との間に成立する契約の終了(終了事由の如何を問いません。)後も、第5条第2項、第6条第3項、第8条第4項、第10条第4項、第13条、第15条第6項及び第7項、第16条第3項、第17条第3項及び第8項、第19条、第21条、第22条、第23条、本条並びに契約の終了後も適用されると合理的に解釈される条項は、有効に存続するものとします。

【2021年12月14日制定】
【2022年6月30日改定】


13. ライブコマース利用規約(カスタマー向け)
この規約(以下「本規約」といいます。)は、オーガナイザーが提供するライブコマースでカスタマーが商品を購入するにあたって、当社がカスタマーに提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。なお、本規約に別段の定めのない限り、本規約における用語は、カスタマーの皆様に別途同意いただく「アカウント利用規約」及び「チケット・ライブ配信サービス利用規約(カスタマー向け)」(以下、合わせて「基本規約」といいます。)におけるのと同一の意味を有するものとします。

第1条(本規約の適用)

  1. 本規約は、当社とカスタマーとの間の本サービスの提供に関わる一切の関係(今後、本サービスを利用してカスタマーが行う一切の個別の取引・購入を含みます。)に適用されます。カスタマーは、本規約に同意しない限り本サービスを利用することができません。
  2. 当社が本サイト上で掲載する本サービスの利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
  4. カスタマーは、本サービスを利用するためには、本規約の他に、基本規約に同意していただく必要があり、「ZAIKO」サービスの利用に関する条件その他の事項については、基本規約に定めるところによるものとします。

第2条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サイトへの掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。
  2. カスタマーは、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスを利用するものとします。

第3条(商品の購入)

  1. カスタマーは、「ZAIKO」サービス上で提供するストリーミング映像の視聴中に、本サービスを利用して、オーガナイザーが販売する商品(有体物のほか、無体物、役務及び役務提供を受けることができる権利を含みます。以下「本商品」といいます。なお、以下単に「商品」と記載されているものについても、同様に有体物に限られないものとします。)を購入することができます。当該ストリーミング映像のストリーミングチケットの購入者以外のカスタマーは、本商品を購入することができません。
  2. 本商品の販売に関する売買契約等(役務の提供に係る契約を含みます。以下「売買契約等」といいます。)は、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立し、当社は、本商品の売買契約等の当事者にはなりません。
  3. 本商品の販売(本商品の配送・送信・提供等を含みます。以下、本規約における「販売」について同じとします。)に関して、カスタマーとオーガナイザー、他のカスタマー及び運送業者その他の第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブルは、カスタマーの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  4. カスタマーは、本商品の販売に関する問合せは、本商品を販売したオーガナイザーに対して行うものとし、当社に対して本商品の販売に関する問合せを行わないものとします。

第4条(決済代行)

  1. 本商品を購入するカスタマーは、オーガナイザーから本商品の代金の収受権限を付与された当社に対して、別途指定する期日までに本商品の代金を支払うものとします。カスタマーは、本商品の代金をオーガナイザーに直接支払ってはならないものとします。
  2. 本商品を購入するカスタマーは、本商品の売買契約等の成立後は、当該売買契約等をキャンセルすることはできないものとし、法律に定めがある場合を除き、いかなる理由があっても成立した取引の無効又は取消しを主張しないものとします。
  3. 本商品の代金の支払に係る各種手数料は、本商品を購入するカスタマーが負担するものとします。

第5条(遵守事項)

  1. カスタマーは、第三者に転売する目的で、本サービスを利用して本商品を購入してはならないものとします。
  2. カスタマーは、本商品の利用にあたっては、著作権法その他の法令の定めを遵守するものとします。

第6条(売買契約等の解除権)

  1. 当社は、以下に定める事由に該当すると判断した場合、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立した本商品の売買契約等の全部又は一部を解除することができるものとし、カスタマーは、当社に対し、当該解除権を付与するものとし、予め当社による当該解除権の行使について同意するものとします。

(1) 本規約又は「ライブコマース利用規約(オーガナイザー向け)」の定めに違反して本商品の売買が行われたとき
(2) カスタマーが、支払期限までに本商品の代金を支払わなかったとき
(3) オーガナイザーが本商品の発送・送信・提供等のために合理的に要する期間を経過し、当社から本商品の発送・送信・提供等の要求があったにもかかわらず、当該要求から5日以内に本商品をカスタマーに発送・送信・提供等しないとき
(4) 本サービスのシステムの誤作動、不正アクセス等を含む、本サービスに関する技術的な問題により、誤って本商品が販売されたとき
(5) 本商品の代金の決済に関して、チャージバック(当該決済について、クレジットカードの不正使用その他の事由により、クレジットカード会社によって当該決済にかかる承認が取り消された場合をいいます。)が発生したとき及びクレジットカード等の名義人、発行会社又は決済代行会社等から不正利用等の申し出があったとき
(6) その他当社が合理的な根拠に基づき、不正取引があったと認めた場合

  1. 当社は、前項に基づき本商品の売買契約等を解除した場合、カスタマーに対し、当該解除に関して一切責任を負わないものとします。

第7条(保証の否認及び免責)

  1. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスが利用するシステムの不具合やそれに伴う事故により発生した一切の損害に関して、本規約に別段の定めのある場合を除き、何ら責任を負いません。
  2. 基本規約の定めにかかわらず、当社がカスタマーに対して負う損害賠償責任の額は、損害が最初に発生した時点の直前の本商品の購入においてカスタマーが購入した当該本商品の金額を上限とするものとします。
  3. 当社とカスタマーとの関係について消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によって生じたカスタマーの損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の定めが適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってカスタマーに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第8条(存続規定)
本規約に関する当社とカスタマーとの間に成立する契約の終了(終了事由の如何を問いません。)後も、第3条第3項、第4条第2項、第5条第2項、第6条第2項、第7条、及び本条並びに本規約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由問わず本規約終了後も引き続き効力を有するものとします。

【2022年4月15日制定】
【2022年6月30日制定】


14. ライブコマース利用規約(オーガナイザー向け)
この規約(以下「本規約」といいます。)は、オーガナイザーがライブコマースを行うにあたって、当社がオーガナイザーに提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。なお、本規約に別段の定めのない限り、本規約における用語は、オーガナイザーの皆様に別途同意いただく「アカウント利用規約」及び「チケット・ライブ配信サービス利用規約(オーガナイザー向け)」(以下、合わせて「基本規約」といいます。)におけるのと同一の意味を有するものとします。

第1条(本規約の適用)

  1. 本規約は、当社とオーガナイザーとの間の本サービスの提供に関わる一切の関係(今後、本サービスを利用してオーガナイザーが行う一切の個別の取引・販売を含みます。)に適用されます。オーガナイザーは、本規約に同意しない限り本サービスを利用することができません。
  2. 当社が本サイト上で掲載する本サービスの利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
  4. オーガナイザーは、本サービスを利用するためには、本規約の他に、基本規約に同意していただく必要があり、「ZAIKO」サービスの利用に関する条件その他の事項については、基本規約に定めるところによるものとします。

第2条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サイトへの掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。
  2. オーガナイザーは、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスを利用するものとします。

第3条(商品の販売)

  1. オーガナイザーは、本サービスを利用して、オーガナイザーが「ZAIKO」サービス上で提供するストリーミング映像を視聴しているカスタマー(日本国内に住所を有する者に限ります。)に対し、その視聴可能期間中、商品(有体物のほか、無体物、役務及び役務提供を受ける権利を含みます。以下「本商品」といいます。なお、以下単に「商品」と記載されているものについても、同様に有体物に限られないものとします。)を販売することができます。
  2. 本商品の販売に関する売買契約等(役務の提供に係る契約を含みます。以下「売買契約等」といいます。)は、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立し、当社は、本商品の売買契約等の当事者にはなりません。
  3. オーガナイザーは、当社に対し、本商品の販売等取引代行業務を委託し、当社はこれを受託するものとします。
  4. 本商品の販売(本商品の配送・送信・提供等を含みます。以下、本規約における「販売」について同じとします。)に関して、オーガナイザーとカスタマー及び運送業者その他の第三者との間に生じた一切の紛争又はトラブルは、オーガナイザーの費用と責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。

第4条(決済代行)

  1. オーガナイザーは、当社に対し、本商品の代金について、オーガナイザーに代わって代理受領する権利を付与するものとします。これにより、当社は、オーガナイザーに代わって、カスタマーから本商品の代金を受領します。オーガナイザーは、本商品の代金を、その名目及び方法を問わず、カスタマーから収受してはならないものとします。
  2. 当社は、前項により代理受領した本商品の代金について、当社が別途定める手数料を控除のうえ、本商品の種別に応じた以下の各期日までに、オーガナイザーが指定する口座に振り込む方法により支払います。ただし、支払日が銀行休業日の場合は、その前日を支払日とします。

(1) 本商品が有体物の場合:本商品がカスタマー宛てに発送され、オーガナイザーが本商品の受領確認情報(第6条に定義されます。)を自らの本サービスのオーガナイザー用管理画面に登録したことを当社において確認した後、当社が別途定める期日
(2) 本商品が有体物以外の場合(無体物、役務、役務提供を受ける権利を含みます。):当社が別途定める期日

  1. 当社は、第7条第1項に基づき本商品の売買契約等を解除した場合には、カスタマーに対する本商品の代金の返金を行います。この場合には、その理由を問わず、返金された額及び当社が別途定める返金事務手数料(以下「返金事務手数料」といいます。)の金額が前項に基づきオーガナイザーに支払う金額(以下「支払額」といいます。)から控除されるものとします。当該返金手続がオーガナイザーへの支払前に発生した場合、当社は、支払額から返金手続に係る本商品の代金及び返金事務手数料を控除します。当該返金手続が、オーガナイザーへの支払後に発生した場合、オーガナイザーは、当社に対し、返金手続に係る本商品の代金及び返金事務手数料を、当社が指定する期日までに支払うものとします。
  2. 支払に関して、チャージバック(当該決済について、クレジットカードの不正使用その他の事由により、クレジットカード会社によって当該決済にかかる承認が取り消された場合をいいます。以下同じとします。)が発生した場合、当社は、当該決済についてクレジットカード会社から入金された金額を、オーガナイザーに何らの通知をせずとも、自らの判断においてクレジットカード会社に対し返金することができるものとします。オーガナイザーは、チャージバック手数料を負担するものとします。チャージバック手数料が発生した場合には、当社は、チャージバック手数料を、前項に定める返金手続に係る本商品の代金及び返金事務手数料と同様に、支払額から控除し又はオーガナイザーに請求します。

第5条(遵守事項)

  1. オーガナイザーは、その費用と責任で、本商品の販売に関して必要な一切の権利処理(知的財産権の処理を含みますが、これに限られません。)を行うものとします。また、本商品又は本商品を製造するための材料の全部又は一部を外国から輸入する場合、オーガナイザーは必要な通関手続その他の手続等(必要な輸入許可の取得、関税及び消費税等の納付を含みますが、これらに限られません。)を自らの責任及び費用負担において適切に処理し、かかる輸出入に関する法律その他法令を遵守するものとします。
  2. オーガナイザーは、本サービスを利用して本商品を販売するにあたり、製造物責任法、消費者契約法、特定商取引に関する法律、割賦販売法、不当景品類及び不当表示防止法、薬事法、家庭用品品質表示法その他の法令(関連法令、通達及び各種ガイドライン等を含みます。)を遵守するものとします。
  3. オーガナイザーは、本サービスを利用して本商品を販売するにあたり、本商品の販売価格(送料等を含みます。)、代金の支払時期及び方法、本商品の引渡・提供時期、本商品の売買契約等の申込みの撤回及び解除に関する事項、オーガナイザーの氏名(名称)、住所及び電話番号、その他特定商取引に関する法律その他の法令により表示義務を負う情報を、適切な方法でカスタマーに対し表示するものとします。
  4. オーガナイザーは、本商品が契約の内容に適合しないものであるとき及びその他の事由により本商品の販売に関する法的義務(修補、返品又は損害賠償の請求に応じる義務を含みますが、これらに限られません。)を負うときは、速やかにその費用と責任で当該義務を履行するものとします。
  5. オーガナイザーは、本サービスを利用して本商品を販売するにあたり、各法令で販売が禁止された商品を販売すること(許認可を受けて販売することができる商品について必要な許認可を受けていない場合を含みます。)及び別紙「販売禁止リスト」に定める販売禁止商品に該当する商品(必要な許認可の取得の有無を問いません。)を販売してはならないものとします。
  6. オーガナイザーは、本サービスの利用に関して、以下の各号に掲げる行為を行ってはならないものとします。

(1) 本サービスの利用を通じて取得したカスタマーの個人情報その他の情報を利用して、本サービスを利用することなく、商品を販売すること
(2) 当社を含む第三者の商標、ブランドイメージ、サービスマーク、ドメイン等を、それらの権利者の許諾を得ることなく使用して本商品を販売すること
(3) 本商品の販売における商品説明(サンプル写真を含みます。)と明らかに異なる商品を配送・送信・提供等すること
(4) 本商品の配送・送信・提供等を行わないなど本商品の売買契約等においてオーガナイザーが負う義務の全部又は一部を履行しないこと
(5) 当社及びカスタマーからの本商品の販売に関する問合せに回答せず、又は不当に回答を遅延すること
(6) 詐欺その他法令に違反する行為を行うこと

第6条(商品の配送・送信・提供等)

  1. 本商品が有体物の場合、オーガナイザーは、その費用と責任で、本商品の売買契約等の成立後、遅滞なく、本商品をカスタマーの指定した住所に発送するものとし、配送業者とのやり取りやオーガナイザー又はカスタマーと当該配送業者との間に生じた一切の紛争又はトラブル、配送に関してオーガナイザーとカスタマーとの間に生じた一切の紛争又はトラブル等について、当社は一切関与せず、責任を負わないものとします(ただし、第4条第3項に定める返金手続を除きます。)。
  2. 本商品が有体物の場合、オーガナイザーは、当社が別途定める方法により、本商品の配送手続完了後、速やかに運送を委託した業者が発行した追跡番号又はこれに相当するもの(以下「受領確認情報」といいます。)を自らの本サービスのオーガナイザー用管理画面に登録するものとします。オーガナイザーは、本商品の配送に関して、受領確認情報が発行・提供されず、商品の配送・受領状況の追跡を行うことができないサービスを利用してはならないものとします。
  3. 本商品が有体物以外の場合(無体物、役務及び役務提供を受ける権利を含みます。)オーガナイザーは、その費用と責任で、本商品の売買契約等の成立後、遅滞なく、本商品をカスタマーに送信・提供等するものとし、送信・提供等に関してオーガナイザーとカスタマーその他の第三者との間に生じた紛争又はトラブル等について、当社は一切関与せず、責任を負わないものとします(ただし、第4条第3項に定める返金手続を除きます。)。

第7条(売買契約等の解除権)

  1. 当社は、以下に定める事由に該当すると判断した場合、オーガナイザーとカスタマーとの間に成立した本商品の売買契約等の全部又は一部を解除することができるものとし、オーガナイザーは、当社に対し、当該解除権を付与するものとし、予め当社による当該解除権の行使について同意するものとします。

(1) 本規約又は「ライブコマース利用規約(カスタマー向け)」の定めに違反して本商品の売買が行われたとき
(2) カスタマーが、支払期限までに本商品の代金を支払わなかったとき
(3) オーガナイザーが本商品の発送・送信・提供等のために合理的に要する期間を経過し、当社から本商品の発送・送信・提供等の要求があったにもかかわらず、当該要求から5日以内に本商品をカスタマーに発送・送信・提供等しないとき
(4) 本サービスのシステムの誤作動、不正アクセス等を含む、本サービスに関する技術的な問題により、誤って本商品が販売されたとき
(5) 本商品の代金の決済に関して、チャージバック(当該決済について、クレジットカードの不正使用その他の事由により、クレジットカード会社によって当該決済にかかる承認が取り消された場合をいいます。)が発生したとき及びクレジットカード等の名義人、発行会社又は決済代行会社等から不正利用等の申し出があったとき
(6) その他当社が合理的な根拠に基づき、不正取引があったと認めた場合

  1. 当社は、前項に基づき本商品の売買契約等を解除した場合、オーガナイザーに対し、当該解除に関して一切責任を負わないものとします。

第8条(個人情報の取扱い)

  1. オーガナイザーは、本サービスの利用にあたって個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定めるものをいいます。以下、同じとします。)を取り扱う場合には、個人情報の保護に関する法律、その他関連法令及び各種ガイドライン等を遵守するものとします。
  2. オーガナイザーは、個人情報への不当なアクセス又は個人情報の紛失、盗難、改ざん、漏洩等の危険を防止するため、必要な安全対策(技術的手段を含みますが、これに限られません。)を講じるものとします。
  3. オーガナイザーは、本サービスの利用にあたって、当社から個人情報の開示を受けた場合には、本商品の発送・送信・提供等、本商品の返品等に関する問合せ等への対応、その他当該開示の目的のためにのみ個人情報を取り扱うものとし、それ以外の目的にこれを取り扱ってはならないものとします。
  4. オーガナイザーは、前項に基づき当社から提供を受けた個人情報について、当該開示目的を達成した場合又は当社が求める場合には、これを直ちに返却し、廃棄し又は復元不可能な形で消去するものとします。

第9条(保証の否認及び免責)

  1. 基本規約に定めるもののほか、当社は、本サービスが利用するシステムの不具合やそれに伴う事故により発生した一切の損害に関して、本規約に別段の定めのある場合を除き、何ら責任を負いません。
  2. 基本規約の定めにかかわらず、当社がオーガナイザーに対して負う損害賠償責任の額は、損害発生時の直前1年間に本サービスの対価として当社がオーガナイザーから受領した金額の総額を上限とするものとします。
  3. 当社とオーガナイザーとの関係について消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によって生じたオーガナイザーの損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の定めが適用されるものとし、当社の故意又は重過失によってオーガナイザーに損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第10条(契約終了後の措置、存続規定)
本サービスの利用に関する当社とオーガナイザーの間に成立する契約の終了後も、第3条第4項、第4条第3項及び第4項、第5条第4項、第6条第1項及び第3項、第7条第2項、第8条、第9条、本条並びに本規約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由問わず本規約終了後も引き続き効力を有するものとします。

【2022年4月15日制定】
【2022年6月30日制定】


【別紙】販売禁止リスト
本リストは、当社が提供するサービス「ライブコマース」(以下「本サービス」といいます。)における販売禁止商品のリストです。オーガナイザーは、本サービスを利用して本リストに掲載された商品(グッズ等の有体物のみならず、データ・ソフトウェア等の無体物、役務、役務提供を受ける権利を含みます。)を販売してはならないものとします。

1.法令等の定めにより販売又は所持が禁止されるもの(例:麻薬、覚せい剤、違法ドラッグ、人体、臓器、細胞、血液、児童ポルノなど)

2.当該商品の販売に関して許認可の取得が必要なもの(例:医薬品、医療機器、酒類、海外製化粧品、古物(中古品)、自家製の食品等食品衛生法の営業許可が必要な食品、自家製の化粧品、ペット、たばこなど)
※ 必要な許認可を取得している場合であっても、本サービスにおいては販売を行うことはできないものとします。

3.当該商品の所持について許認可又は登録が必要なもの(例:銃砲、刀剣類など)

4.当該商品の譲渡等に関して、登記又は登録が必要なもの(例:不動産、自動車、船舶など)

5.アダルトグッズ、成人向け商品及び青少年の保護・育成の観点から不適切と判断される商品並びに公序良俗に反する商品(例:体液、使用済みの衣服、犯罪等を教唆・扇動する内容のものなど)

6.賭博、富くじに関連する商品等

7.窃盗などの犯罪行為により入手した商品又はそのおそれがある商品

8.盗聴器、超小型カメラ、赤外線カメラ、ピッキングツール、目出し帽、公務員等が着用する制服に似せた衣服等その他の犯罪に使用されるおそれがあるもの

9.現金

10.商品券、プリペイドカード、印紙、切手、回数券、その他の金券類

11.偽ブランド品、海賊版、模造品等の他人の知的財産権を侵害する商品

12.使用者・所持者の生命・身体・財産に危険が生じるおそれがあるもの(例:PSCマークのない特別特定製品及び特定製品等の安全性に問題のある商品、コンピュータウイルス等を含むプログラム等(それらを記録した記録媒体を含みます。)など)

13.火気を生じるおそれのあるもの(例:ライター、ガスボンベなど)

14.その他当社が不適切と判断した商品


15. Zaiko Connect利用規約
本規約は、ZAIKO株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサブスクリプションサービス「Zaiko Connect」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する当社と本サービスの加入者(以下「加入者」といいます。)の関係について定めるものです。本サービスの利用にあたっては、本規約の内容を十分にお読みいただき、本規約に同意いただく必要があります。また、本サービスの利用については、本規約に定める他、当社が定める「アカウント利用規約」(以下「基本規約」といいます。)が適用されるものとします。

第1条(サービス内容及び利用規約の承諾)

  1. 本サービスには、以下のものが含まれます。ただし、本サービスの内容は、適宜追加、削減、変更等される場合があります。

(1)「Zaiko TV」:音楽、舞台、イベント、お笑い、e スポーツなどの映像作品等を含む各種コンテンツ(以下、総称して「本コンテンツ」といいます。)の配信サービス
(2)「+アーカイブ」:当社が提供する「ZAIKO」チケット・ライブ配信サービス(以下「『ZAIKO』サービス」といいます。)において配信されたストリーミング映像の視聴可能期間を延長するサービス又は当該延長された期間中ストリーミングを視聴することができる権利(アーカイブ視聴対象。なお、アーカイブ配信期間はコンテンツごとに異なります。)
(3)「+HDオーディオ」:「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の高音質版の配信サービス又は当該高音質版映像を視聴することができる権利(なお、高音質版の配信の有無はコンテンツごとに異なります。)
(4)「Zaikoポイント」:当社が、当社の定める条件に従って加入者に対して付与するポイントサービス
(5)その他当社が提供するサービス

  1. 本サービスは、有料のサブスクリプションサービスです。本サービスを利用するためには、本規約に従って、有料サブスクリプションを購入いただくことが必要です。
  2. 本サービスを利用するためには、本規約の他に、基本規約に同意のうえ、「ZAIKO」アカウントの会員登録をしていただく必要があります。
  3. 本サービスの利用に係る契約(以下「利用契約」といいます。)の有効期間は6か月です。加入者が契約期間満了までに当社が定めるキャンセル手続を行わない限り、自動的に利用契約が6か月更新され、第10条第3項に基づき利用料が請求されるものとし、以後も同様とします。
  4. 有料サブスクリプションの購⼊の申し込みが完了した場合、当社の責めに帰すべき事由による場合を除き、事由の如何を問わず購⼊の申し込みを撤回又は利用契約の解除をすることはできません。

第2条(本規約の変更)

  1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、当社のウェブサイト(https://zaiko.io/connect)(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。以下「本サイト」といいます。)への掲載又はその他の方法において周知するものとし、当社が定めた効力発生時期より効力を生じるものとします。
  2. 加入者は、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスを利用するものとします。

第3条(Zaiko TV)

  1. 加入者は、本規約の定めに従って利用料を支払い、かつ本規約を遵守することを条件として、以下のいずれかの視聴環境(以下「本視聴環境」といいます。)において本コンテンツを視聴することができます。加入者の視聴権限は、限定的、非独占的かつ譲渡不可能なものとし、個人的かつ非営利・非商業的目的での利用に限られるものとします。なお、本コンテンツの権利者等による制約及び第三者によるその他の制限又は留意事項等に基づき、加入者は、本視聴環境のいずれかでアクセス可能な特定の本コンテンツが他の本視聴環境ではアクセスできない場合があります。
    (1) 本サイト
    (2) 当社が許可したアプリケーション又はデバイス等
  1. 本コンテンツの画質・音質等は、本視聴環境やインターネット接続速度等の通信環境その他の要因によって影響を受ける場合があります。また、本コンテンツの権利者等の提供素材等によって、提供可能な本コンテンツの画質・音質等が異なる場合があります。したがって、当社は、本コンテンツの画質・音質等について、何ら保証するものでなく、一切責任を負いません。

第4条(+HDオーディオ及び+アーカイブ)

  1. +HDオーディオ:加入者は、「ZAIKO」サービスにおいて、配信チケットを購入した場合、当該配信チケットの購入代金等及び本サービスの利用料の他に追加料金を支払うことなく、「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の高音質版を視聴することができます。なお、+HDオーディオを利用することができるのは、加入者が「ZAIKO」サービスにおいて配信チケットを購入した場合(チケット代金等のお支払が別途必要です。)かつ当該ストリーミング映像が+HDオーディオ対応の配信である場合に限られ、自身が配信チケットを購入していない又は+HDオーディオがオーガナイザーにより設定されていないストリーミング映像については、+HDオーディオは適用されません。
  2. +アーカイブ:加入者は、「ZAIKO」サービスにおいて、配信チケットを購入した場合、当該配信チケットの購入代金等及び本サービスの利用料の他に追加料金を支払うことなく又は割引価格で、「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の通常のアーカイブ期間に加えて、延長された期間、ストリーミング映像を視聴することができます。なお、+アーカイブを利用することができるのは、加入者が「ZAIKO」サービスにおいて配信チケットを購入した場合(チケット代金等のお支払が別途必要です。)かつストリーミング映像が+アーカイブ対応の配信である場合に限られ、自身が配信チケットを購入していない又は+アーカイブがオーガナイザーにより設定されていないストリーミング映像については、+アーカイブは適用されません。
  3. 「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の画質・音質等は、本視聴環境やインターネット接続速度等の通信環境その他の要因によって影響を受ける場合があります。また、本コンテンツの権利者等の提供素材等によって、提供可能な本コンテンツの画質・音質等が異なる場合があります。したがって、当社は、「ZAIKO」サービスにおいて配信されるストリーミング映像の画質・音質等について、何ら保証するものでなく、一切責任を負いません。

第5条(Zaikoポイント)

  1. 加入者は、当社が指定するサービスの利用額、利用状況等に応じて、Zaikoポイントの付与を受けることができます。
  2. Zaikoポイントの有効期間は、Zaikoポイントの取得日から起算して6か月とします。有効期間を経過した場合、Zaikoポイントは失効し、利用できなくなります。当社は、ポイントの失効により加入者に損害が生じたとしても、何ら責任を負いません。
  3. Zaikoポイントの付与の対象となるサービス(以下「ポイント付与対象サービス」といいます。)の詳細、Zaikoポイントの付与率その他の条件については、当社が決定し、当社の運営するウェブサイトへの掲載又はその他の方法において告知します。加入者は、自身の本サービスのアカウントページにて現在保有しているZaikoポイントの残高を確認することができます。
  4. 加入者が利用したポイント付与対象サービスに係る取引が何らかの理由によりキャンセルされた場合、当該取引に関して付与されたZaikoポイントは消滅します。
  5. 加入者は、保有するZaikoポイントを、当社所定の条件及び方法に従い、1ポイント=1円として、「ZAIKO」サービスにおいて販売されるチケットやその他当社が指定するサービスの購入、利用に利用することができます。
  6. 加入者は、Zaikoポイントを、第三者に譲渡し、承継し、質入れ等の担保権の設定その他の処分をすることはできません。
  7. 加入者は、Zaikoポイントの換金をすることはできません。また、加入者が第5項の規定に従って利用したZaikoポイントの返還(及び利用したZaikoポイント相当額の返金等)は、当社が任意に必要であると判断する場合を除き一切行いません。ただし、イベントのキャンセル等、加入者の責めによらない事由により返金が発生した場合を除きます。
  8. 加入者が本サービスの利用契約をキャンセルした又は「ZAIKO」アカウントを退会した場合、Zaikoポイントの残高は失効し、Zaikoポイントをご利用することはできなくなります。当社は、当該キャンセルに伴うポイントの失効により加入者に損害が生じたとしても、何ら責任を負いません。なお、キャンセル後に再度本サービスの利用契約を締結した場合も、加入者は、キャンセル前に保有していたZaikoポイントの残高を利用することはできません。
  9. 当社は、システムの保守、通信回線又は通信手段、コンピュータの障害などによるシステムの中止又は中断の必要があると認めたときは、加入者に事前に通知することなく、Zaikoポイントの利用を中止又は中断することができるものとします。
  10. 当社は、加入者が次のいずれかに該当するときは、加入者に事前に通知することなく、加入者が保有するZaikoポイントの全部又は一部について利用を停止し、又はZaikoポイントを失効させることができるものとします。当社は、これにより加入者に生じたいかなる不利益又は損害についても、一切の責任を負いません。
    (1) 加入者が不正な方法によりZaikoポイントを取得し、又は不正な方法で取得されたZaikoポイントであることを知って利用した場合
    (2) Zaikoポイントが偽造又は変造されたものである場合
    (3) 加入者が本規約その他当社の定める他の規約、ガイドライン等に違反した場合
    (4) その他当社がZaikoポイントの利用を不適切であると判断した場合
  1. Zaikoポイントの付与又は利用の条件等は、当社の都合により、変更又は廃止することがあります。また、かかる変更又は廃止のために、Zaikoポイントの全部又は一部の利用を停止することがあります。

第6条(知的財産権)

  1. 本サービス及び本コンテンツに関する知的財産権(「アカウント利用規約」にて定められているのと同一の意味を有します。)等は、全て当社又は当社に対して利用を許諾した第三者に帰属するものとし、加入者は、本規約に同意して本サービスを利用したとしても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、なんら本サービス及び本コンテンツに係る知的財産権等の譲渡又は許諾を受けるものではありません。
  2. 当社の商号及びロゴ、本サイト、並びにその他の当社のマーク、グラフィック、ロゴ、スクリプト及びサウンド(以下「当社知的財産権等」といいます。)は、当社が著作権、商標権その他の知的財産権等の権利を有します。加入者は、いかなる場合であっても、当社知的財産権等をコピー、ダウンロード、又はその他の方法で利用することはできません。

第7条(アプリケーション等の利用)
特定の本サービスへのご加入、又は特定の本コンテンツへのアクセスに際して、アプリケーションソフトウェア若しくはその他の素材のダウンロード又は追加の諸条件への同意が必要となることがあります。この場合、かかる追加の諸条件において別途定める場合を除き、かかる追加の諸条件は、本規約の一部を構成し、本規約に組み込まれるものとします。

第8条(停止/中止)
当社は、すべての加入者に関して、いつでも、何らの通知を要さずに、本サービス(本コンテンツ及び 本サービスへのアクセスに使用されるデバイスを含みます。)の全部又は一部を、一時的又は永続的に変更、停止又は中止することができるものとし、加入者は、当社が、当社の裁量において、かかる措置を講じることを予め了承するものとします。また、加入者は、本サービスの変更、停止又は中止につき、当社が加入者に対して何らの責任を負わないことに同意するものとします。

第9条(本視聴環境、インターネット利用料)
本視聴環境及びインターネットを利用することに関して発生する一切の費用は、加入者の負担とします。

第10条(加入及び料金請求)

  1. 本サービスへの加入については、有料サブスクリプションを購入することで、利用契約が成立します。利用契約の契約期間その他の加入状況に関する情報は、本サービスのアカウントページにおいて確認することができます。
  2. 加入者は、当社が別途指定する支払方法の中から自身が選択した支払方法(以下「本支払方法」といいます。)により、当社が別途定める利用料を支払うものとします。
  3. 利用契約の成立後の利用料の支払については、当社は、加入者の加入日から起算して6か月毎に、加入者の本支払方法に対して自動的に利用料を請求いたします。但し、加入者が、加入者の本支払方法を変更した場合には、かかる変更の結果、加入者への請求日が変更されることがあります。当社は、本サービスの利用料を随時変更することができるものとしますが、変更する場合には、当社は、これらの内容につき電子メール等にて事前に加入者に通知いたします。支払済みの利用料は、理由の如何を問わず、返金されません。

第11条(キャンセル)
加入者が利用契約を終了させるためには、契約期間満了までに当社が定めるキャンセル手続を行う必要があります。加入者が契約期間中に利用契約をキャンセルした場合は、当該期間の利用料は返金されませんが、残りの期間中は継続して本サービスを利用することができます。ただし、保有していたZaikoポイントはキャンセル手続の完了後、直ちに失効します。またZaikoアプリより本サービスに加入した場合、アプリを購入したアプリストアよりキャンセル手続を行う必要があります。

第12条(第三者商品・サービス)
本サービスへの加入が第三者の製品又はサービスの購入又は代金支払と併せて提供される場合、加入者は、かかる第三者の製品又はサービスの購入又は使用に起因又は関連して生じた一切の不利益又は損害について、当社が加入者に対して責任を負わないことに同意するものとします。

第13条 (損害賠償)

  1. 基本規約の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して当社が負う損害賠償の額は、損害の事由が⽣じた時点から遡って過去1年間に加入者から当社が現実に受領した利用料の総額を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等については責任を負わないものとします。
  2. 当社と加入者との関係において消費者契約法が適用される場合、当社の軽過失によって加入者に生じた損害についてのみ前項に定める損害の範囲及び上限の制限が適用されるものとし、当社の故意又は重過失によって加入者に損害が生じた場合には、前項の定めは適用されず、基本規約の定めによるものとします。

第14条(利用地域に関する制限)
加入者は、本サービスが本コンテンツの権利者等が当社に許諾する権利によって制限されていること、本コンテンツの提供地域に関する制限があること、当社が権利を有さない地域又は当社がサービスを提供していない地域からの本コンテンツへのアクセス及びかかるアクセスを目的とした技術の使用が禁止されていることを予め了承するものとします。

第15条(存続条項)
第3条第2項、第4条第3項、第5条第2項及び第10項、第6条、第8条、第10条第3項、第12条、第13条並びに条項の性質に鑑み契約終了後も適用されると合理的に解釈される条項については、その終了事由を問わず利用契約及び本規約終了後も引き続き効力を有するものとします。

【2022年9月14日制定】